臨床薬学部門・臨床薬剤情報学分野

研究課題

医療ビッグデータの解析による医薬品安全性評価研究
医療ビッグデータの解析によるドラッグリポジショニング(DR)研究
リアルワールドデータの解析研究
医薬品適正使用に関する臨床薬学研究

研究室紹介

 日々医療現場で発生する薬物療法に関連する情報が蓄積されています。近年、これらの一見何の意味も持たない膨大な情報を解析し、 その中から意味のある貴重な情報を抽出して、それを活用しようとするデータマイニングが注目されています。 また、これらの実際の医療の結果として得られたデータは、臨床試験という架空の世界から得られたデータと区別する意味で、 リアルワールドデータと呼ばれるようになってきました。 リアルワールドデータから得られた評価こそが真に信頼できる評価であると考え方が急速に広まりつつあります。 私たちの研究室では、このリアルワールドにおける医療ビッグデータをデータマイニングの手法を用い多角的に解析し、 医薬品の安全性評価を行う研究や逆に新たな効能効果を見出そうとする研究を行っています。 さらに、解析の結果得られた貴重な情報を迅速に臨床にフィードバックするため、学会発表を積極的に実施しています。 現在、一般に公開されている国内外の医療関連データベースや医療施設などから提供される処方データや レセプト情報を対象に研究を行っています。