農業生産科学科について

農業生産科について

概要

農業生産科学科の求める学生像

農業生産科学科では「環境と健康に配慮した食糧生産をめざし、教育・研究を行っています。したがって、食糧問題、環境問題や生物のいやし効果に強い関心があり、勉学意欲に富む人を求めます。

Vision

健康と環境に配慮した21世紀型農業の確立をめざす

健康と環境に配慮した21世紀型農業の確立をめざす

「食糧生産」「生物といやし」「アグリビジネス」の3つの視点からのグローバルな教育・研究を展開しています。「食糧生産」では生物多様性と地球環境に配慮した食糧生産、「生物といやし」の視点からは花の栽培や香り成分のいやし効果の分析と応用、「アグリビジネス」では新しい農業の確立と起業家の育成をめざし、農産物の開発と生産から消費までをトータルに見据えた農業生産システムについて研究しています。

「農学野外実験」など早期から実験に取り組む機会も多く、キャンパス内には実験圃場、きのこ栽培施設、昆虫飼育施設などがあり、和歌山県には2カ所の附属農場を設けるなど施設面も充実。この恵まれた学習環境のもと、理論と実践の両面から教育・研究を進め、「健康と環境に配慮した21世紀型農業の確立」をめざします。

TOPICS

・金時いもジェラート「へぐりっこ®」期間限定販売のお知らせ

Close Up

農業や食に関する高い専門性を身につけ、卒業後は幅広い進路へ

「アグリビジネスマイスター」認定制度を開設

時代の流れとともにアグリビジネス(農業関連産業)の形態も大きく変わってきました。作物を作って終わりではなく、「いかに売れるものを作っていくか、付加価値を高めていくか」への発想の転換が、農業にも求められてきています。そのような社会のニーズにこたえる人材の育成を目的に、「アグリビジネスマイスター」認定制度を平成23年度に開設しました。生物現象の知識とともに、農産物の生産から加工、販売までをトータルに学修し、課程終了後にマイスターの称号が近畿大学農学部から与えられます。ビジネスモデルの構想能力やコーディネート能力を磨くとともに、農業の6次産業化(農業などの1次産業が生産だけでなく、加工や流通・販売を手がけること)の先進事例を学ぶため、農業法人などでの実習も実施します。

学科紹介動画