教員紹介

森川 敏生

森川 敏生
教授
所属 薬学総合研究所
薬学研究科
学位 博士(薬学)
専門 生薬学、天然物化学、食品薬学
ジャンル 医療・健康/漢方・中医学
コメント 世界各地の伝統医学に用いられる天然薬物のうち、食材としても用いられる“薬用食品”素材から、メタボリックシンドロームや生活習慣病の予防や初期症状の改善に資する化合物を探索しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0070346
メールアドレス morikawa@kindai.ac.jp

食品薬学研究室

学歴/経歴

経歴

  • 2015年4月 - 現在
    近畿大学 薬学総合研究所 教授
  • 2011年4月 - 現在
    近畿大学 大学院薬学研究科
  • 2007年6月 - 現在
    近畿大学 アンチエイジングセンター 所員
  • 2010年4月 - 2015年3月
    近畿大学 薬学総合研究所 准教授
  • 2005年4月 - 2010年3月
    近畿大学 薬学総合研究所 講師
  • 2001年4月 - 2005年3月
    京都薬科大学 助手

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 環境、天然医薬資源学
  • ライフサイエンス, 薬系化学、創薬科学

研究キーワード

ケミカルバイオロジー, 食品薬学, 天然物化学, 生薬学

論文

  1. Acylated iridoid glycosides with hyaluronidase inhibitory activity from the rhizomes of Picrorhiza kurroa Royle ex Benth.
    Morikawa T, Nakanishi Y, Inoue N, Manse Y, Matsuura H, Hamasaki S, Yoshikawa M, Muraoka O, Ninomiya K
    Phytochemistry  169  112185-112185  2020年1月  [査読有り]
  2. Glucose Tolerance-Improving Activity of Helichrysoside in Mice and Its Structural Requirements for Promoting Glucose and Lipid Metabolism.
    Morikawa T, Nagatomo A, Oka T, Miki Y, Taira N, Shibano-Kitahara M, Hori Y, Muraoka O, Ninomiya K
    International journal of molecular sciences  20  (24)  2019年12月14日  [査読有り]
  3. Quantitative Determination of Principal Aporphine and Benzylisoquinoline Alkaloids Due to Blooming State in Lotus Flower (Flower Buds of Nelumbo nucifera) and Their Hyaluronidase Inhibitory Activity
    Morikawa Toshio, Okugawa Shuhei, Manse Yoshiaki, Muraoka Osamu, Yoshikawa Masayuki, Ninomiya Kiyofumi
    NATURAL PRODUCT COMMUNICATIONS  14  (6)  2019年6月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 薬草ガイドブック 野外編 改訂版 , 森川敏生 , 分担執筆 , 公益社団法人 日本植物園協会第四分野 , 2020年4月
  2. 薬草ガイドブック 薬草園へのいざない 改訂版 , 森川 敏生 , 分担執筆 , 公益社団法人 日本植物園協会第四分野 , 2019年5月
  3. The Molecular Aspect of Natural Secondary Metabolite Products in Health and Disease , 森川 敏生 , 編集 , MDPI , 2018年8月

MORE

講演・口頭発表等

  1. ブラジル生薬アンディローバ(Carapa guianensis)由来リモノイド成分の脂肪代謝促進作用およびその作用機序の解明 , 長友暁史, 二宮清文, 二宮清文, 丸本真輔, 酒井千恵, 村岡修, 村岡修, 菊池崇, 山田剛司, 田中麗子, 森川敏生, 森川敏生 , 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) , 2019年3月5日
  2. マツリカ(Jasminum sambac,花部)の成分探索 , 井上尚樹, 二宮清文, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生 , 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) , 2019年3月5日
  3. センキュウ(Cnidium officinale,根茎)の新規フタリド配糖体および芳香族化合物 , 山本紗也, 二宮清文, 塩谷美幸, 森川敏生 , 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) , 2019年3月5日

MORE

MISC

  1. 更年期肥満モデルマウスに対する漢方薬「防已黄耆湯」の抗肥満効果 , 橋本統星, 赤木淳二, 来福七央人, 荒井哲也, 山崎寛生, 二宮清文, 森川敏生 , 日本生薬学会年会講演要旨集 , 66th , 176 , 2019年8月31日 , https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902219826592123
  2. マツリカ(Jasminum sambac)花部の新規セコイリドイド配糖体オリゴマー成分 , 二宮清文, 井上尚樹, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生 , 日本生薬学会年会講演要旨集 , 66th , 91 , 2019年8月31日 , https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902224808490958
  3. Mammea siamensis花部由来クマリン成分のエストロゲン様作用に関する研究 , 二宮清文, 羅鳳琳, 柴谷華苗, SAOWANEE Chaipech, YUTANA Pongpiriyadacha, 村岡修, 森川敏生 , 日本生薬学会年会講演要旨集 , 66th , 194 , 2019年8月31日 , https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902238181523943

MORE

特許

  1. 胃粘膜保護剤 , 森川 敏生, 二宮 清文
  2. ヒト毛乳頭細胞増殖用組成物 , 村岡 修, 森川 敏生, 二宮 清文, 吉川 雅之
  3. グルコース輸送阻害剤及びグルコース輸送阻害用の機能性食品 , 岩城 正宏, 島田 紘明, 村岡 修, 森川 敏生, 二宮 清文

MORE

受賞

  1. 2018年9月, 日本生薬学会, 学術貢献賞,
  2. 2016年9月, 日本生薬学会, 平成28年度 日本生薬学会論文賞,
  3. 2013年10月, Best Poster Award in 9th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (AIMECS13),

MORE

競争的資金

  1. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 食用資源からの糖・脂質代謝改善効果を有する機能性成分の探索
  2. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 薬用食品からの経口投与可能なインスリン代替物質の探索及び新規糖消費亢進機構の解明
  3. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 食用資源からの糖・脂質代謝改善効果を有する機能性成分の探索

MORE