科学研究費等について

科犬くんがお答えします!科研費FAQ

2013年(平成25年)度 更新一覧

平成31年度科研費 公募に係る学内説明会について

平成30年9月6日

平成31年度科研費公募に係る学内説明会についての詳細は下記のとおりとなりますので、申請を予定される方は、学内説明会への参加が機関承認の前提条件となりますので、必ずご出席ください。学内説明会の開催日時等は、キャンパス毎に異なりますので、ご注意ください。

平成31年度科研費公募に係る学内説明会

東大阪キャンパスに所属の方

日時・場所:平成30年9月26日(水) 12:25~13:10(C館204教室)
平成30年9月27日(木) 12:25~13:10(C館201教室)
(どちらかご都合の良い日にご出席ください。)
通知文PDF

東大阪キャンパス以外に所属の方

所属の各事務部(室)にお問合せください。

研究計画調書締切等について

研究計画調書学内締切

平成30年10月15日(月)【厳守】

  • 締切当日、出張等で提出できない場合は必ず各事務局にご連絡ください。
  • 提出物
    研究計画調書(両面印刷)一部、セルフチェックシート
  • 提出方法
    電子申請システムにて手続きを完了(データを確定)していただき、「紙ベースで両面印刷出力したもの」と「セルフチェックシート(学内説明会で配付)」をご提出ください。これらの提出をもって研究計画調書提出の受付(学長承認手続き)とさせていただきますので、学内締切日を厳守ください。
    修正等がある場合は、事務局から確定データを却下のうえ修正依頼のご連絡をさせていただきます。修正がない場合は特に連絡いたしません。提出の際は必ず電子申請システムの処理状況一覧の画面にて応募状況が「所属研究機関受付中または所属部局受付中」となっていることをご確認ください。

電子申請システムのID・パスワードについて

電子申請システムのID・パスワードはe-Radシステムのものと同様です。応募資格を有する方で、ID・パスワードをお持ちでない方は、平成30年9月14日(金)までに事務局へご連絡のうえID・パスワードの発行手続きを行ってください。

応募資格の確認について

本学専任教員として、平成31年度在職(予定)されない場合は、事前に事務局にご連絡のうえご相談ください。本学においては、近畿大学の研究活動行為として学内に研究実施場所をもって常時従事している場合を除き、単なる非常勤講師や研究支援者は、応募資格を付与できませんので、十分ご留意ください。

事務局 : 連絡・相談、提出窓口はこちら

事務局夏季一斉休業中の事務手続きについて

平成30年7月13日

【東大阪キャンパス 研究者の皆様へ -発注-】

事務局一斉休業期間中、科学研究費、寄附・受託研究費による「発注承認行為」、「アルバイト雇用事前確認行為」は休止しています。 つきましては、研究遂行上、急を要する発注等の場合は、8月20日(月)以降に「事後確認」として対応いたしますので、ご承知おきください。

【東大阪キャンパス 業者・研究者の皆様へ -納品・検収-】

事務局一斉休業期間中、検収拠点における科学研究費、寄附・受託研究費による物品等の「検収行為」は休止しています。 つきましては、研究遂行上、急を要する納品の場合は8月20日(月)以降に「事後確認」として対応いたしますので、ご承知おきいただくとともに事後で納品確認・検収ができる根拠をお示しいただきますよう、お願いいたします。

【東大阪キャンパス以外 業者・研究者の皆様へ】

事務局一斉休業期間中の取扱いは、原則として上記、東大阪キャンパスの取扱いに準じますが、各キャンパス・各研究所等により、休業期間等が異なりますので、ご不明な点は、所属の事務担当部署へお問合せください。

平成30年度科研費(補助金分)の「調整金」による前倒し使用の申請及び
科研費(基金分)の前倒し支払請求について

平成30年7月3日

本学においては、下記のとおりに科研費(補助金分)の「調整金」による前倒し使用の申請及び科研費(基金分)の前倒し支払請求に係る申出期限(学内締切)を設けていますので、希望される場合は、学術研究支援部(東大阪キャンパスに所属の方)・各事務担当部署(東大阪キャンパス以外に所属の方) へ必ず事前にご相談のうえ、それぞれ「前倒し使用申請書兼変更交付申請書及び交付請求書」または、「前倒し支払請求書」を作成ください。

ただし、前倒しにおいてはそれに至る背景や必要性、前倒しによって次年度の交付額が減額になっても当該研究が遂行できる見込みや当該年度以降の研究計画まで説明できるものでないと承認されませんので十分ご留意ください。

平成30年度科学研究費助成事業-科研費-
国際共同研究加速基金(国際共同研究強化A)の公募について

平成30年7月3日

標記の件について、日本学術振興会から公募が開始された旨の通知がありました。本事業は、科研費採択者が現在実施している研究計画について、国際共同研究を行うことで、その研究計画を格段に発展させ、優れた研究成果を上げることを目的とするものです。
つきましては、応募を希望される方は科研費電子申請システムにて応募書類をご作成いただき、紙媒体(両面印刷)をご提出いただきますようお願いいたします。
なお、本件の応募に際しては、所属長の合意とともに、申請前に所属事務(部)室を通じて人事所管の内諾が必須となりますので、ご承知おきください。

[概要]

  • 応募資格
    平成30年4月1日現在で「基盤研究(海外学術調査を除く)」または「若手研究」に採択されており、応募時点で研究計画を実施中の研究代表者(平成30年4月1日現在で36歳以上45歳以下の方)
  • 応募総額
    1,200 万円以下(1,200万円の範囲内で「渡航費・滞在費」「研究費」「代替要員確保のための経費」の各経費を計上することができます。)

詳細につきましては下記ホームページをご参照ください。
http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/35_kokusai/01_kyoka/koubo.html

[学内締切]

東大阪キャンパスに所属の方

平成30年7月23日(月)

東大阪キャンパス以外に所属の方

所属の各事務部(室)にお問い合わせください。

平成30年度科学研究費の交付執行に係る説明会の実施について

平成30年5月2日

【東大阪キャンパス平成30年度科研費執行研究者の皆様へ】

本学では、研究活動の円滑な遂行と外部研究費の適正執行等を鑑み、文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」(平成26年2月18日改正・文部科学大臣決定)および「研究活動における不正 行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日付・文部科学大臣決定)に基づき、当該研究費の執行方法等に係る学内説明会(出席必須)を実施いたします。
つきましては、該当される方へ、個別に説明会の詳細をメールでご案内していますので、公的資金の執行に際し、下記のとおり必ずご出席くださいますよう、お願いいたします。
また、公的資金の執行経験がある方は、すでにご承知おきのことと存じますが、物品の納品検収のみならず、特殊な役務(アンケート調査・修理修繕・印刷等)に関する検収の実施も義務付けられていますので、ご承知おきください。

東大阪キャンパス所属研究者対象説明会

日時 平成30年5月22日(火) 12:15~13:00
場所 11月ホール 小ホール

  • 東大阪キャンパス以外に所属の方は、各部局において同様の説明会を実施しますので、所属事務担当部署から別途ご案内いたします。

URL:連絡・相談窓口はこちら

平成30年度科学研究費補助金「調整金」を利用した
次年度使用の申請について

平成30年5月2日

本学においては、下記のとおりに科研費(補助金分)の「調整金」による次年度使用の申請に係る申出期限(学内締切)を設けていますので、希望される場合は、学術研究支援部(東大阪キャンパスに所属の方)・各事務担当部署(東大阪キャンパス以外に所属の方)へ必ず事前にご相談のうえ、「次年度使用申請書兼変更交付申請書」をご作成ください。
誠実に補助事業を遂行しなかった結果、年度内に執行できなかったことが明らかである場合などには、「次年度使用」は認められません。留意事項等を十分ご確認いただきますようお願いいたします。

