教員紹介

杉浦 麗子

杉浦 麗子
教授/所長
所属 薬学部 創薬科学科
薬学研究科
薬学総合研究所
学位 博士(医学)
専門 ゲノム創薬、ゲノム薬理、細胞内情報伝達
ジャンル 医療・健康/がん治療
コメント がん化に関わる細胞内情報伝達の仕組みを遺伝子レベルで探り、副作用の少ない効果的な薬物を創製する。個人個人のゲノム情報に合わせた副作用の少ないテーラーメード薬物治療を開発する。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2017/5/10
 朝日新聞
 皮膚がんの一種 メラノーマ撃退について
■2017/5/10
 日本経済新聞
 皮膚がんの一種 メラノーマ撃退について
●2017/5/10
 読売新聞
 皮膚がんの一種 メラノーマ撃退について
●2017/5/10
 産経新聞
 皮膚がんの一種 メラノーマ撃退について
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0052052
メールアドレス sugiurar@phar.kindai.ac.jp

分子医療・ゲノム創薬学研究室

学歴/経歴

経歴

  • 2020年10月 - 現在
    近畿大学大学院 薬学研究科長
  • 2004年4月 - 現在
    近畿大学 薬学部 分子医療・ゲノム創薬学研究室 教授
  • 2012年10月 - 2020年9月
    近畿大学 薬学部 創薬科学科 科長

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 薬系衛生、生物化学
  • ライフサイエンス, 細胞生物学
  • ライフサイエンス, 薬理学
  • ライフサイエンス, 応用分子細胞生物学
  • ライフサイエンス, 薬理学

研究キーワード

天然変性蛋白質, ストレス応答, 細胞死, ゲノム薬理学, ケミカルバイオロジー, 液ー液相分離, ストレス顆粒, カルシニューリン, 分裂酵母, 免疫制御, MAPキナーゼ, 細胞内輸送, RNA結合タンパク質, 分子遺伝学, タンパク質リン酸化, シグナル伝達, RNAバイオロジー, 転写制御, モデル生物, ゲノム創薬

論文

  1. Atg1, a key regulator of autophagy, functions to promote MAPK activation and cell death upon calcium overload in fission yeast.
    Teruaki Takasaki; Ryosuke Utsumi; Erika Shimada; Asuka Bamba; Kanako Hagihara; Ryosuke Satoh; Reiko Sugiura
    Microbial cell (Graz, Austria)  10  (6)  133-140  2023年6月5日 
  2. ACAGT-007a, an anti-cancer compound that modulates ERK MAPK signaling, induces nuclear enrichment of phosphorylated ERK in T3M4 pancreatic cancer cells.
    Golam Iftakhar Khandakar; Yoichi Miyamoto; Ryosuke Satoh; Kenta Kishimoto; Mingzuo Xie; Mengyu Shih; Teruaki Takasaki; Genzoh Tanabe; Masahiro Oka; Reiko Sugiura
    Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms  2023年3月21日 
  3. Cutting Edge Developments in RNA Biology for the Control of Gene Expression
    Reiko Sugiura
    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN  46  (2)  138-138  2023年2月 

MORE

書籍等出版物

  1. 図解腫瘍薬学 , 川西, 正祐; 賀川, 義之; 大井, 一弥 , がん特異的シグナル伝達 , がん特異的シグナル伝達 , 南山堂 , 2020年7月
  2. 酵母の生命科学と生物工学 : 産業応用から基礎科学へ (DOJIN BIOSCIENCE SERIES) , 原島 俊; 高木 博史 , 化学同人 , 2013年8月7日
  3. 岩波 生物学辞典 第5版 , 巌佐 庸; 倉谷 滋; 斎藤 成也; 塚谷 裕一 , 岩波書店 , 2013年2月27日

