教員紹介

川瀬 篤史

川瀬 篤史
准教授
所属 薬学部 医療薬学科
学位 博士(薬学)
専門 生物薬剤学・薬物速度論
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 薬物の作用や副作用を決定する因子のひとつである薬物体内動態(吸収・分布・代謝・排泄)について。薬物体内動態を制御することで薬の効果を最大限に得るドラッグデリバリーシステムについて。
リサーチマップ https://researchmap.jp/akawase
メールアドレス kawase@phar.kindai.ac.jp

生物薬剤学研究室

学歴/経歴

学歴

  • 2000年4月 - 2002年3月
    京都大学大学院 薬学研究科 博士前期課程
  • 2002年4月 - 2005年3月
    京都大学大学院 薬学研究科 博士後期課程

経歴

  • 2005年4月 - 2007年3月
    近畿大学 薬学部 助手
  • 2007年4月 - 2008年3月
    近畿大学 薬学部 助教
  • 2008年4月 - 2018年3月
    近畿大学 薬学部 講師
  • 2018年4月 - 現在
    近畿大学 薬学部 准教授

研究活動情報

研究分野

  • 薬学, 医療系薬学

研究キーワード

drug delivery, inflammation, toxicity, 炎症, トランスポーター, 肝障害, 多剤耐性

論文

  1. Changes in transporters and metabolizing enzymes in the livers of rats with bile duct ligation
    Atsushi Kawase, Akira Kazaoka, Rei Yamamoto, Risa Minakata, Hiroaki Shimada, Masahiro Iwaki
    J Pharm Pharm Sci  2019年  [査読有り]
  2. Inhibitory effect of Ocimum gratissimum leaf extract on post-prandial increase of blood glucose
    Hiroaki Shimada, Chiaki Kuma, Taichi Iseri, Shin-ichi Matsumura, Atsushi Kawase, Masayoshi Matsuura, Masahiro Iwaki
    Nat Prod Commun  2019年  [査読有り]
  3. Clotrimazole troches can alter everolimus pharmacokinetics in post-transplant patients: A case report
    Takaya Uno, Kyoichi Wada, Sachi Matsuda, Megumi Ikura, Hiromi Takenaka, Nobue Terakawa, Akira Oita, Satoshi Yokoyama, Atsushi Kawase, Kouichi Hosomi, Mitsutaka Takada
    Br J Clin Pharmacol  2019年  [査読有り]

MORE

講演・口頭発表等

  1. Modulation of transporter activities in hepatocytes and cancer cells by knockdown of transporter-associated proteins , 川瀬篤史 , The 2nd Workshop for Korea-Japan Young Scientists on Pharmaceutics , 2018年7月10日
  2. カンカニクジュヨウ中主成分エキナコシド,アクテオシドのグルコース/Na+共輸送トランスポーター阻害作用 , 島田紘明,卜部裕一,岡本雄平,川瀬篤史,李 征,森川敏生,村岡 修,岩城正宏 , 日本生薬学会第64回年会 , 2017年
  3. 病態時のトランスポーター変動と特異体質性肝障害発症機序の解明 , 川瀬篤史 , 病態情報薬学分野設立20周年記念講演会 , 2017年

MORE

MISC

  1. P1-245 エノキサシンキレート子のピボキシルエステル化による金属含有制酸剤併用時の血中エノキサシン濃度への影響(一般演題 ポスター発表,薬物動態・TDM・投与設計,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学) , 今仲 洸, 大鳥 徹, 沖吉 慶子, 岡本 佳世, 瀬川 雅彦, 西脇 敬二, 川瀬 篤史, 岩城 正宏, 松山 賢治 , 日本医療薬学会年会講演要旨集 , 20 , 2010年10月25日 , http://ci.nii.ac.jp/naid/110008108627
  2. P2-258 血液透析患者における高用量レボフロキサシン薬物動態の検討(一般演題 ポスター発表,薬物動態・TDM・投与設計,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学) , 太田 美由希, 浦田 元樹, 北村 芳子, 崔 吉永, 岡村 幹夫, 稲荷場 ひろみ, 根来 伸夫, 川瀬 篤史, 岩城 正宏 , 日本医療薬学会年会講演要旨集 , 20 , 2010年10月25日 , http://ci.nii.ac.jp/naid/110008109256
  3. 初年次における分野横断的統合型薬学教育の試み , 安原 智久, 川 直人, 八木 秀樹, 伊藤 栄次, 川瀬 篤史, 大鳥 徹, 和田 哲幸, 松山 賢治, 岩城 正宏 , YAKUGAKU ZASSHI , 130 , 12 , 1647 , 1653 , 2010年 , http://ci.nii.ac.jp/naid/130000451722
    概要:  The six-year pharmacist education course has begun, and now first-year students receive clinical training. Interdisciplinary problem-solving capabilities covering chemistry, biology, molecular biology, pharmacology, pathology, and pharmacokinetics are necessary for new pharmacists. However, the conventional pharmaceutical science education was so separate from other fields that education for interdisciplinary cooperative capability was insufficient. This was especially true of elemental science courses, because they are not directly connected with clinical knowledge, and there is a problem of low student interest in those courses. As a result, students acquired only recall-level knowledge in clinical courses and their problem-solving capabilities in clinical treatment and drug development deteriorated. Therefore we offered a trial lecture aimed to help students recognize the important relationship between elemental science courses and clinical courses and increase their motivation to enroll in these courses. Specifically, the trial lecture covered cancer therapy, in reference to mechanisms of carcinogenesis, epidemiology, physiology of cancer, anticancer drugs with explanations of the mechanism of action of carcinogens, anticancer drugs, and molecular-targeted drugs from the viewpoints of organic chemistry and biochemistry by a specialized teacher. This paper reports on this experimental lecture with evaluations from students.

MORE

受賞

  1. 2002年5月, 遺伝子・デリバリー研究会, 遺伝子・デリバリー研究会奨励賞,
  2. 2014年1月, 日本薬学会, 日本薬学会近畿支部奨励賞,
  3. 2014年12月, 日本薬剤学会, Global Education Seminar Presentation Award,

MORE

競争的資金

  1. 独立行政法人 日本学術振興会 科学研究費助成(基盤研究(C)), トランスポーター周辺タンパク質は抗がん薬多剤耐性克服のターゲットとなり得るか? , 川瀬 篤史
  2. 独立行政法人 日本学術振興会, 科学研究費助成(基盤研究(C)), 特異体質性肝障害にアシルCoAチオエステル中間代謝物は関与しているか? , 岩城正宏
  3. 独立行政法人 日本学術振興会, 科学研究費助成(若手研究 (B)), ERMタンパク質リン酸化状態およびトランスポーター機能に対する炎症因子の影響 , 川瀬篤史

MORE