薬学部の教育方針

薬学部

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

薬学部は、近畿大学建学の精神、すなわち「実学教育」と「人格の陶冶」に則り、『21世紀の生命科学、基礎薬学、創薬科学、医療薬学、衛生薬学などの基盤に立脚し、医療に貢献できる薬剤師を養成するとともに、これらの薬学分野での研究に貢献し、活躍できる人材の育成を行うことにより、人類の福祉と健康に奉仕すること』を理念としています。これを実現するために、本学部の理念に共感する次のような資質を有する入学者を国内外から広く受入れ、薬に関する幅広い専門知識や最先端のテクノロジーに精通したグローバルに活躍できる人材を育成します。

1.
薬学を学ぶ上で十分な基礎学力と幅広い教養を有し、将来薬剤師として、あるいは創薬研究・開発に携わる研究者、技術者として医療や創薬の分野で社会に貢献したいという強い意欲を持つ人。
2.
生命に対する尊厳の念を持ち、医療や薬の創製に携わる者としての使命感と倫理観、豊かな人間性を兼ね備えた人。
3.
科学的な思考力と問題解決能力、優れたコミュニケーション能力を備えた薬剤師として、医療の発展に貢献しようとする意欲のある人。
4.
独創性、探究心、課題解決能力を有し、豊かな創造力と忍耐心を持って最先端の薬学研究に取り組む意欲のある人。
5.
国際的視野と生命に対する高い倫理観を持ち、薬の創製を通して人類の健康と福祉に貢献しようとする意欲のある人。

薬学部の入学試験では、学力試験の他、薬学部教員による面接・高校時の学業成績などにより、上記の資質を有する多様な人材を選抜します。また、薬学部に入学するまでに、次のような教科の内容を理解していることが望まれます。

国語

日本語の読解力、表現力、論理的な思考力

外国語

目的に応じて情報や考えを正確に理解し表現できる英語の能力

数学

指数関数、統計及び微積分(数学Ⅰ・数学A 及び 数学Ⅱ・数学B)

理科(化学)

理論化学、無機化学及び有機化学の基礎的知識と計算力(化学基礎及び化学)

理科(生物)

基礎的知識、実験に基づく考察力及び計算力(生物基礎及び生物)

地歴・公民

変化する社会情勢に対応していくための基礎知識と社会的素養

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

薬学部では、薬に関する幅広く高度な専門知識と優れた臨床能力を有する薬剤師、リサーチマインドを有し、薬学研究の発展に貢献できる人材を養成するとともに、有機化学、レギュラトリーサイエンス、ゲノム科学、in silico 創薬、細胞生物学などの最先端の薬学分野の知識とテクノロジーに精通し、医薬品の創製、開発などの分野で薬学研究者・技術者としてグローバルに活躍できる人材を社会に輩出するために、特色あるカリキュラムを提供します。

<共通教養科目>

医療人に求められる高い倫理観と使命感を醸成するための人文・社会系の科目とともに、専門科目の理解に必要な基礎学力を養う自然科学系の科目を提供します。また、少人数グループ討論授業により、受動的な学修態度を脱却し、能動的な学修姿勢を醸成します。これら教養系科目を充実させることによって、専門科目の学修に対するモチベーションを高めます。

<外国語科目>

医薬品開発や製薬業界のグローバル化・国際化が進展する中で、グローバルに活躍できる人材を育成するために、ネイティブ教員を含む語学専任教員による充実した語学教育プログラムを導入しています。

<専門科目>

臨床に直結する薬物治療等に関する科目に加えて、遺伝子治療や再生医療など高度先端医療に対応できる人材の養成をめざした最先端医療系科目を導入しています。また、基礎から発展まで幅広い創薬研究に対応できる知識と技術を修得するために、有機合成化学や分析化学関連の講義を充実させるとともに、ゲノム創薬やin silico 分子設計学など最先端の講義と実習も導入しています。さらに、長期にわたる卒業研究を通し、問題発見能力・課題解決能力を養います。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