  • お申出期限
    学内締切 平成30年6月11日(月)
  • 作成提出書類
    様式及び作成上の注意は、下記日本学術振興会ホームページをご参照ください。
    平成30年度科学研究費補助金「調整金」を利用した次年度使用の申請について
    (日本学術振興会ホームページ)

URL:http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/06_jsps_info/g_180426/index.html

平成30年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)))の公募について

平成30年4月12日

標記の件について、日本学術振興会から公募が開始された旨の通知がありました。本事業は、従前の「海外学術調査」を見直し、国際共同研究を強化する観点から、研究対象を従来のフィールド調査等に限定せず一般化したものです。
つきましては、応募を希望される方は科研費電子申請システムにて応募書類をご作成いただき、紙媒体(両面印刷)をご提出いただきますようお願いいたします。
また、応募にあたって必要となる、海外の研究者と研究代表者で確認された「所定の様式による同意書」の写しもあわせてご提出ください。
なお、応募に際しては、研究代表者、研究分担者ともに海外での研究活動(出張期間)が、所属学部等における授業担当期間と重複しないようご留意いただき、予め所属長の合意とともに、申請前に所属事務(部)室を通じて人事所管の内諾が必須となりますので、ご承知おきください。

詳細は下記ホームページ公募要領等をご参照ください。
http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/35_kokusai/04_kyoudoub/koubo.html

[学内締切]

東大阪キャンパスに所属の方

平成30年5月9日(水)

東大阪キャンパス以外に所属の方

所属の各事務部(室)にお問い合わせください。

科学研究費助成事業(科研費)における変更点について

平成30年3月8日

標記の件につきまして、文部科学省研究振興局学術研究助成課・独立行政法人日本学術振興会研究事業部より通知がありました。

<実施時期>

平成30年4月1日以降、以下の制度変更等を予定しております。

<変更点>
「国際共同研究強化(B)」の公募について

これまで「基盤研究(A・B)」で実施していた「海外学術調査」の研究対象・方法を一般化する等の変更が行われ「国際共同研究加速基金」の枠組みにおいて「国際共同研究強化(B)」が新設されます。 本研究種目の平成30年度助成に係る公募は独立行政法人日本学術振興会において、本年4月上旬ころに実施される予定です。

研究組織に係る変更点について(連携研究者の廃止)

現在、科研費における研究組織は研究代表者、研究分担者、連携研究者、研究協力者から構成することとなっていますが、このうち、連携研究者については、本年1月26日に開催された科学技術・学術審議会学術分科会研究費部会における審議の結果、これを廃止し、研究協力者に統合することと整理されました。これに伴い関係規程が改正され、本年4月1日以降従来の連携研究者は廃止される予定です。

交付内定後の各種様式の提出方法について

現在、科研費における交付申請書等の様式の提出に当たっては、科研費電子申請システムを利用して作成する場合であっても、様式を印刷し研究代表者が押印した上で、研究機関を通じて郵送により日本学術振興会に提出することになっていましたが、本年4月1日以降は、関係規程が改正され科研費電子申請システムを利用して様式を作成する場合には、印刷物による様式提出が不要となる予定です。

なお、それぞれの詳細については、下記URLを御参照ください。
URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/1402050.htm

交付内定後の各種様式の提出方法の変更について

科学研究費(基金・一部基金)の補助事業期間延長制度について

平成30年1月16日

平成29年度が研究計画最終年度に当たる科研費(基金・一部基金)で、予想し得なかったやむを得ない研究遂行上の事由により年度内に執行(完了)することが困難となった事業について、所定の手続きを経たうえで、日本学術振興会の承認を得て、事業期間を延長して翌年度に使用できる制度です。
本学においては、下記のとおり承認申請に係る手続期限を設けていますので、該当される場合は、学術研究支援部(東大阪キャンパスに所属の方)・各事務担当部署(東大阪キャンパス以外に所属の方)へ必ず事前にご相談ください。
なお、平成29年度科学研究費(補助金)として交付されている課題は、当該制度に該当いたしません。
また一部基金の場合、基金分の期間延長が認められた場合であっても補助金分の補助事業期間は延長されません。

締切日

学内締切 平成30年2月15日(木)
事前相談・協議が必要となりますので学内締切は、厳守してください。
締切日以降は、対応出来ませんのでご注意ください。

作成提出書類

基金:F-14/一部基金:Z-14
科研費電子申請システムで作成し学内締切日までに、
事前連絡のうえ窓口へお越しください。

様式記載例

基金一部基金

連絡・相談窓口

東大阪キャンパスに所属の方/学術研究支援部補助金事務課
東大阪キャンパス以外に所属の方/所属の各事務担当部署

日本学術振興会HP

http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/06_jsps_info/g_180116/index.html 

事務局年末年始一斉休業中の事務手続きについて

平成29年12月5日

【東大阪キャンパス 研究者の皆様へ -発注-】

事務局一斉休業期間中、科学研究費、寄附・受託研究費による「発注承認行為」、「アルバイト雇用事前確認行為」は休止しています。つきましては、研究遂行上、急を要する発注等の場合は、1月9日(火)以降に「事後確認」として対応いたしますので、ご承知おきください。

【東大阪キャンパス 業者・研究者の皆様へ -納品・検収-】

事務局一斉休業期間中、検収拠点における科学研究費、寄附・受託研究費による物品等の「検収行為」は休止しています。つきましては、研究遂行上、急を要する納品の場合は1月9日(火)以降に「事後確認」として対応いたしますので、ご承知おきいただくとともに事後で納品確認・検収ができる根拠をお示しいただきますよう、お願いいたします。

【東大阪キャンパス以外 業者・研究者の皆様へ】

事務局一斉休業期間中の取扱いは、原則として上記、東大阪キャンパスの取扱いに準じますが、各キャンパス・各研究所等により、休業期間等が異なりますので、ご不明な点は、所属の事務担当部署へお問合せください。

平成29年度科学研究費(補助金・一部基金)の繰越制度について

平成29年12月5日

平成29年度交付決定時に予想し得なかったやむを得ない研究遂行上の事由により、年度内に執行(完了)することが困難となった補助事業については、日本学術振興会へ所定の手続きを経たうえで、文部科学大臣を通じて財務大臣の承認を得て補助金を翌年度に繰越して使用できる制度です。
本学においては、下記のとおり繰越承認申請に係る申出期限(学内締切)を設けていますので、該当される場合は、学術研究支援部(東大阪キャンパスに所属の方)・各事務担当部署(東大阪キャンパス以外に所属の方)へ必ず事前にご相談ください。
また、単に「授業等で多忙であったため」など研究者個人の業務エフォートに起因する事由は、一切認められませんので、十分ご留意ください。
なお、平成29年度科学研究費(基金助成金)として交付されている課題は、繰越制度に該当いたしません。

お申出期限

第1回学内締切 平成29年12月19日(火)
第2回学内締切 平成30年 1月22日(月)
大学として日本学術振興会への事前相談・協議が必要となる場合がありますので、厳守してください。

作成提出書類

様式C-26(具体的な作成・申請方法等は、お申出いただいた方に別途ご連絡いたします。)

連絡・相談窓口

東大阪キャンパスに所属の方/学術研究支援部補助金事務課
東大阪キャンパス以外に所属の方/所属の各事務担当部署

日本学術振興会参照URL

http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/06_jsps_info/g_171201/index.html

