学科長挨拶

国内外で活躍できる環境マネジメントのプロを養成

本学科では、幅広い視点から環境に関する管理能力を養っています。野生生物や生態系の保全を筆頭に、土壌や水質汚染の防止や有害物質除去、ゲリラ豪雨などに備えた洪水リスクの管理、ICTの技術を用いたモニタリングによる農業の効率化、持続可能な農業や水産業を実現するための政策提案といった分野も環境管理学科の領域です。

本学科の特徴は、フィールド・ワークによる教育・研究を中心としていることです。国内や海外の森林、河川、海、農村、漁村などの現場に出向き、野外で収集した資料や現場で見聞きしたことに基づいて環境問題を考察します。また、教員は世界各地を訪れて調査研究を行っていますので、グローバルな課題として環境問題を捉える視点も養えるでしょう。将来さまざまな環境問題を解決に導きたいという意欲をもち、国内外で活躍できる環境マネジメント能力を本学科で身につけてください。

鶴田 格 TADASU TSURUTA 教授
鶴田 格
TADASU TSURUTA
教授