教員紹介

川﨑 直人

川﨑 直人
教授/医療薬学科長
所属 薬学部 医療薬学科
薬学研究科
薬学総合研究所
学位 博士(薬学)
専門 公衆衛生学
ジャンル 環境/環境と社会
コメント 生活環境やヒトの健康・抗加齢について研究しています。生活習慣や嗜好に関する調査、有害金属や染料の除去技術の開発を始め、さらに毛髪中のミネラルと疾病との関連性についても研究しています。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2017/2/21
 毎日放送「ちちんぷいぷい」
 金正男氏が神経ガスを使って殺害された可能性があることについて
●2017/2/26
 毎日放送「ちちんぷいぷい」
 関西テレビ「みんなのニュース ワンダー」
 金正男氏が「VXガス」使って殺害された件について
●2015/09/10
 朝日放送「ビーバップ!ハイヒール」
 「リーブトニック髪皇すぷらうと」について。
●2015/06/19
 テレビ朝日「モーニングバード!」
 「オキシコドン」という薬剤の効用と危険性について。
●2015/2/3
 日本テレビ「スッキリ!!」
 硫酸タリウムについて。
●2015/1/29
 名古屋テレビ「UP!」
 硫酸タリウムについて。
●2014/12/10
 関西テレビ「スーパーニュースアンカー」
 青酸化合物の性質について。
●2014/11/20
 朝日放送「キャスト」
 青酸化合物の保管方法について。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0181522
メールアドレス kawasaki@phar.kindai.ac.jp

公衆衛生学研究室

学歴/経歴

経歴

  • 2010年 - 現在
    近畿大学 薬学部 教授
  • 2007年 - 2010年
    近畿大学 薬学部 准教授
  • 2002年 - 2007年
    近畿大学 薬学部 講師
  • 1998年 - 2002年
    近畿大学 薬学部 助手

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 薬系衛生、生物化学
  • ライフサイエンス, 医療管理学、医療系社会学
  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • ライフサイエンス, 医療管理学、医療系社会学
  • 環境・農学, 環境政策、環境配慮型社会
  • 環境・農学, 環境影響評価

研究キーワード

毒性学, 抗加齢学, 疫学, 環境衛生学

論文

  1. Evaluation of the Interaction between Borate Ions and Nickel-Aluminum Complex Hydroxide for Purification of Wastewater.
    Ogata F, Nagai N, Toda M, Otani M, Nakamura T, Kawasaki N
    Chemical & pharmaceutical bulletin  67  (5)  487-492  2019年5月  [査読有り]
  2. Interaction between phosphate ions and Fe-Mg type hydrotalcite for purification of wastewater
    Ogata Fumihiko, Nagai Noriaki, Kishida Mao, Nakamura Takehiro, Kawasaki Naohito
    JOURNAL OF ENVIRONMENTAL CHEMICAL ENGINEERING  7  (1)  2019年2月  [査読有り]
  3. Energy-dependent endocytosis is responsible for drug transcorneal penetration following the instillation of ophthalmic formulations containing indomethacin nanoparticles.
    Nagai N, Ogata F, Otake H, Nakazawa Y, Kawasaki N
    International journal of nanomedicine  14  1213-1227  2019年  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 薬学領域の食品衛生化学 , 田村 悦臣, 渡辺 渡, 長岡 寛明, 長澤 一樹, 川崎 直人 , 廣川書店 , 2015年4月
  2. 衛生薬学演習 (京都廣川”パザパ”薬学演習シリーズ) , 緒方文彦, 川崎直人 , 京都廣川書店 , 2014年7月
  3. 薬学領域の食品衛生化学 , 田村 悦臣, 渡辺 渡, 長岡 寛明, 長澤 一樹, 川崎 直人 , 廣川書店 , 2013年5月

MORE

講演・口頭発表等

  1. 琵琶湖における造粒ベーマイトを用いたリン酸吸着能 , 緒方 文彦, 冨永壽人, 藪谷仁志, 川﨑 直人, 樺山峰明, 和田桂子 , 2011年3月
  2. 大学生の肥満と朝食欠食およびやせ志向との関連性に関する研究 , 川﨑 直人, 緒方 文彦, 冨永壽人, 木下 充弘, 掛樋 一晃, 佐川和則 , 2011年3月
  3. 大学生の朝食欠食と体格誤認に関する実態調査 , 冨永壽人, 緒方 文彦, 掛樋 一晃, 木下 充弘, 川﨑 直人, 佐川和則 , 2011年3月