薬学部では、「薬に関する高度な知識と臨床技能を備え、優れたコミュニケーション能力ならびに問題解決能力を備えた薬剤師として活躍できる人材を養成する」及び「医薬品の創製・発見や開発・適用などの分野で人類の福祉と健康に貢献できる創造性にあふれた有能な薬学研究者、薬学技術者を社会に輩出する」という教育目標を達成するためのカリキュラムを策定しています。厳格な成績評価を行い、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(薬学)あるいは学士(薬科学)の学位を授与します。卒業までに身につけるべき資質を以下に示します。

1.
医療人としての使命感と倫理観
医療に関する高い倫理観と責任感を有し、薬剤師の資質を生かして社会に貢献する使命感を培っていること。
2.
幅広い教養と医療に関する高度な知識
医療や人の健康に関わる者として必要とされる広い教養と、医療薬学に関する高度な専門知識を修得していること。
3.
高度な先進医療に対応できる臨床能力
基礎的な臨床に関する研究手技、高度で多様化する薬物治療に関する基本的技能を修得し、それらをチーム医療等医療現場において実践できる能力を有すること。
4.
臨床における問題解決能力及び自己啓発力
薬剤師として臨床現場で発生するさまざまな問題に的確に対処し、解決する能力及び課題発見能力を修得するとともに、最新の医療について生涯にわたって学修し続ける意欲を有していること。
5.
薬の創製に関わる研究者、技術者としての使命感と倫理観
生命に関する高い倫理観と責任感を有し、薬の創製に関わる研究者、技術者としての資質を生かして社会に貢献する使命感を培っていること。
6.
論理的思考力とグルーバル化に対応できる英語力
科学の進歩に対応できる論理的思考力を培うとともに、海外の最新の文献や情報を入手することでグローバル化に対応できる英語力を身につけていること。
7.
幅広い教養と医薬品創製に関わる知識
医療や人の健康に関わる者として必要とされる広い教養と創薬科学に関する高度な専門知識を修得していること。
8.
最先端の創薬研究を推進できる能力
創薬における基本的な研究手法を修得し、さらに必要とされるコミュニケーション・プレゼンテーション能力及びディスカッション能力を有すること。

薬学部 医療薬学科

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

医療薬学科では、近畿大学建学の精神、すなわち「実学教育」と「人格の陶冶」に則り、21世紀の医療に貢献できる薬剤師を養成するとともに、医療薬学分野での研究に貢献し、活躍できる人材の育成を行うことにより、人類の福祉と健康に奉仕することを目的としています。これらを実現するために、次のような資質を有する入学者を国内外から広く受入れ、医療薬学に関する幅広い専門知識や最先端のテクノロジーに精通したグローバルに活躍できる人材を育成します。

1.
医療薬学を学ぶ上で十分な基礎学力と幅広い教養を有し、将来薬剤師として、臨床あるいは研究・開発などの分野で社会に貢献したいという強い意欲を持つ人。
2.
生命に対する尊厳の念を持ち、薬剤師となるために必要な使命感と倫理観、豊かな人間性を兼ね備えた人。
3.
科学的な思考力と問題解決能力、優れたコミュニケーション能力を備えた薬剤師として、医療の発展に貢献しようとする意欲のある人。
4.
独創性、探究心、課題解決能力を有し、豊かな創造力と忍耐心を持って最先端の医療薬学研究に取り組む意欲のある人。
5.
グローバルな視野を持ち、薬剤師として人類の健康と福祉に貢献しようとする意欲のある人。

入学試験では、学力試験の他、薬学部教員による面接・高校時の学業成績などにより、上記の資質を有する多様な人材を選抜します。また、薬学部医療薬学科に入学するまでに、次のような教科の内容を理解していることが望まれます。