*厚生労働科学研究費については別途対応いたしますので、ご連絡ください。

平成30年度科研費 公募に係る学内説明会について

平成29年9月1日

平成30年度科研費公募に係る学内説明会についての詳細は下記のとおりとなりますので、申請を予定される方は、学内説明会への参加が機関承認の前提条件となりますので、必ずご出席ください。学内説明会の開催日時等は、キャンパス毎に異なりますので、ご注意ください。

平成30年度科研費公募に係る学内説明会

東大阪キャンパスに所属の方

日時:平成29年9月21日(木) 12:15~13:00
平成29年9月25日(月) 12:15~13:00
(どちらかご都合の良い日にご出席ください。)
場所:11月ホール 小ホール(受付3階)通知文PDF

東大阪キャンパス以外に所属の方

所属の各事務部(室)にお問合せください。

研究計画調書締切等について

研究計画調書学内締切

平成29年10月13日(金)【厳守】

  • 締切当日、出張等で提出できない場合は必ず各事務局にご連絡ください。
  • 提出物
    研究計画調書(両面印刷)一部、セルフチェックシート
  • 提出方法
    電子申請システムにて手続きを完了(データを確定)していただき、「紙ベースで両面印刷出力したもの」と「セルフチェックシート(学内説明会で配付)」をご提出ください。これらの提出をもって研究計画調書提出の受付(学長承認手続き)とさせていただきますので、学内締切日を厳守ください。
    修正等がある場合は、事務局から確定データを却下のうえ修正依頼のご連絡をさせていただきます。修正がない場合は特に連絡いたしません。提出の際は必ず電子申請システムの処理状況一覧の画面にて応募状況が「所属研究機関受付中または所属部局受付中」となっていることをご確認ください。

電子申請システムのID・パスワードについて

電子申請システムのID・パスワードはe-Radシステムのものと同様です。応募資格を有する方で、ID・パスワードをお持ちでない方は、平成29年9月15日(金)までに事務局へご連絡のうえID・パスワードの発行手続きを行ってください。

応募資格の確認について

本学専任教員として、平成30年度在職(予定)されない場合は、文部科学省・日本学術振興会の定める応募資格に抵触する場合がありますので、事前に事務局にご連絡のうえご相談ください。本学においては、近畿大学の研究活動行為として学内に研究実施場所をもって常時従事している場合を除き、単なる非常勤講師や研究支援者は、応募資格を付与できませんので、十分ご留意ください。

事務局 : 連絡・相談、提出窓口はこちら

事務局夏季一斉休業中の事務手続きについて

平成29年7月21日

【東大阪キャンパス 研究者の皆様へ -発注-】

事務局一斉休業期間中、科学研究費、寄附・受託研究費による「発注承認行為」、「アルバイト雇用事前確認行為」は休止しています。 つきましては、研究遂行上、急を要する発注等の場合は、8月18日(金)以降に「事後確認」として対応いたしますので、ご承知おきください。

【東大阪キャンパス 業者・研究者の皆様へ -納品・検収-】

事務局一斉休業期間中、検収拠点における科学研究費、寄附・受託研究費による物品等の「検収行為」は休止しています。 つきましては、研究遂行上、急を要する納品の場合は8月18日(金)以降に「事後確認」として対応いたしますので、ご承知おきいただくとともに事後で納品確認・検収ができる根拠をお示しいただきますよう、お願いいたします。

【東大阪キャンパス以外 業者・研究者の皆様へ】

事務局一斉休業期間中の取扱いは、原則として上記、東大阪キャンパスの取扱いに準じますが、各キャンパス・各研究所等により、休業期間等が異なりますので、ご不明な点は、所属の事務担当部署へお問合せください。

平成29年度科学研究費助成事業-科研費-国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)の公募について

平成29年7月7日

標記の件について、日本学術振興会から公募が開始された旨の通知がありました。本事業は、科研費採択者が現在実施している研究計画について、国際共同研究を行うことで、その研究計画を格段に発展させ、優れた研究成果を上げることを目的とするものです。
つきましては、応募を希望される方は科研費電子申請システムにて応募書類をご作成いただき、紙媒体(両面印刷)をご提出いただきますようお願いいたします。
なお、本件の応募に際しては、所属長の合意とともに、申請前に所属事務(部)室を通じて人事所管の内諾が必須となりますので、ご承知おきください。

[概要]

  • 応募資格
    平成29年4月1日現在で「基盤研究(海外学術調査を除く)」または「若手研究」に採択されており、応募時点で研究計画を実施中の研究代表者(平成29年4月1日現在で36歳以上45歳以下の方)
    ただし、博士の学位を取得後5年以上経過した方(平成24年4月1日までに学位を取得した方)は36歳未満でも可
  • 応募総額
    1,200 万円以下(1,200万円の範囲内で「渡航費・滞在費」「研究費」「代替要員確保のための経費」の各経費を計上することができます。)

詳細につきましては下記ホームページをご参照ください。
http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/35_kokusai/01_kyoka/koubo.html

[学内締切]

東大阪キャンパスに所属の方

応募希望者情報(別紙2)(※博士の学位を取得後5年以上経過した36歳未満の方のみ提出が必要です。)
平成29年7月26日(水)

応募書類
平成29年8月18日(金)

東大阪キャンパス以外に所属の方

所属の各事務部(室)にお問い合わせください。

平成29年度科研費(補助金分)の「調整金」による前倒し使用の申請及び
科研費(基金分、一部基金分)の前倒し支払請求について

平成29年7月4日

本学においては、下記のとおりに科研費(補助金分)の「調整金」による前倒し使用の申請及び科研費(基金分、一部基金分)の前倒し支払請求に係る申出期限(学内締切)を設けていますので、希望される場合は、学術研究支援部(東大阪キャンパスに所属の方)・各事務担当部署(東大阪キャンパス以外に所属の方)へ必ず事前にご相談のうえ、それぞれ「前倒し使用申請書兼変更交付申請書及び交付請求書」または、「前倒し支払請求書」を作成ください。

ただし、前倒しにおいてはそれに至る背景や必要性、前倒しによって次年度の交付額が減額になっても当該研究が遂行できる見込みや当該年度以降の研究計画まで説明できるものでないと承認されませんので十分ご留意ください。

科研費に関する意見・要望への対応について
(文部科学省・日本学術振興会)

平成29年6月9日

標記の件につきまして、日本学術振興会より、昨年11月に開設した「科研費に関するご意見・ご要望受付窓口」(平成28年11月18日 本学ホームページに掲載)に寄せられた意見や要望に対する対応の考え方が公表されましたので、ご確認ください。

  • 従来より「researchmap」への研究者情報の登録をお願いしているところですが、今後、科研費制度においても、計画調書および研究実績報告書の作成時に必要となる研究業績情報について、科研費電子申請システムと「researchmap」を連携させる方法を検討しているとのことです。必ず、「researchmap」へ研究者情報を登録していただきますようお願いいたします。

日本学術振興会ホームページURL
http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/06_jsps_info/g_170606/index.html

平成29年度科学研究費補助金「調整金」を利用した
次年度使用の申請について

平成29年5月10日

本学においては、下記のとおりに科研費(補助金分)の「調整金」による次年度使用の申請に係る申出期限(学内締切)を設けていますので、希望される場合は、学術研究支援部(東大阪キャンパスに所属の方)・各事務担当部署(東大阪キャンパス以外に所属の方)へ必ず事前にご相談のうえ、「次年度使用申請書兼変更交付申請書」をご作成ください。
誠実に補助事業を遂行しなかった結果、年度内に執行できなかったことが明らかである場合などには、「次年度使用」は認められません。留意事項等を十分ご確認いただきますようお願いいたします。

