学科長挨拶

水産物は今後、世界的により注目される分野

世界的な人口増加の流れの中で、水域における食糧生産のニーズは、今後飛躍的に高まっていくことが予想されています。食糧確保という観点に加え、健康面からも畜産物以上に魚が注目されつつあり、これから水産物がより一層脚光を浴びる時代が必ずやってきます。国内消費だけではなく輸出も増加する傾向にありますので、安心・安全な水産物を世界に売り込むというビジネスの分野に関心を持つ人にも注目してほしい学科です。

クロマグロの完全養殖に世界で始めて成功するなど、世界的な研究成果を誇る本学ですが、水産学科では他にもチャレンジングな研究がさまざまに展開されています。水域の食糧生産と環境保全という、世界中の人々が必要とするフィールドで活躍できるプロをめざしてください。

多田 稔 MINORU TADA 教授
多田 稔
MINORU TADA
教授