教員紹介

中山 隆志

中山 隆志
教授
所属 薬学部 医療薬学科
薬学研究科
学位 博士(薬学)
専門 化学療法学
ジャンル 医療・健康/がん治療
コメント 細胞遊走制御因子ケモカインは感染症や癌の病態発症に重要な役割を果たすことが知られています。私達はケモカイン系を標的とした感染症や癌に対する新規創薬・ワクチンの開発を目指しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0066121
メールアドレス nakayama@phar.kindai.ac.jp

化学療法学研究室

学歴/経歴

学歴

  • - 2000年
    大阪大学 薬学研究科(論文博士)
  • - 2000年
    大阪大学
  • - 1992年
    京都薬科大学 薬学部
  • - 1992年
    京都薬科大学

経歴

  • 2012年 - 現在
    近畿大学薬学部 化学療法学研究室 教授
  • 2004年 - 2012年
    近畿大学医学部 講師
  • 1999年 - 2003年
    近畿大学医学部 助手
  • 1994年 - 1998年
    塩野義製薬医科学研究所 研究員

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 免疫学
  • ライフサイエンス, ウイルス学
  • ライフサイエンス, 分子生物学

研究キーワード

ケモカイン受容体, ケモカイン

論文

  1. Epstein-Barr virus-positive pyothorax-associated lymphoma expresses CCL17 and CCL22 chemokines that attract CCR4-expressing regulatory T cells.
    Higuchi T, Matsuo K, Hashida Y, Kitahata K, Ujihara T, Taniguchi A, Yoshie O, Nakayama T, Daibata M
    Cancer letters  453  184-192  2019年7月  [査読有り]
  2. A CCR4 antagonist ameliorates atopic dermatitis-like skin lesions induced by dibutyl phthalate and a hydrogel patch containing ovalbumin.
    Matsuo K, Hatanaka S, Kimura Y, Hara Y, Nishiwaki K, Quan YS, Kamiyama F, Oiso N, Kawada A, Kabashima K, Nakayama T
    Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie  109  1437-1444  2019年1月  [査読有り]
  3. Brain regulatory T cells suppress astrogliosis and potentiate neurological recovery.
    Ito M, Komai K, Mise-Omata S, Iizuka-Koga M, Noguchi Y, Kondo T, Sakai R, Matsuo K, Nakayama T, Yoshie O, Nakatsukasa H, Chikuma S, Shichita T, Yoshimura A
    Nature  565  (7738)  246-250  2019年1月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 新臨床腫瘍学 第4版.がん薬物療法専門医のために ”感染と発がん” , 中山 隆志 , 分担執筆 , 南江堂 , 2015年7月
  2. 新臨床腫瘍学 第3版.がん薬物療法専門医のために ”感染と発がん” , 中山 隆志 , 分担執筆 , 南江堂 , 2012年12月
  3. 臨床免疫・アレルギー科 サイトカインのすべて(完全改訂版) , 中山 隆志 , 分担執筆 , 科学評論社 , 2012年5月

MORE

講演・口頭発表等

  1. ウイルス学的シナプス形成によるCCR4陽性T細胞選択的HTLV-1伝播はHTLV-1感染細胞でのTax依存的なFosB誘導性CCL22発現に起因する. , 樋口 智紀, 稗島 州雄, 中山 隆志, 義江 修 , 日本癌学会 , 2012年10月
  2. Fra-2-SOX4 oncogenic cascade plays a critical role in cell growth of CCR4+ mature T-cell malignancies , 樋口 智紀, 中山 隆志, 井上 暁子, 義江 修 , JSICR-MMCB2011 , 2011年5月
  3. Common oncogenic role of Fra-2 in mature T-cell malignancies expressing CCR4. , 義江 修, 中山 隆志, 樋口 智紀, 稗島 州雄 , Gordon Reserch Conferences , 2010年6月

MORE

特許

  1. 肝臓疾患等の予防または治療剤のスクリーニング方法 , 中山 隆志, 義江 修, 九里 裕一
  2. 新規な脳特異的タンパク質およびそれをコードする遺伝子 , 桑島 吾郎, 矢追 毅, 中山 隆志

受賞

  1. 2011年, 日本インターフェロン・サイトカイン学会・マクロファージ分子細胞生物学国際シンポジウム, Excellent Poster Award,

競争的資金

  1. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), ケモカイン受容体阻害活性を有する漢方薬のアレルギー治療への応用と有効成分の同定
  2. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 成熟T細胞リンパ腫でのc-MybとABCG2/BCRPによる抗癌剤耐性機序の解明
  3. 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 皮膚T細胞リンパ腫でのFra-2とc-Mybの発癌における役割の解明

MORE