国語

日本語の読解力、表現力、論理的な思考力

外国語

目的に応じて情報や考えを正確に理解し表現できる英語の能力

数学

指数関数、統計及び微積分(数学Ⅰ・数学A 及び 数学Ⅱ・数学B)

理科(化学)

理論化学、無機化学及び有機化学の基礎的知識と計算力(化学基礎及び化学)

理科(生物)

基礎的知識、実験に基づく考察力及び計算力(生物基礎及び生物)

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

医療薬学科では、「薬に関する高度な知識と臨床技能を備え、優れたコミュニケーション能力ならびに問題解決能力を備えた薬剤師として活躍できる人材を養成する」ことを実現するため、以下のような方針で、「薬学教育モデル・コアカリキュラム」に準拠した科目、および本学独自の科目を年次に応じたカリキュラムとして配置しています。

1.
深い教養と高い志をもち、社会を支える気概をもった学生を育成するために、教養教育科目、基礎教育科目を充実し、幅広い視野と基礎学力の育成を図ります。
2.
国際化に対応できる人材を養成するために、教養教育科目の外国語に加え、医療英語、薬学英語に係る科目を充実させています。
3.
医療人としての倫理観と使命感の育成を図り、多職種連携に貢献できる薬剤師を養成するために、ヒューマニズムに関する科目および地域社会や医学部と連携した科目を導入しています。
4.
薬学に携わる者として必要な基礎的科学力を有した学生を養成するために、専門基礎科目を充実させています。
5.
薬に関する高度な知識と臨床技能を備え、問題解決能力を有する薬剤師として活躍できる人材を養成するために、臨床関連科目および薬剤師実務関連科目を充実させています。
6.
優れたコミュニケーション能力を備えた薬剤師を養成するために、スモールグループディスカッション形式の授業を通して、科学的思考力、課題発見能力、問題解決能力の育成を図ります。
7.
臨床における多種多様な問題の解決能力を育成するため、また、薬剤師の資質を活かして薬学研究の発展に貢献できるリサーチマインドを有する人材を養成するために、充実した卒業研究を実施しています。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

医療薬学科は、「薬に関する高度な知識と臨床技能を備え、優れたコミュニケーション能力ならびに問題解決能力を備えた薬剤師として活躍できる人材を養成する」という教育目標を達成するためのカリキュラムを策定しています。厳格な成績評価を行い、6年以上在学し、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(薬学)の学位を授与します。卒業までに身につけるべき資質・能力を以下に示します。

1.
関心・意欲・態度
  1. 医療に関する高い倫理観と責任感を有し、薬剤師の資質を活かして社会および地域に貢献すべきであるという使命感を持ち続けること。
  2. 患者の立場を理解し、患者本位の医療の発展に寄与する意欲を生涯にわたって持ち続けること。
2.
思考・判断
  1. 生命の尊さを認識し、医療における様々な問題について倫理的な判断ができること。
  2. 医療専門職としての役割を理解し、合意に基づいて自主的、かつ協調的に行動できること。
3.
技能・表現
  1. 多職種連携を実践できるコミュニケーション能力を身につけること。
  2. 高度で多様化する薬物療法に関する基本的技能を修得し、医療の実践で応用できる能力を身につけること。
  3. 薬学分野における基本的な研究技術を有し、薬学・医療の発展に応用できる課題発見・問題解決能力を身につけること。
4.
知識・理解
  1. 医療や人の健康に関わる者として必要とされる広い教養と、グローバル化に対応した言語力、自然科学に関する知識を身につけること。
  2. 医療に関する様々な問題を理解するために、医療薬学分野の幅広い専門知識を身につけること。