  • お申出期限
    学内締切 平成29年6月12日(月)
  • 作成提出書類
    様式及び作成上の注意は、下記日本学術振興会ホームページをご参照ください。
    平成29年度科学研究費補助金「調整金」を利用した次年度使用の申請について(日本学術振興会ホームページ)
    URL : http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/06_jsps_info/g_170428_2/index.html

平成29年度科学研究費の交付執行に係る説明会の実施について

平成29年5月8日

【東大阪キャンパス平成29年度科研費執行研究者の皆様へ】

本学では、研究活動の円滑な遂行と外部研究費の適正執行等を鑑み、文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」(平成26年2月18日改正・文部科学大臣決定)および「研究活動における不正 行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日付・文部科学大臣決定)に基づき、当該研究費の執行方法等に係る学内説明会(出席必須)を実施いたします。
つきましては、該当される方へ、個別に説明会の詳細をメールでご案内していますので、公的資金の執行に際し、下記のとおり必ずご出席くださいますよう、お願いいたします。
また、公的資金の執行経験がある方は、すでにご承知おきのことと存じますが、物品の納品検収のみならず、特殊な役務(アンケート調査・修理修繕・印刷等)に関する検収の実施も義務付けられていますので、ご承知おきください。

東大阪キャンパス所属研究者対象説明会

日時 平成29年5月24日(水) 12:15~13:00
場所 2号館 1階実学ホール

  • 東大阪キャンパス以外に所属の方は、各部局において同様の説明会を実施しますので、所属事務担当部署から別途ご案内いたします。

連絡・相談窓口

連絡・相談窓口はこちら

科学研究費(基金・一部基金)の補助事業期間延長制度について

平成29年1月16日

平成28年度が研究計画最終年度に当たる科研費(基金・一部基金)で、予想し得なかったやむを得ない研究遂行上の事由により年度内に執行(完了)することが困難となった事業については、所定の手続きを経たうえで、日本学術振興会の承認を得て、事業期間を延長して翌年度に使用できる制度です。
本学においては、下記のとおり承認申請に係る手続期限を設けていますので、該当される場合は、学術研究支援部(東大阪キャンパスに所属の方)・各事務担当部署(東大阪キャンパス以外に所属の方)へ必ず事前にご相談ください。
また、「授業等で多忙であったため」など研究者個人の業務エフォートに起因する事由は、一切認められませんので、十分ご留意ください。
なお、平成28年度科学研究費(補助金)として交付されている課題は、当該制度に該当いたしません。
また一部基金の場合、基金分の期間延長が認められた場合であっても補助金分の補助事業期間は延長されません。

締切日

学内締切 平成29年2月15日(水)
事前相談・協議が必要となりますので学内締切は、厳守してください。
締切日以降は、対応出来ませんのでご注意ください。

作成提出書類

基金:F-14/一部基金:Z-14
科研費電子申請システムで作成し学内締切日までに、
事前連絡のうえ窓口へお越しください。

様式記載例

基金一部基金

連絡・相談窓口

東大阪キャンパスに所属の方/学術研究支援部補助金事務課
東大阪キャンパス以外に所属の方/所属の各事務担当部署

日本学術振興会HP

http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/06_jsps_info/g_170116/index.html

事務局年末年始一斉休業中の事務手続きについて

平成28年12月7日

【東大阪キャンパス 研究者の皆様へ -発注-】

事務局一斉休業期間中、科学研究費、寄附・受託研究費による「発注承認行為」、「アルバイト雇用事前確認行為」は休止しています。つきましては、研究遂行上、急を要する発注等の場合は、1月6日(金)以降に「事後確認」として対応いたしますので、ご承知おきください。

【東大阪キャンパス 業者・研究者の皆様へ-納品・検収-】

事務局一斉休業期間中、検収拠点における科学研究費、寄附・受託研究費による物品等の「検収行為」は休止しています。つきましては、研究遂行上、急を要する納品の場合は1月6日(金)以降に「事後確認」として対応いたしますので、ご承知おきいただくとともに事後で納品確認・検収ができる根拠をお示しいただきますよう、お願いいたします。

【東大阪キャンパス以外 業者・研究者の皆様へ】

事務局一斉休業期間中の取扱いは、原則として上記、東大阪キャンパスの取扱いに準じますが、各キャンパス・各研究所等により、休業期間等が異なりますので、ご不明な点は、所属の事務担当部署へお問合せください。

平成28年度科学研究費(補助金・一部基金)の繰越制度について

平成28年12月5日

平成28年度交付決定時に予想し得なかったやむを得ない研究遂行上の事由により、年度内に執行(完了)することが困難となった補助事業については、日本学術振興会へ所定の手続きを経たうえで、文部科学大臣を通じて財務大臣の承認を得て補助金を翌年度に繰越して使用できる制度です。
本学においては、下記のとおり繰越承認申請に係る申出期限(学内締切)を設けていますので、該当される場合は、学術研究支援部(東大阪キャンパスに所属の方)・各事務担当部署(東大阪キャンパス以外に所属の方)へ必ず事前にご相談ください。
また、単に「授業等で多忙であったため」など研究者個人の業務エフォートに起因する事由は、一切認められませんので、十分ご留意ください。
なお、平成28年度科学研究費(基金助成金)として交付されている課題は、繰越制度に該当いたしません。

お申出期限

第1回学内締切 平成28年12月19日(月)
第2回学内締切 平成29年 1月20日(金)
大学として日本学術振興会への事前相談・協議が必要となる場合がありますの
で、厳守してください。

作成提出書類

様式C-26(具体的な作成・申請方法等は、お申出いただいた方に別途ご連絡いたします。)

連絡・相談窓口

東大阪キャンパスに所属の方/学術研究支援部補助金事務課
東大阪キャンパス以外に所属の方/所属の各事務担当部署

日本学術振興会参照URL

http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/06_jsps_info/g_161202/index.html

*厚生労働科学研究費については別途対応いたしますので、ご連絡ください。

科研費に関するご意見・ご要望受付窓口の設置について(文部科学省・日本学術振興会)

平成28年11月18日

標記の件につきまして、文部科学省より、科研費関連業務について研究者の皆様のご意見を取り入れた業務改善を進めるため、「科研費に関するご意見・ご要望受付窓口」を新たに設けたとの通知がありました。
ご意見があります場合は、日本学術振興会科研費ホームページに設置された受付窓口のバナーからリンクした専用フォームより、各自お送りいただきますようよろしくお願いいたします。

日本学術振興会科研費ホームページURL:https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/index.html

平成29年度科研費 公募に係る学内説明会について

平成28年9月6日

平成29年度科研費公募に係る学内説明会についての詳細は下記のとおりとなりますので、申請を予定される方は、学内説明会への参加が機関承認の前提条件となりますので事前に担当事務局へご連絡のうえ、必ずご出席ください。学内説明会の開催日時等は、キャンパス毎に異なりますので、ご注意ください。

平成29年度科研費公募に係る学内説明会

東大阪キャンパスに所属の方

平成28年9月23日(金) 12:15~13:00 11月ホール 小ホール(受付3階) 通知文PDF

東大阪キャンパス以外に所属の方

所属の各事務部(室)にお問合せください。

研究計画調書締切等について

研究計画調書学内締切

平成28年10月14日(金)【厳守】

  • 締切当日、出張等で提出できない場合は必ず各事務局にご連絡ください。
  • 提出物
    研究計画調書(両面印刷)一部、セルフチェックシート
  • 提出方法
    電子申請システムにて手続きを完了(データを確定)していただき、「紙ベースで両面印刷出力したもの」と「セルフチェックシート(学内説明会で配付)」をご提出ください。これらの提出をもって研究計画調書提出の受付(学長承認手続き)とさせていただきますので、学内締切日を厳守ください。
    修正等がある場合は、事務局から確定データを却下のうえ修正依頼のご連絡をさせていただきます。修正がない場合は特に連絡いたしません。提出の際は必ず電子申請システムの処理状況一覧の画面にて応募状況が「所属研究機関受付中または所属部局受付中」となっていることをご確認ください。