MORE

講演・口頭発表等

  1. The mechanism of alfa-Synuclein aggregation and toxicity revealed by the fission yeast model system: The role of calcineurin signaling and its relevance to Parkinson's disease , Reiko Sugiura , 第44回日本分子生物学年会 , 2021年12月3日
  2. Chemical genetic screen for medicines targeting the aggregation and cytotoxicity of α-synuclein using a fission yeast model of Parki , Yoshitaka Sugimoto; Teruaki Takasaki; Ryo Kurosaki; Yuto Tarui; Yuji Tatsumi; Ryosuke Sato; Reiko Sugiura , 第44回日本分子生物学年会
  3. Mechanism of a novel anticancer compound ACA-28 to regulate ERK MAPK signaling in relation to the nuclear export system , Daiki Fujiwara; Teruaki Takasaki; Naofumi Tomimoto; Takamasa Toyoda, Golam; Khandakar; Ryosuke Satoh; Masahiro Oka; Yoshihiro Yoneda; Reiko Sugiura , 第44回日本分子生物学年会

MORE

MISC

  1. 相分離とMAPKシグナル伝達制御のクロストーク—がん治療標的としてのストレス顆粒 , 佐藤 亮介; 杉浦 麗子 , 生化学 , 94 , 4 , 557 , 565 , 2022年8月25日
    概要:液–液相分離は“ストレス顆粒”に代表される「膜を持たない細胞内オルガネラ」の形成を介してストレス応答,遺伝子発現制御,シグナル伝達などさまざまな生理的役割を担う.特にストレス顆粒が,MAPKをはじめとした細胞内シグナル伝達ネットワークを時空間的に制御する「シグナル伝達のハブ」として,種を超えた役割を担うことが明らかになりつつある.興味深いことに,酵母からヒトに至る真核生物において,増殖やがん化をつかさどるシグナル伝達経路がストレス顆粒の形成を制御することが報告されている.さらには,ストレス顆粒の形成異常ががんの進展と密接に関わることからも,“ストレス顆粒を標的としたがん治療”というコンセプトは強い注目を集めている.本稿では,「MAPKシグナル制御機構におけるストレス顆粒の役割」,さらには新たながん治療標的としてのストレス顆粒のポテンシャルについて,筆者らの最新の研究成果をまじえて概説する.
  2. Pck2のストレス顆粒局在化を介したPmk1 MAPK経路のネガティブフィードバック機構—Negative feedback regulation of the Pmk1 MAPK pathway through the sequestration of Pck2 into stress granules , 佐藤 亮介; 杉浦 麗子 , 細胞 , 54 , 8 , 466 , 469 , 2022年7月
  3. PKC/Pck2がストレス顆粒へ移行するメカニズムとPKC/MAPKシグナルの負のフィードバック機構の解析 , 冨本 尚史; 神田 勇輝; 佐藤 亮介; 高崎 輝恒; 杉浦 麗子 , 日本薬学会年会要旨集 , 142年会 , 27J , pm02S , 2022年3月

MORE

産業財産権

  1. 抗腫瘍剤 , 杉浦 麗子, 村岡 修, 筒井 望, 喜多 綾子, 久能 樹 , 特許第6047309号
  2. キャビコール類縁体化合物およびMAPキナーゼシグナル伝達阻害薬 , 杉浦 麗子, 萬瀬 貴昭, 村岡 修, 吉川 雅之, 安原 智久 , 特許第5774049号
  3. 容器の栓体 , 石渡 俊二, 多賀 淳, 藤田 秀樹, 西田 升三, 喜多 綾子, 杉浦 麗子 , 特許第5716064号

MORE

受賞

  1. 2018年6月, 神戸大学, 優秀研究者賞
  2. 2004年3月, 上原記念生命科学振興財団, 上原記念生命科学振興財団 研究奨励賞
  3. 2001年, 日本薬理学会学術奨励賞

MORE

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), ERKの過剰な活性化を標的としたがん細胞特異的細胞死誘導機構 , 近畿大学
  2. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), MAPキナーゼシグナル制御機構の解明とケミカルゲノミクスへの展開 , 近畿大学
  3. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型), 多様性と非対称性を獲得するRNAプログラム研究の総合的推進

MORE