学園章

ー 学園章は、梅の花弁を、象徴したものです。ー

五つの花弁は、大学の大、花芯も大。人そのものでもある。これは、大学の現及び未来に向っての存在と位置をかたどるものです。
一部がやや離れているのは未来志向に基づく内面の未完、さらに充溢、完熟をめざし向う形姿。

一本のつよい線に貫かれる。