教員紹介

関口 富美子

関口 富美子
准教授
所属 薬学部 医療薬学科
薬学研究科
学位 博士(薬学)
専門 薬理学・病態生理学
ジャンル 医療・健康/医学
コメント G蛋白共役型プロテアーゼ受容体PAR (protease-activated receptor)と硫化水素(H₂S)の分子の生体内における役割と病態への関与の解明。
リサーチマップ https://researchmap.jp/Fumiko_Sekiguchi
メールアドレス fumiko@phar.kindai.ac.jp

病態薬理学研究室

学歴/経歴

学歴

  • - 1991年
    徳島大学 薬学部
  • - 1991年
    徳島大学 School of Pharmaceutical Sciences

経歴

  • 2008年4月 - 現在
    近畿大学薬学部 病態薬理学研究室 准教授
  • 2007年4月 - 2008年3月
    近畿大学薬学部 病態薬理学研究室 講師
  • 2003年4月 - 2007年3月
    近畿大学薬学部生体機能病因解明学研究室 講師 Faculty of Pharmacy
  • 2002年4月 - 2003年3月
    近畿大学薬学部機能形態学研究室 講師 Faculty of Pharmacy
  • 2002年 - 2003年
    Assistant Professor, Dept. Anat. and Physiol.,
  • 2003年
    - Assistant Professor, Div. Phisio. and Pathophysiol.,
  • 1991年4月 - 2002年3月
    近畿大学薬学部機能形態学研究室 助手 Faculty of Pharmacy
  • 1991年 - 2002年
    Instructor, Dept. Anat. and Physiol.,

  • Sch. Pharmaceu. Sci., Kinki Univ.

  • Sch. Pharmaceu. Sci., Kinki Univ.

  • Sch. Pharmaceu. Sci., Kinki Univ.

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 薬理学

研究キーワード

HMGB1, 神経障害性疼痛, 硫化水素, T型カルシウムチャネル, プロテアーゼ活性化受容体, Protection of gastic mucosa, Protease-activated receptor

論文

  1. Cav3.2-dependent hyperalgesia/allodynia following intrathecal and intraplantar zinc chelator administration in rodents.
    Shiori Tomita; Fumiko Sekiguchi; Katsuki Naoe; Shiyu Shikimi; Yoshihito Kasanami; Maya Ohigashi; Maho Tsubota; Atsufumi Kawabata
    Journal of pharmacological sciences  152  (2)  86-89  2023年6月 
  2. A hydrolysate of poly-trans-[(2-carboxyethyl)germasesquioxane] (Ge-132) suppresses Cav3.2-dependent pain by sequestering exogenous and endogenous sulfide.
    Fumiko Sekiguchi; Nene Koike; Yasuhiro Shimada; Kaho Sugimoto; Hiroshi Masuda; Takashi Nakamura; Hiroaki Yamaguchi; Genzoh Tanabe; Shinsuke Marumoto; Yoshihito Kasanami; Maho Tsubota; Tsuyako Ohkubo; Shigeru Yoshida; Atsufumi Kawabata
    Redox biology  59  102579-102579  2023年2月 
  3. Opioid modulation of T-type Ca2+ channel-dependent neuritogenesis/neurite outgrowth through the prostaglandin E2/EP4 receptor/protein kinase A pathway in mouse dorsal root ganglion neurons.
    Takashi Maeda; Fumiko Sekiguchi; Kenji Mitani; Ryosuke Yamagata; Maho Tsubota; Shigeru Yoshida; Atsufumi Kawabata
    Biochemical and biophysical research communications  639  142-149  2023年1月8日 

MORE

書籍等出版物

  1. Inhibitory role of nitric oxide in the contraction of circular muscle of rat portal vein(共著) , The Bioloby of Nitric Oxide Part 6 Portland Press Ltd, London , 1998年

講演・口頭発表等

  1. Thrombomodulin/thrombin系で産生されるTAFIa/carboxypeptidase Bは補体成分C5aを不活性化することでoxaliplatin誘発性末梢神経障害を抑制する , 圓尾賢悟; 坪田真帆; 田島和樹; 関口富美子; 西堀正洋; 南 達郎; 伊藤彰敏; 川畑篤史 , 第95回日本薬理学会年会. 福岡
  2. RAGE拮抗薬azeliragonはヒト前立腺がん由来LNCaP細胞の生存・増殖を抑制する:影響をうける細胞シグナルの解析 , 芝野奈帆; 安達義史; 脇谷航平; 浅野絵莉茄; 関口富美子; 岡田卓哉; 西川裕之; 豊岡尚樹; 川畑篤史 , 第95回日本薬理学会年会. 福岡
  3. 内因性H2S産生阻害による多発性骨髄腫細胞の生存抑制: カルビドパとベンセラジドのcystathionine-β-synthase阻害活性とボルテゾミブ耐性多発性骨髄腫治療への応用について , 関口富美子; 森口晴香; 福島志歩; 井場祐里子; 坪田真帆; 平本志於里; 岡田卓哉; 豊岡尚樹; 田中宏和; 芦田隆司; 松村到; 川畑篤史 , 第95回日本薬理学会年会.福岡

MORE

MISC

  1. アンギオテンシン変換酵素阻害薬とアンギオテンシンII受容体拮抗薬は糖尿病性末梢神経障害の発症を抑制する:臨床・基礎融合研究によるエビデンス , 冨田詩織; 冨田詩織; 宮本朋佳; 宮本朋佳; 田中雅幸; 打谷和記; 小泉祐一; 村中達也; 根本亙; 丹野孝一; 坪田真帆; 関口富美子; 川畑篤史 , 生体機能と創薬シンポジウム要旨集 , 2022 , 2022年
  2. Thrombomodulin alfaのoxaliplatin誘発性末梢神経障害抑制作用発現におけるHMGB1不活性化とprotein C及びTAFI活性化の相対的重要性と下流シグナル分子の解析 , 圓尾賢悟; 坪田真帆; 田島和樹; 関口富美子; 西堀正洋; 南達郎; 伊藤彰敏; 川畑篤史 , 日本薬理学雑誌 , 157 , Supplement , 2022年
  3. 抗リウマチ薬sulfasalazineはマクロファージからのHMGB1遊離を抑制することでlipopolysaccharide誘起アロディニアを抑制する , 堂本莉紗; 田村ひなの; 関口富美子; 坪田真帆; 西堀正洋; 川畑篤史 , 日本薬理学雑誌 , 157 , Supplement , 2022年

MORE

産業財産権

  1. T型カルシウムチャネル阻害剤 , 川畑 篤史, 松田 秀秋, 関口 富美子, 村田 和也, 西川 裕之

受賞

  1. 2019年10月, 6th Congress of AsCNP, AsCNP2019優秀発表賞:シニア研究者
  2. 平成16(2004)年度 日本薬学会近畿支部奨励賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 血栓止血系分子とHMGB1の相互干渉による疼痛制御のメカニズムと臨床的意義の解明 , 近畿大学
  2. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 内因性硫化水素合成阻害による抗がん剤の有効性増大と副作用軽減の可能性について , 近畿大学
  3. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), RAGEを標的とする神経障害性疼痛および内臓痛に対する新しい治療戦略の構築 , 近畿大学

MORE