教員紹介

関口 富美子

関口 富美子
准教授
所属 薬学部 医療薬学科
薬学研究科
学位 博士(薬学)
専門 薬理学・病態生理学
ジャンル 医療・健康/医学
コメント G蛋白共役型プロテアーゼ受容体PAR (protease-activated receptor)と硫化水素(H2S)の分子の生体内における役割と病態への関与の解明。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0034067
メールアドレス fumiko@phar.kindai.ac.jp

病態薬理学研究室

学歴/経歴

学歴

  • - 1991年
    徳島大学 薬学部
  • - 1991年
    徳島大学

経歴

  • 2008年4月 - 現在
    近畿大学薬学部 病態薬理学研究室 准教授
  • 2007年4月 - 2008年3月
    近畿大学薬学部 病態薬理学研究室 講師
  • 2003年4月 - 2007年3月
    近畿大学薬学部生体機能病因解明学研究室 講師
  • 2002年4月 - 2003年3月
    近畿大学薬学部機能形態学研究室 講師
  • 1991年4月 - 2002年3月
    近畿大学薬学部機能形態学研究室 助手

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 薬理学

研究キーワード

HMGB1, 神経障害性疼痛, 硫化水素, T型カルシウムチャネル, プロテアーゼ活性化受容体

論文

  1. NNC 55-0396, a T-type calcium channel blocker, protects against the brain injury induced by middle cerebral artery occlusion and reperfusion in mice.

    J Pharmacol Sci.  140  (2)  193-196  2019年6月  [査読有り]
  2. Dietary ascorbic acid restriction in GNL/SMP30-knockout mice unveils the role of ascorbic acid in regulation of somatic and visceral pain sensitivity.

    Biochem Biophys Res Commun.  511  (3)  705-710  2019年3月  [査読有り]
  3. Critical role of Cav3.2 T-type calcium channels in the peripheral neuropathy induced by bortezomib, a proteasome-inhibiting chemotherapeutic agent, in mice.
    関口 富美子
    Toxicology  413  33-39  2019年2月  [査読有り]

MORE

講演・口頭発表等

  1. AKAP-dependent modulation of phosphorylation levels of Cav3.2 T-type calcium channels by protein kinase A and calcineurin: implications for mechanical pain sensitivity. , 吉田 繁, 関口 富美子, 坪田 真帆, 川畑 篤史 , Neuroscience 2011 , 2011年11月
  2. Sensitization of T-type calcium channels by prostaglandin E2 via the EP4 receptor/cyclic AMP/protein kinase A pathway: a possible mechanism for mechanical hyperalgesia. , 吉田 繁, 関口 富美子, 坪田 真帆, 川畑 篤史 , Neuroscience 2011 , 2011年11月
  3. 脊髄後根神経節由来ND7/23細胞におけるcyclic AMP誘発神経突起伸長および電位依存性カルシウムチャネルの機能的増強. , 川畑 篤史, 吉田 繁, 関口 富美子 , 第116回日本薬理学会近畿部会 , 2010年12月

MORE

MISC

  1. Contraction of arterial smooth muscle of normotensive and spontaneously hypertensive rats by manganese(Ⅲ) tetrakis (1-methyl-4pyndyl) porphyrin (MnTMPyP) , SEKIGUCHI F, SEO M, SUNANO S , Journal of Pharmacological Science , 92 , 2 , 163 , 165 , 2003年6月
  2. Effects of L-arginine on spontaneous of the rat portal vein , Pflügers Atchievs , 446 , 30 , 35 , 2003年
  3. Endothelium-dependent relaxation in pulmonary arteries of L-NAME-treated Wistar and stroke-prone spontaneously hypertensive rats(共著) , Journal of Smooth Muscle Research , 38(4,5), 131-144 , 2002年

MORE

特許

  1. T型カルシウムチャネル阻害剤 , 川畑 篤史, 松田 秀秋, 関口 富美子, 村田 和也, 西川 裕之

受賞

  1. 平成16(2004)年度 日本薬学会近畿支部奨励賞,

競争的資金

  1. 科学研究費助成事業, 科学研究補助金, 神経損傷後の軸索再生過程における核内蛋白HMGB1の役割の解明
  2. 科学研究費助成事業, 科学研究補助金, 胃粘膜傷害時における内因性硫化水素の挙動と生理的役割に関する研究
  3. 科学研究費助成事業, 科学研究補助金, PKAおよびカルシニューリンによるT型カルシウムチャネル機能調節を介した疼痛制御

MORE