電子申請システムのID・パスワードについて

電子申請システムのID・パスワードはe-Radシステムのものと同様です。応募資格を有する方で、ID・パスワードをお持ちでない方は、平成28年9月16日(金)までに事務局へご連絡のうえID・パスワードの発行手続きを行ってください。

応募資格の確認について

本学専任教員として、平成29年度在職(予定)されない場合は、文部科学省・日本学術振興会の定める応募資格に抵触する場合がありますので、事前に事務局にご連絡のうえご相談ください。本学においては、近畿大学の研究活動行為として学内に研究実施場所をもって常時従事している場合を除き、単なる非常勤講師や研究支援者は、応募資格を付与できませんので、十分ご留意ください。

事務局 : 連絡・相談、提出窓口はこちら

事務局夏季一斉休業中の事務手続きについて

平成28年7月22日

【東大阪キャンパス 研究者の皆様へ -発注-】

事務局一斉休業期間中、科学研究費、寄附・受託研究費による「発注承認行為」、「アルバイト雇用事前確認行為」は休止しています。 つきましては、研究遂行上、急を要する発注等の場合は、8月19日(金)以降に「事後確認」として対応いたしますので、ご承知おきください。

【東大阪キャンパス 業者・研究者の皆様へ -納品・検収-】

事務局一斉休業期間中、検収拠点における科学研究費、寄附・受託研究費による物品等の「検収行為」は休止しています。 つきましては、研究遂行上、急を要する納品の場合は8月19日(金)以降に「事後確認」として対応いたしますので、ご承知おきいただくとともに事後で納品確認・検収ができる根拠をお示しいただきますよう、お願いいたします。

【東大阪キャンパス以外 業者・研究者の皆様へ】

事務局一斉休業期間中の取扱いは、原則として上記、東大阪キャンパスの取扱いに準じますが、各キャンパス・各研究所等により、休業期間等が異なりますので、ご不明な点は、所属の事務担当部署へお問合せください。

平成28年度科研費(補助金分)の「調整金」による前倒し使用の申請及び
科研費(基金分、一部基金分)の前倒し支払請求について

平成28年7月7日

本学においては、下記のとおりに科研費(補助金分)の「調整金」による前倒し使用の申請及び科研費(基金分、一部基金分)の前倒し支払請求に係る申出期限(学内締切)を設けていますので、希望される場合は、学術研究支援部(東大阪キャンパスに所属の方)・各事務担当部署(東大阪キャンパス以外に所属の方)へ必ず事前にご相談のうえ、それぞれ「前倒し使用申請書兼変更交付申請書及び交付請求書」または、「前倒し支払請求書」を作成ください。

ただし、前倒しにおいてはそれに至る背景や必要性、前倒しによって次年度の交付額が減額になっても当該研究が遂行できる見込みや当該年度以降の研究計画まで説明できるものでないと承認されませんので十分ご留意ください。

平成28年度科学研究費助成事業-科研費-国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)の公募について

平成28年7月5日

標記の件について、日本学術振興会から公募が開始された旨の通知がありました。本事業は、科研費採択者が現在実施している研究計画について、国際共同研究を行うことで、その研究計画を格段に発展させ、優れた研究成果を上げることを目的とするものです。
つきましては、応募を希望される方は科研費電子申請システムにて応募書類をご作成いただき、紙媒体(両面印刷)をご提出いただきますようお願いいたします。

なお、本件の応募に際しては、所属長の合意とともに、申請前に所属事務(部)室を通じて人事所管の内諾が必須となりますので、ご承知おきください。

[概要]

  • 応募資格
    平成28年4月1日現在で「基盤研究(海外学術調査を除く)」または「若手研究」に採択されており、応募時点で研究計画を実施中の研究代表者(平成28年4月1日現在で36歳以上45歳以下の方)
  • 応募総額
    1,200 万円以下(1,200万円の範囲内で「渡航費・滞在費」「研究費」「代替要員確保のための経費」の各経費を計上することができます。)
  • 採択予定課題数
    400件程度

詳細につきましては下記ホームページをご参照ください。
http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/35_kokusai/01_kyoka/koubo.html

[学内締切]

東大阪キャンパスに所属の方

平成28年8月19日(金)

東大阪キャンパス以外に所属の方

所属の各事務部(室)にお問い合わせください。

平成28年度科学研究費の交付執行に係る説明会の実施について

平成28年5月2日

【東大阪キャンパス平成28年度科研費執行研究者の皆様へ】

本学では、研究活動の円滑な遂行と外部研究費の適正執行等を鑑み、文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」(平成26年2月18日改正・文部科学大臣決定)および「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日付・文部科学大臣決定)に基づき、当該研究費の執行方法等に係る学内説明会(出席必須)を実施いたします。
つきましては、該当される方へ、個別に説明会の詳細をメールでご案内していますので、公的資金の執行に際し、下記のとおり必ずご出席くださいますよう、お願いいたします。
また、公的資金の執行経験がある方は、すでにご承知おきのことと存じますが、物品の納品検収のみならず、特殊な役務(アンケート調査・修理修繕・印刷等)に関する検収の実施が義務付られていますので、ご承知おきください。

東大阪キャンパス所属研究者対象説明会

日時 平成28年5月24日(火) 12:15~13:00 
場所 本館7階ホール

  • 東大阪キャンパス以外に所属の方は、各部局において同様の説明会を実施しますので、所属事務担当部署から別途ご案内いたします。

連絡・相談窓口はこちら

平成28年度科学研究費補助金「調整金」を利用した次年度使用の申請について

平成28年5月2日

本学においては、下記のとおりに科研費(補助金分)の「調整金」による次年度使用の申請に係る申出期限(学内締切)を設けていますので、希望される場合は、学術研究支援部(東大阪キャンパスに所属の方)・各事務担当部署(東大阪キャンパス以外に所属の方)へ必ず事前にご相談のうえ、「申請書兼変更交付申請書」をご作成ください。
誠実に補助事業を遂行しなかった結果、年度内に執行できなかったことが明らかである場合などには、「次年度使用」は認められません。留意事項等を十分ご確認いただきますようお願いいたします。

  • お申出期限
    学内締切 平成28年6月17日(金)
  • 作成提出書類
    様式及び作成上の注意は、下記日本学術振興会ホームページをご参照ください。

平成28年度科学研究費補助金「調整金」を利用した次年度使用の申請について(日本学術振興会ホームページ)
URL : http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/06_jsps_info/g_160425/index.html

科学研究費(基金・一部基金)の補助事業期間延長制度について

平成28年1月15日

平成27年度が研究計画最終年度に当たる科研費(基金・一部基金)で、予想し得なかったやむを得ない研究遂行上の事由により年度内に執行(完了)することが困難となった事業については、所定の手続きを経たうえで、日本学術振興会の承認を得て、事業期間を延長して翌年度に使用できる制度です。
本学においては、下記のとおり承認申請に係る手続期限を設けていますので、該当される場合は、学術研究支援部(東大阪キャンパスに所属の方)・各事務担当部署(東大阪キャンパス以外に所属の方)へ必ず事前にご相談ください。
また、「授業等で多忙であったため」など研究者個人の業務エフォートに起因する事由は、一切認められませんので、十分ご留意ください。
なお、平成27年度科学研究費(補助金)として交付されている課題は、当該制度に該当いたしません。
また一部基金の場合、基金分の期間延長が認められた場合であっても補助金分の補助事業期間は延長されません。