薬学部 創薬科学科

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

創薬は、薬学部を有する大学の重要な使命の一つです。創薬科学科は、革新的な医薬品の創製・開発と生命科学の研究を通して、優れた人材を育成し、薬学の発展と人類の健康に貢献することを目的としています。
このため、創薬科学や生命科学を基盤とする多様な分野で求められる高度な専門知識と高い研究能力を有し、グローバルに活躍できる人材を育成することを教育目標とします。創薬科学科では、次のような資質を有する入学者を国内外から広く求めています。

1.
十分な基礎学力と高い勉学意欲を有し、創薬科学、生命科学など、薬学関連の研究や産業において人類の健康と福祉に貢献したいという意欲を持つ人。
2.
豊かな人間性と教養、生命に対する高い倫理観を有し、将来、薬学関連の研究や産業において日本のみならず国際的にも活躍しようとする意欲のある人。
3.
勉学と研究に対する志、生命に対する強い興味と探求心を持ち、より高度な専門知識を身につけることにより、最先端の薬学研究に取り組みたいという意欲にあふれる人。
4.
独創性と豊かな創造力を有し、課題解決能力とコミュニケーション能力に秀でている人。

薬学部の入学試験では、学力試験の他、薬学部教員による面接・高校時の学業成績などにより、上記の資質を有する多様な人材を選抜します。また、創薬科学科に入学するまでに、次のような教科の内容を理解していることが望まれます。特に数学、理科、外国語の能力を重視しますが、幅広い教養を持ち、変遷する国際社会で活躍するために、入学試験に課される以外の科目を幅広く学習していることが期待されます。

国語

日本語の読解力、表現力、論理的な思考力

外国語

目的に応じて情報や考えを正確に理解し表現できる英語の能力

数学

指数関数、統計及び微積分(数学Ⅰ・数学A 及び 数学Ⅱ・数学B)

理科(化学)

理論化学、無機化学及び有機化学の基礎的知識と計算力(化学基礎及び化学)

理科(生物)

基礎的知識、実験に基づく考察力及び計算力(生物基礎及び生物)

地歴・公民

変化する社会情勢に対応していくための基礎知識と社会的素養

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

創薬科学科では、医薬品の創製・開発や生命科学分野、医療産業において、日本のみならず、海外においてもグローバルに活躍できる人材を社会に輩出するための特色あるカリキュラムを提供しています。
具体的には、「有機化学、分析物理化学、薬物動態学、薬理学、生化学、分子生物学」を基軸とした医薬品の創製、体内動態、薬物作用機構、環境との相互作用等に関する徹底した基礎教育を行うとともに、「ゲノム創薬科学、プロテオミクス、in silico 創薬、メディシナルケミストリー、バイオサイエンス、病態検査学」など医薬分子と生命現象、疾病や病態との関わりを分子レベルから生体レベルまで解析する最先端の生命科学研究の知識とテクノロジーに関する講義と実習を行います。
特に、強い探究心と高い倫理観を持ち、「問題発見能力」、「課題解決能力」「コミュニケーション能力」「ディスカッション能力」に秀でた人材を育成すること、社会で通用する実践力の高いキャリア形成に主眼を置いています。また、創薬科学科のカリキュラムでは、早期から研究活動を展開するとともに、大学院薬学研究科における研究活動との関連性を重視し、学部と大学院修士課程が連携した高度な最先端の創薬・生命科学研究が可能です。

