学科長挨拶

水域における最先端の食糧生産と環境保全の実践

魚食文化が世界に広がり,水域の食糧生産が飛躍的に高まりつつあります。本学は,世界初のクロマグロ完全養殖に成功しましたが,現在もウナギ,クエ,ブリ等を含め,天然資源に手を付けない完全養殖産業化の最先端研究を進めています。また,品種改良,漁業資源の情報・行動解析,海洋資源の探索,安全食品の利用・加工,ビジネス化など,「作る」,「食べる」,「売る」までの一連の研究と教育が行われています。

同様に,水域の環境保全,生態研究が輝かしく,海洋の微生物と物質循環,イルカの社会行動,ウナギ,クニマス等の産卵回遊,性転換現象など,チャレンジングな研究が多数展開されています。食糧生産と環境保全の異分野の理解と協調こそが,世界のフィールドで活躍できるプロには必要でしょう。卒業研究は3年生から始まり,水産研究所等の世界有数の実践型施設を使って,社会で即戦力になる食糧生産や環境保全を学べるのが本学科の大きな特徴です。

石橋 泰典 YASUNORI ISHIBASHI 教授
石橋 泰典
YASUNORI ISHIBASHI
教授