MORE

MISC

  1. Adsorption Capability of Cationic Dyes (Methylene Blue and Crystal Violet) onto Poly-γ-glutamic Acid , Ogata Fumihiko, Nagai Noriaki, Kawasaki Naohito , CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN , 65 , 3 , 268 , 275 , 2017年3月 , http://ci.nii.ac.jp/naid/130005397366
    概要:<p>In this study, the adsorption capability of cationic dyes, which were methylene blue and crystal violet, by poly-γ-glutamic acid (PGA) in a single or binary solution system was investigated. The effect of the molecular weight of PGA, initial dye concentration, solution pH, and temperature on the adsorption of dyes was evaluated. The adsorption mechanism of dyes onto PGA was the interaction between –COOH group on the PGA surface and the polarity groups of dyes. These results indicated that PGA is useful for removal of dyes and cationic organic compounds from a single or binary solution system.</p>
  2. メタロミクス研究をめざした細胞内金属イオン濃度の新規定量法開発 , 緒方 文彦, 佐藤 亮介, 萩原 加奈子, 杉浦 麗子, 川﨑 直人 , 日本毒性学会学術年会 , 44 , 0 , P , 108 , 2017年 , http://ci.nii.ac.jp/naid/130006581970
    概要:【目的】“メタロミクス”は,ゲノミクスおよびプロテオミクスと同様に,生体の機能解明のみならず,疾病や病態の理解においても重要な科学領域であると考えられる。特に,カルシウムや鉄イオンなどの金属イオンの細胞内挙動(細胞内濃度)を正確に把握することは,金属イオンを介した生体機能制御の分子メカニズムを解明するうえで重要である。本研究では,細胞内金属イオン濃度の定量時における条件の最適化を指向し,分裂酵母細胞を用いてICP-AES(OES)による細胞内金属イオン濃度の定量に関する基礎的検討を実施した。<br>【方法】分裂酵母<i>Schizosaccharomyces pombe</i>の野生細胞を用いて,細胞溶解条件の最適化(硝酸処理,zymolyase処理,westase処理)を行った。細胞溶解は微分干渉顕微鏡により評価した。次に,ICP-AESを用いて硝酸処理した野生細胞内のカルシウムイオン濃度を定量した。また,野生細胞および鉄イオントランスポーターであることが示唆されているPcl1のノックアウト(<i>pcl1</i> KO)細胞を用いて,ICP-OESにより細胞内鉄イオン濃度の定量も実施した。<br>【結果・考察】野生細胞を用いた細胞溶解条件の最適化の結果,60%の硝酸処理が最も適していることが明らかとなった。また,野生細胞内のカルシウムイオン濃度を定量した結果,細胞数依存的に濃度の増大が確認された。さらに,野生細胞および<i>pcl1</i> KO細胞内の鉄イオン濃度を比較した結果,<i>pcl1</i> KO細胞内の鉄イオン濃度の方が低いことが示され,先行研究<sup>1)</sup>と同様の結果が得られた。これらのことより,本研究で採用した細胞溶解条件は,酵母細胞内の金属イオンの定量に有効であることが示唆された。今後,各種金属イオンの同時定量法の確立や適用細胞の評価に関しても併せて検討を行う予定である。<br>【参考文献】<br><i>J. Biol. Chem.</i>, <b>287(51)</b>, 43042-43051.
  3. 毛髪中ミネラル濃度と疾病ならびに生活習慣との関連性 , 川﨑 直人, 緒方 文彦, 山城 海渡 , 日本毒性学会学術年会 , 44 , 0 , O , 9 , 2017年 , http://ci.nii.ac.jp/naid/130006581945
    概要:【目的】我が国では,健康増進や生活習慣病発症の予防を主な目的とし,食事摂取基準が策定されている。ミネラルは,多量ミネラル5種類と微量ミネラル8種類が対象となっている。生体中のミネラルの役割は多岐にわたっており,バランスよく摂取することが重要である。一方,毛髪は大部分がタンパク質であるケラチンから成り,ミネラルが排泄されるため,体内のミネラルの状態を正確に反映すると考えられている。本研究では,生活習慣病の予防などに関する知見を得ることを目的とし,ヒトの毛髪中におけるミネラル濃度を測定し,疾病や生活習慣に関するアンケート調査の結果との関連性について検討した。<br>【方法】本研究は近畿大学薬学部倫理委員会の承認に基づき実施された。内容を説明し,同意が得られた場合,同意書と生活習慣及び疾病に関するアンケートを記入後,毛髪を採取した。対象者は男性185名,女性398名であった。毛髪中ミネラル濃度は,前処理し,酸で溶解後,誘導結合プラズマ質量分析装置(島津ICPM-8500)を用いて定量した。毛髪中ミネラル濃度とアンケートとの関連性はJMP ver. 11(SAS Institute Inc.)により名義ロジスティック回帰分析を行い,有意水準は<i>p</i><0.05とした。<br>【結果・考察】血圧,血糖値,喫煙,肥満,運動及び脱毛の項目で「はい」と回答した男性の割合は,女性に比べて有意に高くなった。一方,貧血,骨密度,もの忘れ及び創傷治癒遅延の項目で「はい」と回答した男性の割合は,女性に比べて有意に低くなった。アンケート調査の結果と毛髪中のミネラル濃度と関連性とし,男性において,肥満の項目で「はい」と回答した人ほどセレン濃度が有意に低く,花粉症の項目で「はい」と回答した人ほどカドミウム濃度が有意に高くなった。一方,女性において,花粉症の項目で「はい」と回答した人ほどカルシウム濃度が有意に低くなった。以上の結果から,特定の毛髪中ミネラル濃度を定期的に測定することにより,健康への意識を向上させることにより,疾病予防に寄与できる可能性が示唆された。

MORE

特許

  1. 粒子状リン吸着材 およびその製造方法 , 川﨑直人, 緒方文彦, 戸田 徳, 大谷 昌司

受賞

  1. 2009年1月, 日本表面科学会, e-JSSNT Paper of The Year 2008, Bronze Medal,
  2. 2007年12月, 日本水環境学会関西支部, 日本水環境学会関西支部水環境奨励賞, 植物バイオマスを用いた簡易型水処理技術の開発

競争的資金

  1. 科学研究費助成事業, 基盤研究(C), 持続可能な開発のためのバイオマスを用いた希少金属(レアアース)の回収研究
  2. 公益財団法人 健康科学財団, 研究助成, 若年期からの生活習慣病予防を目指した健康意識向上システムの構築
  3. 一般財団法人 旗影会, 研究助成, 吸着剤を用いた油脂の変敗抑制技術と抗酸化能を有するブレンド油脂の開発

MORE