1.
初年度から卒業まで継続した研究能力の育成と大学院への連携
初年度から研究活動を開始し、3年次から開始する卒業研究を通し、問題発見能力・課題解決能力、論理性、倫理感を養い、より高度で専門性の高い知識と研究能力を修得するための、最先端の薬学研究プログラムを導入しています。 卒業までに研究成果の学会発表を行うとともに、大学院薬学研究科との連携を通し、よりレベルの高い研究能力の習得をめざします。
2.
徹底した薬学基礎科目の学習と最先端の創薬・生命科学の講義と実習
基礎から発展まで幅広い創薬・生命科学研究に対応できる知識と科学技術、論理的思考能力を修得するために、有機合成化学や分析物理化学、生物化学、薬理学、環境衛生学等の薬学基礎科目の学修を徹底するとともに、ゲノム創薬科学やバイオテクノロジー、in silico 分子創薬設計学、免疫学、生物薬剤学、メディシナルケミストリー、バイオインフォマティクス、データアナリシスなど、製薬企業の創薬開発にも直結する最先端の講義と実習も導入しています。
3.
グローバル化に対応できる充実した実践英語教育
医薬品開発や製薬業界のグローバル化が進展する中で、日本のみならず、海外においても国際的に活躍できる人材を育成するために、ネイティブ教員を含む語学専任教員による実践的な語学教育カリキュラムを導入することで、国際化に対応できる「英語力を強化」したプログラムを実施しています。特にオーラルイングリッシュの能力を強化し、海外での学会発表にも挑戦します。
4.
コミュニケーション・プレゼンテーション能力の重視
初年度から、興味を持ったテーマに関するリサーチを行い、少人数グループ討論授業や成果発表により、受動的な学修態度を脱却し、能動的な学修姿勢を醸成します。これらのプロセスを通して、研究者として不可欠な<コミュニケーション・プレゼンテーション能力及びディスカッション能力>を養成できる授業を開講しています。
5.
充実した専門技術者育成プログラムとインターンシップ制度の導入によるキャリア形成
医学部附属病院との連携のもと、臨床検査技師や放射線取扱技術者などの資格取得に向けたカリキュラムを展開するとともに、低学年より、キャリアデザインについての講義や企業インターンシップを導入することにより、バイオ系理科系学士としてのキャリア形成プログラムを充実させています。また、様々な企業との連携によるインターンシップを積極的に導入し、社会で必要とされる協調性やリーダーシップを養成します。
6.
学部間連携、産学(企業)連携による多彩な講義・演習科目の充実
薬学という専門分野を超えて、幅広い教養と学際的知識を修得する目的で、他学部・他学科において開講されている科目を履修しうる制度を設けるとともに、企業との連携、あるいは他学部との連携講座や演習科目を導入することにより、幅広い視野と新しい分野への挑戦意欲をもったリーダーシップの醸成を行います。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

創薬科学科では、「医薬品の創製・発見や開発・適用などの分野で社会と人類の福祉と健康に貢献できる創造性にあふれた有能な薬学研究者、薬学技術者を社会に輩出する」という教育目標を達成するためのカリキュラムを策定しています。厳格な成績評価を行い、(原則として)4年以上在学し、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(薬科学)の学位を授与します。卒業までに身につけるべき資質を以下に示します。

1.
関心・意欲・態度
  1. 生命に関する高い倫理観と責任感を有すること。
  2. 薬の創製や開発、管理、適性使用等に関わる研究者、技術者、医薬品情報担当者としての資質を活かして社会に貢献する使命感を培っていること。
  3. 創薬・生命科学関連領域の進歩について生涯にわたり学修し、キャリア形成を続ける意欲を有していること。
  4. 幅広い教養を身に付け、変遷する国際社会で活躍するために、主体性を持って新しい知識を修得し、多様な職種の人材と協働的に学ぶ姿勢を身に付けていること。
2.
思考・判断
  1. 科学的思考に基づき、課題を探求し、最先端の科学的知識を取り入れ、問題を解決する論理的思考力を培っていること。
  2. 医薬品等の創製・開発・管理・販売や人の健康に関わる者として必要とされる広い教養を有すること。
3.
技能・表現
  1. グローバル社会で活躍するために、海外の最新の文献や情報を入手し、自らの意見を表現できる英語力を身につけていること。
  2. 創薬における基本的な研究手法と技能を修得し、社会人として必要とされるコミュニケーション・プレゼンテーション能力及びディスカッション能力を身につけていること。
4.
知識・理解

  • 創薬科学・生命科学に関する専門知識を修得していること。

教育情報の公表のページへ