創設者 世耕弘一略歴

明治26年 和歌山県東牟婁郡敷屋村西敷屋(現新宮市熊野川町西敷屋)にて誕生
明治41年(15歳) 高等小学校を卒業、新宮市内の材木店へ丁稚奉公
大正3年 (21歳) 東京深川の材木商社に就職、その後満州(現中国東北部)へ渡る 
大正6年 (24歳) 満州から帰国、正則英語学校へ通う
大正7年 (25歳) 専検に合格、日本大学予科に入学
2年後に日本大学法文学部へ進学
大正12年(30歳) 日本大学を卒業、朝日新聞社に就職 9月、ドイツ留学へ
昭和2年 (34歳) ドイツから帰国、日本大学講師となる
昭和6年 (38歳) 日本大学教授となる
昭和7年 (39歳) 衆議院議員に初当選(以後、8回当選)
昭和16年(48歳) 東條軍事政権に抵抗、尾崎行雄氏、鳩山一郎氏らと同交会を結成、 世話人となる
昭和18年(50歳) 日本大学理事に就任
昭和19年(51歳) 大阪専門学校の校長に着任
昭和21年(53歳) 内務政務次官に就任
翌年、隠退蔵物資の摘発に乗り出す
昭和24年(56歳) 近畿大学を創設、総長に就任
昭和30年(62歳) 衆議院法務委員長となる
昭和34年(66歳) 第二次岸内閣の国務大臣に就任
昭和38年(70歳) 藍綬褒章を授与される
昭和40年(72歳) 勲一等瑞宝章を拝受する
肝臓疾患のため急逝、従三位に叙せられる

世耕弘一

世耕 弘一
KOICHI SEKO
近畿大学創設者

関連リンク