進路

活躍出来る分野

健康的で快適な暮らしを、生命科学の分野から支えるバイオサイエンス。21世紀を生きる私たちにとって、自然との共存や生物による高い生産性、健康的な生活を実現するための鍵となるテクノロジーです。バイオサイエンス学科では、実践的なバイオ技術を学べる研究者養成プログラムを用意。時代が求める先端領域に貢献し、未来を拓くバイオサイエンス研究者を育てます。学部時代から高度な専門教育を行うので、医薬系や食品系を含むバイオ関連企業などへ就職のほか、大学院への進学にも有利になっています。

目標とする資格

教職課程の所定科目の単位を習得することで、中学校教諭一種免許状(理科)、高等学校教諭一種免許状(理科・農業)が取得できます。博物館学芸員養成課程の所定科目を習得すると、学芸員の資格が取得可能です。危険物取扱者(甲種)の資格習得もめざします。

  • 中学校・高等学校教諭一種(理科)
  • 高等学校教諭一種(農業)
  • 学芸員
  • 危険物取扱者(甲種)

卒業論文のテーマ例

優れた専門性をもつ教員と共に、卒業研究を通して「さまざまな生命現象のなぞ」を紐解くことをめざしています。
それぞれの研究室では、生化学、酵素化学、分子生物学を駆使した基礎研究から、バイオ燃料・創薬・酵素の開発・次世代作物の開発などの応用研究まで、次世代に幅広く役立つテーマを卒業論文のテーマとして設定します。その研究成果は、世界に向けて発信され、高い評価を受けています。

  • マウス受精卵の体外発生能に及ぼす生薬の彫響
  • ES·iPS細胞を利用した発生・再生医療・生殖補助医療に関する研究
  • 遺伝子組摸えユーグレナによるバイオ燃料生産
  • 病気に強く、収量の多い次世代作物(イネ・イモ)の作出
  • 細菌ゲノムを利用した新規抗生物質の開発
  • 医薬用天然物の合成と、天然物を利用した創薬の開発
  • 資源回収・環境浄化をめざしたメタルバイオ技術の開発
  • 新規酵素の探索やプロテインエンジニアリングによる有用酵素の開発
  • DNAを素材として利用した薬の副作用をなくす研究
  • 細胞レベルでの発がんメカニズムに関する研究