教員紹介

杉浦 麗子

杉浦 麗子
教授/創薬科学科長
所属 薬学部 創薬科学科
薬学研究科
薬学総合研究所
学位 博士(医学)
専門 ゲノム創薬、ゲノム薬理、細胞内情報伝達
ジャンル 医療・健康/がん治療
コメント がん化に関わる細胞内情報伝達の仕組みを遺伝子レベルで探り、副作用の少ない効果的な薬物を創製する。個人個人のゲノム情報に合わせた副作用の少ないテーラーメード薬物治療を開発する。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2017/5/10
 朝日新聞
 皮膚がんの一種 メラノーマ撃退について
■2017/5/10
 日本経済新聞
 皮膚がんの一種 メラノーマ撃退について
●2017/5/10
 読売新聞
 皮膚がんの一種 メラノーマ撃退について
●2017/5/10
 産経新聞
 皮膚がんの一種 メラノーマ撃退について
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0052052
メールアドレス sugiurar@phar.kindai.ac.jp

分子医療・ゲノム創薬学研究室

学歴/経歴

経歴

  • 2012年10月 - 現在
    近畿大学 薬学部 創薬科学科 科長
  • 2004年4月 - 現在
    近畿大学 薬学部 分子医療・ゲノム創薬学研究室 教授

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 薬系衛生、生物化学
  • ライフサイエンス, 細胞生物学
  • ライフサイエンス, 薬理学
  • ライフサイエンス, 応用分子細胞生物学
  • ライフサイエンス, 薬理学

研究キーワード

ストレス応答, 細胞死, ゲノム薬理学, ケミカルバイオロジー, 液ー液相分離, ストレス顆粒, カルシニューリン, 分裂酵母, 免疫制御, MAPキナーゼ, 細胞内輸送, RNA結合タンパク質, 分子遺伝学, タンパク質リン酸化, シグナル伝達, RNAバイオロジー, 転写制御, モデル生物, ゲノム創薬, カルシウムシグナル

論文

  1. Domain selective labeling for NMR stuies of multidomain proteins by domainligation using highly ative sortase A
    Takahiro Aizu, Takumi Suzuki, Akihiro Kido, Kan Nagai, Ayaho Kobayashi, Reiko Sugiura, Yutaka Ito, Masaki Mishima
    Biochim Biophys Acta Gen Subj  1864  (2)  129419-129419  2020年2月  [査読有り]
  2. PKN1 kinase-negative knock-in mice develop splenomegaly and leukopeniaat advanced age without obvious autoimmune-like phenotypes
    Salman Mahmud Siddique, Koji Kubouchi, Yuka Shinmichi, Nana Sawada, ReikoSugiura, Yasushi Itoh, Shunsuke Uehara, Kanae Nishimura, Shunsuke Okamura, Hiroyuki Ohsaki, Shingo Kamoshida, Yusuke Yamashita, Shinobu Tamura, TakashiSonoki, Hiroshi Matsuoka, Tomoo Itoh, Hideyuki Mukai
    Scientific Reports  9  (1)  13977-13977  2019年9月27日  [査読有り]
  3. Distinct modes of stress granule assembly mediated by the KH-type RNA-binding protein Rnc1.
    Satoh R, Hara N, Kawasaki A, Takasaki T, Sugiura R
    Genes to Cells  23  (9)  778-785  2018年7月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 酵母の生命科学と生物工学 : 産業応用から基礎科学へ (DOJIN BIOSCIENCE SERIES) , 原島 俊, 高木 博史 , 化学同人 , 2013年8月7日
  2. 岩波 生物学辞典 第5版 , 巌佐 庸, 倉谷 滋, 斎藤 成也, 塚谷 裕一 , 岩波書店 , 2013年2月27日
  3. Welcome toゲノムワールド―ゲノム創薬科学最前線 , 杉浦麗子 , 単著 , 京都廣川書店 , 2010年12月

MORE

講演・口頭発表等

  1. 新規ERKシグナル調節薬ACA-28が多様なERK活性化癌細胞に対してERK依存的細胞死を引き起こす分子機構についての解析 , 濵田直弥、佐藤亮介、高崎輝恒、田邉元三、益子高、杉浦麗子 , 第42回日本分子生物学会年会 , 2019年12月6日
  2. ERK MAPK活性化を利用したがん細胞選択的アポトーシス誘導化合物の開発 , 佐藤亮介、濵田直弥、石川文洋、高崎輝恒、田邉元三、杉浦麗子 , 第42回日本分子生物学会年会 , 2019年12月6日
  3. 新規抗がん剤候補化合物ACA-28依存的なアポトーシス誘導機構 におけるMAPK Phosphatase DUSP6の役割 , 水野綾美、宮本理穂、神田勇輝、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子 , 第42回日本分子生物学会年会 , 2019年12月6日

MORE

MISC

  1. RNA結合タンパク質Rnc1の局在制御 , 佐藤 亮介, 杉浦 麗子 , 月刊「細胞」 , 51 , 12 , 53 , 55 , 2019年9月
  2. RNA結合タンパク質Rnc1の局在制御 , 佐藤 亮介, 杉浦 麗子 , Precision Medicine , 2 , 6 , 59 , 62 , 2019年6月
  3. RNAとエピジェネティクスからの創薬へ , 佐藤 亮介, 杉浦 麗子 , 生体の科学 , 69 , 4 , 2018年

MORE

特許

  1. 抗腫瘍剤 , 杉浦 麗子, 村岡 修, 筒井 望, 喜多 綾子, 久能 樹 , 特許第6047309号
  2. キャビコール類縁体化合物およびMAPキナーゼシグナル伝達阻害薬 , 杉浦 麗子, 萬瀬 貴昭, 村岡 修, 吉川 雅之, 安原 智久 , 特許第5774049号
  3. 容器の栓体 , 石渡 俊二, 多賀 淳, 藤田 秀樹, 西田 升三, 喜多 綾子, 杉浦 麗子 , 特許第5716064号

MORE

受賞

  1. 2018年6月, 神戸大学, 優秀研究者賞,
  2. 2004年3月, 上原記念生命科学振興財団, 上原記念生命科学振興財団 研究奨励賞,
  3. 2001年, 日本薬理学会学術奨励賞,

MORE

競争的資金

  1. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), ERKの過剰な活性化を標的としたがん細胞特異的細胞死誘導機構
  2. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), MAPキナーゼシグナル制御機構の解明とケミカルゲノミクスへの展開
  3. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型), 多様性と非対称性を獲得するRNAプログラム研究の総合的推進

MORE