教員紹介

長井 紀章

長井 紀章
准教授
所属 薬学部 医療薬学科
薬学研究科
学位 博士(薬学)
専門 製剤学
ジャンル 科学・技術/新技術
コメント 新規薬効成分のスクリーニングをはじめ、新しい適用方法や治療に最適な剤形の開発研究を精力的に進めています。現在最も着目しているのは、ナノパーティクル医薬品の製剤設計と実用化です。
リサーチマップ https://researchmap.jp/nagai_n
メールアドレス nagai_n@phar.kindai.ac.jp

製剤学研究室

学歴/経歴

経歴

  • 2017年 - 現在
    近畿大学 薬学部 准教授
  • 2013年4月 - 2017年
    近畿大学 薬学部 講師

研究活動情報

研究分野

  • 社会医学, 衛生学
  • 薬学, 医療系薬学

研究キーワード

ナノパーティクル(ナノ医薬品), 経皮吸収製剤, 点眼製剤, 角膜, 網膜, 水晶体, 白内障, 酸化ストレス, ミトコンドリアDNA, 一酸化窒素

論文

  1. Combination with l-Menthol Enhances Transdermal Penetration of Indomethacin Solid Nanoparticles.
    Nagai N, Ogata F, Yamaguchi M, Fukuoka Y, Otake H, Nakazawa Y, Kawasaki N
    International journal of molecular sciences  20  (15)  2019年7月  [査読有り]
  2. Changes in mitochondrial cytochrome c oxidase mRNA levels with cataract severity in lens epithelia of Japanese patients.
    Nagai N, Mano Y, Otake H, Shibata T, Kubo E, Sasaki H
    Molecular medicine reports  19  (6)  5464-5472  2019年6月  [査読有り]
  3. Preventive effects of tyrosol, a natural phenolic compound, on anterior uveitis induced by anterior chamber paracentesis in healthy beagle dogs.
    Sato K, Kanai K, Ozaki M, Kagawa T, Kita M, Yamashita Y, Nagai N, Tajima K
    The Journal of veterinary medical science  81  (4)  573-576  2019年4月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 「製剤・包装の改良・工夫点と病院から選ばれる医薬品開発」第4章 剤型・投与経路開発による、病院から選ばれる医薬品開発 , 長井紀章 , 分担執筆 , 第5節 全身作用型貼付剤の薬物放出量のコントロールと製剤設計 , ㈱技術情報協会 , 2017年
  2. 眼科獣医プラクティス 特集 点眼薬2017. 薬理学から見た点眼による全身への影響 コラム , 長井紀章 , 分担執筆 , No.2 pp 53 -56 , ファームプレス , 2017年
  3. 最新製剤学 第4版 , 長井紀章 , 共著 , pp. 145-167, 439-410 , 廣川書店 , 2016年

MORE

講演・口頭発表等

  1. 新規院内製剤セレン含有口腔内崩壊錠の作製と実用化についての検討 , 中尾 元紀, 松尾 世為子, 大橋 香菜子, 田邨 保之, 永井 聡子, 覺野 律, 中村 明美, 福永 聖子, 川端 成佐, 寺倉 智子, 松野 純男, 緒方 文彦, 川崎 直人, 大竹 裕子, 長井 紀章 , 国立病院総合医学会講演抄録集 , 2018年11月
  2. カプセル組成の変更に伴う吸入粉末剤の薬物放出性制御に関する研究 , 大竹 裕子, 石井 美有, 福岡 侑也, 長井 紀章 , 日本薬剤学会年会講演要旨集 , 2018年5月
  3. 重合度の異なるセルロース誘導体が自転・公転ナノ粉砕機の薬物破砕効率へ与える影響 , 長井 紀章, 中村 翼, 山崎 由夏, 大竹 裕子, 高塚 隆之 , 日本薬剤学会年会講演要旨集 , 2018年5月

MORE

MISC

  1. ナノ結晶を基盤とした経口製剤化に伴うNSAIDs消化管障害発現頻度の軽減 , 福岡 侑也, 大竹 裕子, 長井 紀章 , BIO Clinica , 34 , 7 , 746 , 748 , 2019年7月
    概要:臨床において、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)による消化管障害は重篤な問題である。著者らは、湿式ビーズミル法を用い、平均粒子径76nmのインドメタシン(IMC)ナノ結晶経口製剤の作製法を確立した。また、本製剤は、従来の製剤と比較し、約5倍もバイオアベイラビリティが高まり、薬物投与量の減量を可能とした。さらに、これら製剤化に伴うNSAIDs投与量の減少が、薬剤の消化管粘膜直接刺激の低下を介し、障害誘発を軽減することを示した。本成果が安全なNSAIDs療法の確立に繋がることを期待する。(著者抄録)
  2. 【今話題の白内障研究、治療を検証する】ラノステロールで水晶体は透明化できるのか? , 長井 紀章 , 日本白内障学会誌 , 31 , 1 , 17 , 19 , 2019年6月
  3. 【私の研究を聞いて欲しい】薬物眼内移行性の向上を目的としたナノ点眼製剤の開発 , 大竹 裕子, 真野 裕, 長井 紀章 , 日本白内障学会誌 , 31 , 1 , 33 , 35 , 2019年6月

MORE

特許

  1. 角膜保護剤および角膜障害改善剤 , 伊 藤 吉 將, 長 井 紀 章, 岡 本 紀 夫, 佐々木 真 宏
  2. 角膜保護剤および角膜障害改善剤 , 伊 藤 吉 將, 長 井 紀 章, 岡 本 紀 夫, 佐々木 真 宏 , 特許第5546756号
  3. シロスタゾールのシクロデキストリン包接化合物を有効成分とする緑内障治療剤 , 岡本 紀夫, 伊藤 吉將, 川上 吉美, 栗本 拓治, 長井 紀章, 山下 達也 , 特許第5236384号

MORE

受賞

  1. 2019年3月, 第139年会日本薬学会 一般学術発表ハイライト,
  2. 2018年11月, 日本医療薬学会, 平成30年度日本医療薬学会奨励賞,
  3. 2018年7月, 日本白内障学会, ベストディスカッション賞,

MORE

競争的資金

  1. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 眼深部組織を標的とした次世代型ナノ点眼製剤の開発と網膜症治療への応用 , 長井紀章
  2. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), NSAIDs起因性消化管障害の制御に資する次世代型ナノ製剤の創製とその有用性評価 , 長井 紀章
  3. 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), ナノ化技術を用いた点眼による網膜療法の確立と緑内障治療への応用 , 長井 紀章

MORE