締切日

学内締切 平成28年2月15日(月)
事前相談・協議が必要となりますので学内締切は、厳守してください。
締切日以降は、対応出来ませんのでご注意ください。

作成提出書類

基金:F-14/一部基金:Z-14
科研費電子申請システムで作成し学内締切日までに、
事前連絡のうえ窓口へお越しください。

様式記載例

基金一部基金

連絡・相談窓口

東大阪キャンパスに所属の方/学術研究支援部補助金事務課
東大阪キャンパス以外に所属の方 所属の各事務担当部署

日本学術振興会HP

http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/index.html

事務局年末年始一斉休業中の事務手続きについて

平成27年12月17日

科犬くん

【東大阪キャンパス 研究者の皆様へ -発注-】

事務局一斉休業期間中、科学研究費、寄附・受託研究費による「発注承認行為」、「アルバイト雇用事前確認行為」は休止しています。つきましては、研究遂行上、急を要する発注等の場合は、1月7日(木)以降に「事後確認」として対応いたしますので、ご承知おきください。

【東大阪キャンパス 業者・研究者の皆様へ-納品・検収-】

事務局一斉休業期間中、検収拠点における科学研究費、寄附・受託研究費による物品等の「検収行為」は休止しています。つきましては、研究遂行上、急を要する納品の場合は1月7日(木)以降に「事後確認」として対応いたしますので、ご承知おきいただくとともに事後で納品確認・検収ができる根拠をお示しいただきますよう、お願いいたします。

【東大阪キャンパス以外 業者・研究者の皆様へ】

事務局一斉休業期間中の取扱いは、原則として上記、東大阪キャンパスの取扱いに準じますが、各キャンパス・各研究所等により、休業期間等が異なりますので、ご不明な点は、所属の事務担当部署へお問合せください。

平成27年度科学研究費(補助金・一部基金)の繰越制度について

平成27年12月4日

平成27年度交付申請時に予想し得なかったやむを得ない研究遂行上の事由により年度内に執行(完了)することが困難となった補助事業については、日本学術振興会へ所定の手続きを経たうえで、文部科学大臣を通じて財務大臣の承認を得て補助金を翌年度に繰越して使用できる制度です。
本学においては、下記のとおり繰越承認申請に係る申出期限(学内締切)を設けていますので、該当される場合は、学術研究支援部(東大阪キャンパスに所属の方)・各事務担当部署(東大阪キャンパス以外に所属の方)へ必ず事前にご相談ください。
また、単に「授業等で多忙であったため」など研究者個人の業務エフォートに起因する事由は、一切認められませんので、十分ご留意ください。
なお、平成27年度科学研究費(基金助成金)として交付されている課題は、繰越制度に該当いたしません。

お申出期限

第1回学内締切 平成27年12月18日(金)
第2回学内締切 平成28年 1月22日(金)
大学として日本学術振興会への事前相談・協議が必要となる場合がありますので、
厳守してください。

作成提出書類

様式C-26(具体的な作成・申請方法等は、お申出いただいた方に別途ご連絡いたします。)

連絡・相談窓口

東大阪キャンパスに所属の方/学術研究支援部補助金事務課
東大阪キャンパス以外に所属の方/所属の各事務担当部署

日本学術振興会参照URL

http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/16_rule/rule.html#kurikoshi

*厚生労働科学研究費については別途対応いたしますので、ご連絡ください。

平成28年度科研費 公募に係る学内説明会について

平成27年9月9日

平成28年度科研費公募に係る学内説明会についての詳細は下記のとおりとなりますので、申請を予定される方は、学内説明会への参加が機関承認の前提条件となりますので事前に担当事務局へご連絡のうえ、必ずご出席ください。学内説明会の開催日時等は、キャンパス毎に異なりますので、ご注意ください。

平成28年度科研費公募に係る学内説明会

東大阪キャンパスに所属の方

平成27年9月25日(金) 12:15~13:00 本館7Fホール 通知文PDF

東大阪キャンパス以外に所属の方

所属の各事務部(室)にお問合せください。

研究計画調書締切等について

研究計画調書学内締切

平成27年10月13日(火)【厳守】

  • 締切当日、出張等で提出できない場合は必ず各事務局にご連絡ください。
  • 提出物
    研究計画調書(両面印刷)一部、セルフチェックシート
  • 提出方法
    電子申請システムにて手続きを完了(データを確定)していただき、「紙ベースで両面印刷出力したもの」と「セルフチェックシート(学内説明会で配付)」をご提出ください。これらの提出をもって研究計画調書提出の受付(学長承認手続き)とさせていただきますので、学内締切日を厳守ください。
    修正等がある場合は、事務局から確定データを却下のうえ修正依頼のご連絡をさせていただきます。修正がない場合は特に連絡いたしません。提出の際は必ず電子申請システムの処理状況一覧の画面にて応募状況が「所属研究機関受付中または所属部局受付中」となっていることをご確認ください。

電子申請システムのID・パスワードについて

電子申請システムのID・パスワードはe-Radシステムのものと同様です。応募資格を有する方で、ID・パスワードをお持ちでない方は、平成27年9月18日(金)までに事務局へご連絡のうえID・パスワードの発行手続きを行ってください。

応募資格の確認について

本学専任教員として、平成28年度在職(予定)されない場合は、文部科学省・日本学術振興会の定める応募資格に抵触する場合がありますので、事前に事務局にご連絡のうえご相談ください。本学においては、近畿大学の研究活動行為として学内に研究実施場所をもって常時従事している場合を除き、単なる非常勤講師や研究支援者は、応募資格を付与できませんので、十分ご留意ください。

事務局 : 連絡・相談、提出窓口はこちら

国際共同研究加速基金「国際共同研究強化」の公募について

平成27年7月24日

今年度より新たに設けられました標記基金につきまして、公募が開始されました。つきましては、学内締切を設けておりますので、応募を希望される方は科研電子申請システムにて応募書類をご作成いただき、学術研究支援部補助金事務課(東大阪キャンパスに所属の方)・各事務担当部署(東大阪キャンパス以外に所属の方)へご提出いただきますようお願いいたします。なお、本件の応募に際しては、所属部局の合意が必要であるとともに、申請前に所属部局を通じて人事所管の内諾を必ず得ていただきますようお願いいたします。

[概要]

  • 対象:
    「基盤研究(海外学術調査を除く)」又は「若手研究」に採択されている研究者(36~45歳)が一人で一定期間海外の大学や研究機関において海外共同研究者と共同で行う研究計画であって、すでに採択されている研究計画を格段に進展させることが期待される研究計画
  • 応募総額:
    1,200 万円以下(応募時には、「渡航費・滞在費」「研究費」「代替要員を確保するための経費」の各経費は、400 万円を上限とします。)
  • 採択予定件数:
    400 件程度

詳細につきましては下記ホームページをご参照ください。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/boshu/1360162.htm

[学内締切]

平成27年9月1日(火)

事務局夏季一斉休業中の事務手続きについて

平成27年7月22日

科犬くん

【東大阪キャンパス 研究者の皆様へ -発注-】

事務局一斉休業期間中、科学研究費、寄附・受託研究費による「発注承認行為」、「アルバイト雇用事前確認行為」は休止しています。つきましては、研究遂行上、急を要する発注等の場合は、8月21日(金)以降に「事後確認」として対応いたしますので、ご承知おきください。

