学科長挨拶

化学を通じて社会に貢献できる学問

本学科では生命の特徴を化学的に捉えて、社会に応用できる研究を行っています。大学全体のプロジェクトにもなっているマツタケの人工栽培や、健康の維持・増進につながる食品創出などのほか、ゲノムの組み替えでメロンの香りを作り出すといったユニークな研究も展開しています。応用を想定しているだけに実学を重視。1年から実験に取り組み、講義とリンクさせながら実践的に知識と技術を修得できます。

企業との共同研究の多さも大きな特色です。これまでに商品化を遂げた事例もあり、実社会の方々と一緒に研究を進めることで、社会に役立っているという実感が得られます。とくに大学院に進学すると主体的に会議や打ち合わせに臨みますので、やりがいはより大きいでしょう。生命、食糧、資源、環境をキーワードに、化学を通じて社会に貢献する。それを励みに頑張れる学科です。

板倉 修司 SYUJI ITAKURA 教授
板倉 修司
SHUJI ITAKURA
教授