学科長挨拶

世界レベルの貢献につながる基礎応用研究を展開

世界的な問題である医療、創薬、食糧、エネルギー問題の4分野にわたる基礎応用研究に取り組んでいます。今注目を浴びている再生医療や、植物に潜む未知の物質を活用した創薬、家畜の多産につながるクローン動物、植物を用いた新しいエネルギーの創出など、いずれもダイナミックで地球規模の問題を解決する研究です。将来、世界レベルの貢献を志すフロンティア精神のある学生には、非常にやりがいの大きな学科だと思います。また、バイオビジネスの分野で活躍したい学生にも適したカリキュラムがあり、その最前線で活動する企業を訪問する機会も提供しています。

グローバルな問題を研究テーマとしていますが、入り口は身近な事象に対する興味・関心を持つことです。植物や動物のカラダは、どのように形作られているのか。そうしたことに対する疑問からスタートして、独自の発想力を磨いていきましょう。

川﨑 努 TSUTOMU KAWASAKI 教授
川﨑 努
TSUTOMU KAWASAKI
教授