【東大阪キャンパス 業者・研究者の皆様へ-納品・検収-】

事務局一斉休業期間中、検収拠点における科学研究費、寄附・受託研究費による物品等の「検収行為」は休止しています。つきましては、研究遂行上、急を要する納品の場合は8月21日(金)以降に「事後確認」として対応いたしますので、ご承知おきいただくとともに事後で納品確認・検収ができる根拠をお示しいただきますよう、お願いいたします。

【東大阪キャンパス以外 業者・研究者の皆様へ】

事務局一斉休業期間中の取扱いは、原則として上記、東大阪キャンパスの取扱いに準じますが、各キャンパス・各研究所等により、休業期間等が異なりますので、ご不明な点は、所属の事務担当部署へお問合せください。

平成27年度科研費(補助金分)の「調整金」による前倒し使用の申請及び科研費(基金分、一部基金分)の前倒し支払請求について

平成27年7月8日

本学においては、下記のとおりに科研費(補助金分)の「調整金」による前倒し使用の申請及び科研費(基金分、一部基金分)の前倒し支払請求に係る申出期限(学内締切)を設けていますので、希望される場合は、学術研究支援部(東大阪キャンパスに所属の方)・各事務担当部署(東大阪キャンパス以外に所属の方)へ必ず事前にご相談のうえ、それぞれ「前倒し使用申請書兼変更交付申請書及び交付請求書」または、「前倒し支払請求書」を作成ください。

ただし、前倒しにおいてはそれに至る背景や必要性、前倒しによって次年度の交付額が減額になっても当該研究が遂行できる見込みや当該年度以降の研究計画まで説明できるものでないと承認されませんので十分ご留意ください。

東大阪キャンパス平成27年度科研費執行研究者の皆様へ

平成27年5月21日

本学では、研究活動の円滑な遂行と外部研究費の適正執行等を鑑み、文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」(平成26年2月18日改正・文部科学大臣決定)および「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日付・文部科学大臣決定)に基づき、当該研究費の執行方法等に係る学内説明会(出席必須)を実施いたします。

つきましては、該当される方へ、個別に説明会の詳細を文書でご案内していますので、公的資金の執行に際し、下記のとおり必ずご出席くださいますよう、お願いいたします。

今回の改正ガイドラインをふまえ、物品の納品検収のみならず、特殊な役務(アンケート調査・修理修繕・印刷等)に関する検収の実施が義務付られていますので、ご承知おきください。

東大阪キャンパス所属研究者対象説明会

日時 平成27年5月28日(木) 12:15~13:00 
場所 本館7階 ホール

  • 東大阪キャンパス以外に所属の方は、各部局において同様の説明会を実施しますので、所属事務担当部署から別途ご案内いたします。

連絡・相談窓口

連絡・相談窓口はこちら

科学研究費(基金・一部基金)の補助事業期間延長制度について

平成27年1月16日

平成26年度が研究計画最終年度に当たる科研費(基金・一部基金)で、予想し得なかったやむを得ない研究遂行上の事由により年度内に執行(完了)することが困難となった事業については、所定の手続きを経たうえで、日本学術振興会の承認を得て、事業期間を延長して翌年度に使用できる制度です。
本学においては、下記のとおり承認申請に係る手続期限を設けていますので、該当される場合は、学術研究支援部(東大阪キャンパスに所属の方)・各事務担当部署(東大阪キャンパス以外に所属の方)へ必ず事前にご相談ください。
また、「授業等で多忙であったため」など研究者個人の業務エフォートに起因する事由は、一切認められませんので、十分ご留意ください。
なお、平成26年度科学研究費(補助金)として交付されている課題は、当該制度に該当いたしません。
また一部基金の場合、基金分の期間延長が認められた場合であっても補助金分の補助事業期間は延長されません。

締切日

学内締切 平成27年2月16日(月)
事前相談・協議が必要となりますので学内締切は、厳守してください。
締切日以降は、対応出来ませんのでご注意ください。

作成提出書類

基金:F-14/一部基金:Z-14
科研費電子申請システムで作成し学内締切日までに、
事前連絡のうえ窓口へお越しください。

様式記載例

基金一部基金

連絡・相談窓口

東大阪キャンパスに所属の方/学術研究支援部補助金事務課
東大阪キャンパス以外に所属の方 所属の各事務担当部署

日本学術振興会HP

http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/index.html

平成26年度科学研究費(補助金・一部基金)の繰越制度について

平成26年12月8日

平成26年度交付申請時に予想し得なかったやむを得ない研究遂行上の事由により年度内に執行(完了)することが困難となった補助事業については、日本学術振興会へ所定の手続きを経たうえで、文部科学大臣を通じて財務大臣の承認を得て補助金を翌年度に繰越して使用できる制度です。
本学においては、下記のとおり繰越承認申請に係る申出期限(学内締切)を設けていますので、該当される場合は、学術研究支援部(東大阪キャンパスに所属の方)・各事務担当部署(東大阪キャンパス以外に所属の方)へ必ず事前にご相談ください。
また、単に「授業等で多忙であったため」など研究者個人の業務エフォートに起因する事由は、一切認められませんので、十分ご留意ください。
なお、平成26年度科学研究費(基金助成金)として交付されている課題は、繰越制度に該当いたしません。

お申出期限

第1回学内締切 平成26年12月20日(土)
第2回学内締切 平成27年 1月23日(金)
大学として日本学術振興会への事前相談・協議が必要となる場合がありますので、
厳守してください。

作成提出書類

様式C-26(具体的な作成・申請方法等は、お申出いただいた方に別途ご連絡いたします。)

連絡・相談窓口

東大阪キャンパスに所属の方/学術研究支援部補助金事務課
東大阪キャンパス以外に所属の方/所属の各事務担当部署

日本学術振興会参照URL

http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/16_rule/rule.html#kurikoshi

*厚生労働科学研究費については別途対応いたしますので、ご連絡ください。

平成26年度科学研究費の計画的執行について(通知)

平成26年11月6日

【平成26年度科研費執行教員 各位】

学術研究支援部補助金事務課長

標記の件につきまして、年度初めの交付説明会等においても計画的な執行をお願いしております。
しかしながら、交付を受けておられる当該経費に関し、今現在、何の理由もなく全く支出実績のない方は、研究実施計画の妥当性を問われることにもなりかねませんので、直ちに執行に着手してくださいますよう、お願いいたします。
特に補助金として交付されている課題および基金助成金研究期間最終年度の課題は、年度末の無計画な駆け込み執行とならないよう、十分ご留意くださいますよう、お願いいたします。なお、既に計画通りに研究遂行・執行されている方におかれましては何卒、ご容赦願います。

平成27年度科研費 公募に係る学内説明会について  

平成26年9月10日

平成27年度科研費公募に係る学内説明会についての詳細は下記のとおりとなりますので、申請を予定される方は、学内説明会への参加が機関承認の前提条件となりますので事前に担当事務局へご連絡のうえ、必ずご出席ください。学内説明会の開催日時等は、キャンパス毎に異なりますので、ご注意ください。

