応用生命化学科について

応用生命化学科について

概要

応用生命化学科の求める学生像

応用生命化学科では、生物の特性を生かした新しい資源を利用し、人類が直面する課題の解決に挑むことができる人を求めます。

Vision

生物を化学的視点から理解した即戦力を育成

生物を化学的視点から理解した即戦力を育成

応用生命化学は、人口の増加に伴うエネルギー危機や食糧危機、健康問題など、人類が地球規模で直面する諸問題を解決する鍵として注目を集める学問です。本学科では、生物の特性を生かした様々な研究を展開しています。生命、資源、食糧、環境の4つの柱のもと、機能性食品の開発、微生物代謝産物や未利用植物資源の活用など、生物系と化学系の両面から、私たちの生活を豊かにする研究に取り組んでいます。

また、最先端の技術を駆使し、マツタケの人工栽培、農薬・医薬品などの実社会に役立つモノづくりにも挑戦しています。実学志向の環境のもとで、生物を化学的視点から理解し、産業界で即戦力となれる人材を育成します。

TOPICS

酒類試験製造免許取得(清酒・ビール・果実酒・甘味果実酒)

近畿大学農学部・応用生命化学科ではお酒の製造技術を通してバイオテクノロジー技術の基礎が学べます(2006年8月~)。

日本酒(清酒)の発酵過程には、麹菌、乳酸菌、酵母といった複数の微生物が関与しています。そのため、良い製品を作るためには、これらの微生物の働きをよく理解し、微生物たちがより働きやすい環境を整えることが大切です。よって、日本酒の製造工程には、微生物を利用して、人間に有用なものを作る技術のヒントがたくさん隠されており、バイオテクノロジー技術の宝庫といえます。
応用生命化学科では、清酒・ビール・ワインなどの製造実習を通じて、お酒の発酵に必要な技術を学ぶだけでなく、基礎的・応用的なバイオテクノロジー技術も学ぶことができます。

実習風景(応用生命化学実験V)

クロマグロの完全養殖に世界で初めて成功したことを足がかりに、文部科学省の大型プロジェク卜により大きな研究費を獲得し、今や世界をリードする養殖研究拠点として広く認知されています。また教育面において、水産学科のカリキュラムはJABEE(日本技術者教育認定機構)の認定を受けており、卒業後に活躍できる水産技術士の育成に努めています。

ビールの素(麦汁)の調整

ビールの素(麦汁)の調整

ホップ入り麦汁の調製

ホップ入り麦汁の調製

種菌酵母の植菌

種菌酵母の植菌

・農薬研・制御研創立50周年記念祝賀会を開催しました。
2017.05.23

・平成27年度 応用生命化学科 新入生歓迎会を開催しました。
2015.04.25

・平成26年度 応用生命化学科 新入生歓迎会
2014.04.26

・応用生命化学科 基礎ゼミ「課題研究とプレゼンテーションコンペ」
2013.04

Close Up

実社会で求められる生物系・化学系の知識を身につける

応用生命化学科では酒類試験製造免許を取得しており、ビールなどの製造実習を通して、酒の発酵に必要な技術や生物工学技術を学ぶことが可能です。また、食品工学、有機反応化学、森林科学、植物科学、農薬化学など、実社会で広く求められる生物系・化学系の知識を修得することができ、卒業後は幅広い業種の企業で活躍が期待されます。

生活習慣病や食物アレルギーの予防・治療に役立つ食品成分
[応用細胞生物学研究室]

化学の力で挑む、ものづくり

「医食同源」という言葉があるように、病気と食はとても深い関係があります。ですが、まだまだ解明されていない部分も多く、そのナゾに迫る学問が応用生命化学です。例えば、応用細胞生物学研究室で取り組んでいるのが、生活習慣病や食物アレルギーと食の関係。疾病の発症機構を解明したり、予防や治療に役立つ食品成分についての研究を進めています。すでに、肥満に関わる脂肪細胞の働きを適正化する食品成分を見つけたり、「腹部大動脈瘤」の発症メカニズムの解明と予防に有効な食品成分の発見で実績をあげてきました。また、アレルギーの発症機構を解明し、原因となるアレルゲンに関する研究にも注力しています。こうした研究から、機能性食品の開発やアレルゲンリスクの低減化といった成果をめざしています。

培養細胞に対する食品成分の影響を解析する

培養細胞に対する食品成分の影響を解析する

培養脂肪細胞に含まれる油滴の蛍光検出

培養脂肪細胞に含まれる油滴の蛍光検出

米の機能分子の可視化

米の機能分子の可視化

学科紹介動画