水産学科について

水産学科について

概要

水産学科の求める学生像

水産学科では、水域の食糧生産・生物的諸現象・生態系・環境保全に興味があり、勉学意欲に富む人を求めます。

Vision

幅広い分野における水産学のプロを養成

海洋資源が食品だけではなく医薬品や工業用材料、エネルギーなどにも海洋資源が利用されるようになり、その一方で海洋の環境汚染が問題となっている現在、水産業の重要性はますます高まっています。水産学科では、生物、増養殖、漁業、水産加工業、流通など水域の食糧生産にかかわる学問分野から、水域生態系の評価・保護・改善・修復・共生などの環境保全分野まで、幅広い分野の教育・研究を進めています。

基礎・応用知識と実践力を修得した上で、社会奉仕やインターンシップ、実践的フィールドワークに出向くなど本学科独自のカリキュラムを編成。世界的な設備と技術を誇る近畿大学水産研究所をはじめとする学内外の諸施設で体験型講義も開講し、現場に即した問題意識を高めながら、水産学のプロをめざします。

水産学科の教育プログラムが育成をめざす技術者像

「持続的な水域の食糧生産」という人類の命運を握る大命題に対し,多様な面から対応できる実践力のある人物

水産学科の学習教育目標がめざす水準

  • 大学卒業後の現場において即戦力となるための基礎的な知識と最低限の経験をもっていること。
  • グローバル化が進む現代において,活躍の場を日本国内に限定するのではなく,積極的に海外へ打って出るための最低限のコミュニケーション能力をもっていること。なお,コミュニケーション能力とは言語だけの問題ではなく,いかに他者のことを考え,協働できる対応力を持っているかも大きな要素のひとつとなる。

TOPICS

2008年に国家的プロジェクト「グローバルCOEプログラム(5年間継続)」に、水産研究所と大学院農学研究科の「クロマグロ等の養殖科学の国際教育研究拠点」が選ばれました。2003年の21世紀COEプログラム採択に引き続く快挙です。

JABEE教育プログラム

JABEE(日本技術者教育認定機構)とは、理工農学系の学会・協会と密接に連携しながら、各教育機関の技術者教育プログラムが社会の要求水準を満たしているかを審査し認定する団体です。これまで我が国には、国際的な技術士資格はありませんでしたが、アメリカやイギリスをはじめ世界の数カ国には、優れた技術者の能力を証明する国際的に認知された資格があり、資格の同等性を国際的に承認する協定である「ワシントン・アコード(WA)」により共通化されていました。2001年にJABEEは英語圏以外で初めて、世界に通用する認定団体としてWAへの加盟が許可されました。

JABEE 教育プログラムには、社会の要求水準を満たす人物を育成しているかが問われます。すなわち、人類の幸福・福祉について考え、技術が社会や自然に及ぼす影響を理解し、技術者としての責任を自覚した人物であること。さらに、「論理的に書き、話すことで意見を相手に伝え、意見を交わす国際コミュニケーション能力」「数学・自然科学・(IT)技術の基礎知識を備え、それを応用する能力」「自ら進んで学習を継続する能力」「様々な分野の科学・技術・情報を利用して社会のニーズを解決する方策をデザインする能力」「与えられた条件下で計画的に仕事を進め、まとめる管理能力」「チームで仕事をするための能力」を有していることが求められます。これらの要求水準はすなわち、本学科が行うJABEE教育プログラムを修了した時点の学生の姿にほかなりません。

JABEEが認定する教育課程を修了した卒業生には、修習技術者の資格が与えられ、技術士第一次試験が免除されます。

・第3回水産学科研究室対抗スポーツ春季交流大会(ウェルネス活動の一環)を開催しました
2017.05.28

・第2回水産学科研究室対抗スポーツ秋季交流大会(ウェルネス活動の一環)を開催しました
2015.11.09

Close Up

クロマグロの完全養殖をはじめ、世界に誇る研究を展開

クロマグロの完全養殖に世界で初めて成功したことを足がかりに、文部科学省の大型プロジェク卜により大きな研究費を獲得し、今や世界をリードする養殖研究拠点として広く認知されています。また教育面において、水産学科のカリキュラムはJABEE(日本技術者教育認定機構)の認定を受けており、卒業後に活躍できる水産技術士の育成に努めています。

群れで暮らす、イルカの社会行動を見てみよう
[海棲哺乳類学研究室]

イルカのふれあい行動

陸にすむ晴乳類では、ふれあいが大切なことはよく知られています。イルカ同士も胸ビレで相手をこすり、身体をきれいにすると同時に、仲のよい個体同士が絆を深めていると考えられています。水族館のイルカでは、ケンカをした後にふれあいがよく見られ、関係を修復していると考えられています。また、伊豆諸島の野生のイルカたちは、ふれあい行動の時に左の胸ビレを使うことが多いのですが、その理由は不明で、今後の研究に委ねられています。

イルカと人間との共通点

イルカはニ頭で並んで泳ぐ行動が多く見られます。向調遊泳と言われ呼吸や動きを合わせることで、幹を深めているのではないかと考えられます。母子はピッタリと寄り添って泳ぎます。もう少しだけ離れているのがメス同士で、さらに距離をとるのがオス同士であることが多いのですが、こうした距離感については、人間のベアと共通点があるようです。人間の親子は親密なスキンシップとして抱っこやおんぶをしますし、若い女性同士は寄り添って歩き、時には手をつないで歩く姿も見受けられます。それに対して男性同士では少し間隔をあけて歩くことが多いでしょう。人間も相手との距離感を自然と保っていますが、イルカでも同じような感覚があるのかもしれません。

学科紹介動画