平成27年度科研費公募に係る学内説明会

東大阪キャンパスに所属の方

平成26年9月26日(金) 12:15~13:00 本館7Fホール 通知文PDF

東大阪キャンパス以外に所属の方

所属の各事務部(室)にお問合せください。

研究計画調書締切等について

研究計画調書学内締切

平成26年10月11日(土)【厳守】

  • 締切当日、出張等で提出できない場合は必ず各事務局にご連絡ください。
  • 提出物
    研究計画調書(両面印刷) 一部 セルフチェックシート
  • 提出方法
    電子申請システムにて手続きを完了(データを確定)していただき、「紙ベースで両面印刷出力したもの」と「セルフチェックシート(学内説明会で配付)」をご提出ください。これらの提出をもって研究計画調書提出の受付(学長承認手続き)とさせていただきますので、学内締切日を厳守ください。
    修正等がある場合は、事務局から確定データを却下のうえ修正依頼のご連絡をさせていただきます。修正がない場合は特に連絡いたしません。提出の際は必ず電子申請システムの処理状況一覧の画面にて応募状況が「所属研究機関受付中または所属部局受付中」となっていることをご確認ください。

電子申請システムのID・パスワードについて

電子申請システムのID・パスワードはe-Radシステムのものと同様です。応募資格を有する方で、ID・パスワードをお持ちでない方は、平成26年9月19日(金)までに事務局へご連絡のうえID・パスワードの発行手続きを行ってください。

応募資格の確認について

本学専任教員として、平成27年度在職(予定)されない場合は、文部科学省・日本学術振興会の定める応募資格に抵触する場合がありますので、事前に事務局にご連絡のうえご相談ください。本学においては、近畿大学の研究活動行為として学内に研究実施場所をもって常時従事している場合を除き、単なる非常勤講師や研究支援者は、応募資格を付与できませんので、十分ご留意ください。

事務局 : 連絡・相談、提出窓口はこちら

平成27年度科学研究費助成事業-科研費-の公募について

平成26年9月3日

平成27年度科学研究費助成事業-科研費-公募要領が公表されていますので申請を予定されている方は、あらかじめご確認ください。学内〆切等詳細は、学内説明会にてお知らせいたします。公的研究費の適正理解をふまえ、学内説明会への参加が機関承認の前提条件となります。申請を予定されている方は、事前に担当事務局へご連絡のうえ、必ずご出席ください。なお、学内説明会は9月下旬頃を予定しておりますが詳細は追ってお知らせいたします。

公募要領等詳細は下記URLをご覧ください。

【注意】

公募要領に記載されている〆切は日本学術振興会の〆切であり、本学学内〆切日とは異なります。
学内説明会参加が機関承認の前提条件となりますので、必ず学内説明会参加のうえ学内〆切日までの計画調書の提出をお願いします。

科学研究費補助金 「調整金」を利用した前倒し使用の申請について

平成26年8月5日

科犬くん

平成25年度より導入された基金化されていない研究費の前倒し使用、一定の要件を満たした場合の次年度使用を可能とする「調整金」制度について。

本学においては、下記のとおり「調整金」を利用した前倒し支払請求に係る申出期限(学内締切)を設けていますので、希望される場合は、学術研究支援部(東大阪キャンパスに所属の方)・各事務担当部署(東大阪キャンパス以外に所属の方)へ必ず事前にご相談のうえ「前倒し使用申請書兼変更交付申請書」を作成ください。

ただし、前倒しにおいてはそれに至る背景や必要性、前倒しによって次年度の交付額が減額になっても当該研究が遂行できる見込みや当該年度以降の研究計画まで説明できるものでないと承認されませんので十分ご留意ください。

  • お申出期限
    学内締切 平成26年11月18日(火)
    大学として日本学術振興会との協議が必要となる場合がありますので、厳守してください。
  • 作成提出書類
    様式及び作成上の注意は、下記日本学術振興会HPよりダウンロードしてください。
    日本学術振興会HP

平成26年度科研費(基金分、一部基金分)の前倒し支払請求について

平成26年7月14日

科犬くん

科研費(基金分、一部基金分)については、複数年度に渡る研究費であり、そのため研究の進捗状況が劇的に進むなど見込まれる場合には、次年度以降に予定していた研究費を前倒しして使用することができます。本学においては、下記のとおり前倒し支払請求に係る申出期限(学内締切)を設けていますので、希望される場合は、学術研究支援部(東大阪キャンパスに所属の方)・各事務担当部署(東大阪キャンパス以外に所属の方)へ必ず事前にご相談のうえ前倒し支払請求書を作成ください。

ただし、前倒しにおいてはそれに至る背景や必要性、前倒しによって次年度の交付額が減額になっても当該研究が遂行できる見込みや当該年度以降の研究計画まで説明できるものでないと承認されませんので十分ご留意ください。

お申出期限
第1回学内締切 平成26年8月5日(火)
第2回学内締切 平成26年11月18日(火)
大学として日本学術振興会との協議が必要となる場合がありますので、厳守してください。

  • 作成提出書類
    様式F-3(基金)、様式Z-3(一部基金)電子申請にて作成、作成方法等詳細は下記HP参照ください。
  • 日本学術振興会HP

平成26年度科学研究費に係る研究者使用ルールについて(一部変更)

平成26年6月26日

【平成26年度 科研費執行研究者 各位】

平成26年6月23日付で平成26年度の科学研究費助成事業の交付決定が行われ、それに伴い平成26年度の研究者使用ルール(補助条件/交付条件)・研究機関が行うべき事務等が発表されました。今年度、科研費を執行される方は新規・継続に関わらず、以下の研究者使用ルール(補助条件/交付条件)をご確認いただきますようお願いします。

科犬くん

東大阪キャンパス平成26年度科研費執行研究者の皆様へ平成26年5月14日

平成26年5月14日

本学では、研究活動の円滑な遂行と外部研究費の適正執行等を鑑み、文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」(平成26年2月18日改正・文部科学大臣決定)に基づき、当該研究費の執行方法等に係る学内説明会(出席必須)を実施いたします。

つきましては、該当される方へ、個別に説明会の詳細を文書でご案内していますので、公的資金の執行に際し、下記のとおり必ずご出席くださいますよう、お願いいたします。

今回の改正ガイドラインをふまえ、物品の納品検収のみならず、特殊な役務(アンケート調査・修理修繕・印刷等)に関する検収の実施が義務付られていますので、ご承知おきください。

東大阪キャンパス所属研究者対象説明会

日時 平成26年5月30日(金) 12:15~13:00 
場所 本館7階 ホール

  • 東大阪キャンパス以外に所属の方は、各部局において同様の説明会を実施しますので、所属事務担当部署から別途ご案内いたします。

連絡・相談窓口

連絡・相談窓口はこちら

平成26年度科学研究費の執行等について

平成26年5月12日

科犬くん

研究者の皆様へ

平成26年度交付内定者へは、学術研究支援部(東大阪キャンパス)・各事務担当部署(地方学部等)から個別に通知をしております。

今年度の執行(研究着手)は、交付内定日から行って差し支えありません。ただし、支出に関してのみ、国庫金の入金状況により暫くお待ちいただくこととなりますので、予めご了承ください。

また、平成25年度以前に基金助成金として採択された課題は、前年度から今年度へ年度を跨いで絶間なく執行することができます。

なお、5月30日に交付・執行に係る学内説明会の開催を予定しておりますので該当される方は必ず出席いただきますようお願いします。

〔ご参考〕執行事務手続方法

執行事務手続方法については「手続方法・各種様式」ページにて詳細をご案内しております。

参考

今回内定されなかった応募研究課題(不採択)の研究代表者のうち、第1段審査結果の開示を希望された方は、e-Rad電子申請システム上で状況が開示されていますので、ご確認ください。

業者の皆様へ

関連リンク

平成25年度科学研究費の執行等について

連絡・相談窓口

東大阪キャンパスに所属の方/学術研究支援部補助金事務課
東大阪キャンパス以外に所属の方/所属の各事務担当部署