教員紹介

前川 智弘

前川 智弘
教授
所属 薬学部 創薬科学科
薬学研究科
薬学総合研究所
学位 博士(薬学)
専門 医薬品化学
ジャンル 科学・技術/化学
コメント 有機化学を基盤とした医薬品化学に関する研究をしています。医薬品を開発する上で有用な有機化学反応の開発も行っています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0198565
メールアドレス maegawa@phar.kindai.ac.jp

医薬品化学研究室

学歴/経歴

学歴

  • - 2003年
    大阪大学 薬学研究科
  • - 2003年
    大阪大学
  • - 1998年
    名古屋大学 工学部
  • - 1998年
    名古屋大学

経歴

  • 2019年4月 - 現在
    近畿大学 薬学部 医薬品化学研究室 教授
  • 2013年4月 - 2019年3月
    近畿大学 薬学部 医薬品化学研究室 准教授
  • 2009年1月 - 2013年3月
    大阪大学大学院 薬学研究科 特任准教授
  • 2007年10月 - 2008年12月
    岐阜薬科大学 薬品化学研究室 講師
  • 2007年4月 - 2007年9月
    岐阜薬科大学 薬品化学研究室 助教
  • 2003年4月 - 2007年3月
    岐阜薬科大学 薬品化学研究室 助手

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 薬系化学、創薬科学

研究キーワード

環境調和型反応, 複素環, 有機合成化学

論文

  1. Aromatic Halogenation Using N‑Halosuccinimide and PhSSiMe3 or PhSSPh
    Yuuka Hirose, Mirai Yamazaki, Misa Nogata, Akira Nakamura, Tomohiro Maegawa
    J. Org. Chem.  84  7405-7410  2019年4月  [査読有り]
  2. Dehydroxymethyl Bromination of Alkoxybenzyl Alcohols by Using a Hypervalent Iodine Reagent and Lithium Bromide
    Shibata, Ayako, Kitamoto, Sara, Fujimura, Kazuma, Hirose, Yuuka, Hamamoto, Hiromi, Nakamura, Akira, Miki, Yasuyoshi, Maegawa, Tomohiro
    Synlett  29  2275-2278  2018年8月  [査読有り]
  3. Constraction of azaisoflavone derivatives by hypervalent iodine reagent-mediated oxidative rearrangement of 2'-nitrochalcone
    Akira Nakamura, Reo Takane, Junki Tanaka, Junya Morimoto, Tomohiro Maegawa
    Heterocycles  97  785-792  2018年5月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 医薬品構造化学 , 前川 智弘 , 単著 , 京都廣川書店 , 2017年3月

MISC

  1. Mild deprotection of methylene acetals in combination with trimethylsilyl triflate-2,2'-bipyridyl , Chem. Pharm. Bull. , 58, 426-428 , 2010年
  2. Copper/HP20: novel and polymer-supported copper catalyst for Huisgen cycloaddition , Heterocycles , 77, 521-532 , 2009年
  3. Temperature-dependent suppression of palladium on carbon-catalyzed hydrogenations , Catal. Comm. , 10, 1161-1165 , 2009年

MORE

受賞

  1. 2009年, プロセス化学会, 2009JSPC優秀賞, メチレンアセタールの非常に緩和で高選択的な脱保護法の開発
  2. 2008年, 有機合成化学協会 東海支部, 平成20年度有機合成化学協会東海支部奨励賞, 白金族系触媒を用いた水素同位体標識化法の応用と芳香環水素化反応の開発

競争的資金

  1. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 硫黄化合物を用いる高活性なハロゲン化反応の開発とその応用
  2. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), メチレンアセタールの新たな反応性の開拓とその複素環合成への応用
  3. 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 多様なヘテロ4員環及び5員環化合物の合成法の開発と生物活性天然物合成への応用

MORE