教員紹介

石川 文洋

石川 文洋
准教授
所属 薬学部 医療薬学科
薬学研究科
学位 博士(理学)
専門 生体関連化学
ジャンル 科学・技術/化学
コメント 有機化学を基盤に酵素機能の分子メカニズムを調べています。
このような情報をもとにして、天然にはない酵素機能や機能性化合物の創出、さらに、創薬への展開を目指しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/f_ishikawa
メールアドレス ishikawa@phar.kindai.ac.jp

有機薬化学研究室

学歴/経歴

学歴

  • 2006年4月 - 2009年3月
    大阪府立大学大学院 理学系研究科
  • 2004年4月 - 2006年3月
    大阪府立大学大学院 農学研究科
  • 2000年4月 - 2004年3月
    名城大学 薬学部

経歴

  • 2023年4月 - 現在
    近畿大学 薬学部 准教授 (現職)
  • 2022年4月 - 現在
    同志社大学 嘱託講師 (兼任)
  • 2017年4月 - 2023年3月
    近畿大学 薬学部 講師
  • 2016年4月 - 2017年3月
    京都大学大学院 薬学研究科 助教 (特定) (掛谷秀昭教授)
  • 2011年12月 - 2016年3月
    京都大学学際融合教育研究推進センター 生理化学研究ユニット 助教 (特定) (掛谷秀昭教授)
  • 2010年4月 - 2011年11月
    カリフォルニア大学サンディエゴ校 生物化学科 博士研究員 (Prof. Michael D. Burkart)
  • 2009年4月 - 2010年3月
    大阪府立大学大学院 理学系研究科 博士研究員 (藤井郁雄教授)

研究活動情報

研究分野

  • ナノテク・材料, 生物分子化学
  • ナノテク・材料, 生体化学
  • ナノテク・材料, ケミカルバイオロジー

研究キーワード

ケミカルバイオロジー, タンパク質化学, 生物有機化学, 生合成, 天然物化学, 有機合成化学

論文

  1. Development of a chemical scaffold for inhibiting nonribosomal peptide synthetases in live bacterial cells
    Fumihiro Ishikawa*; Sho Konno; Hideaki Kakeya; Genzoh Tanabe*
    Beilstein J. Org. Chem. Thematic Issue “Young investigators in natural products chemistry, biosynthesis, and enzymology”  2024年  [査読有り]
  2. Role of the thiosugar ring in the inhibitory activity of salacinol, a potent natural α-glucosidase inhibitor
    Katsuki Takashima; Shinya Nakamura; Maiko Nagayama; Shinsuke Marumoto; Fumihiro Ishikawa; Weijia Xie; Isao Nakanishi; Osamu Muraoka; Toshio Morikawa; Genzoh Tanabe
    RSC Advances  14  (7)  4471-4481  2024年  [査読有り]
  3. Protein degradation in bacteria: Focus on the ClpP protease
    Fumihiro Isihkawa; Michio Homma*; Genzoh Tanabe; Takayuki Uchihashi
    Nihon Saikingaku Zasshi  79  (1)  1-13  2024年  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 非リボソームペプチドの多様性を構築するアデニル化酵素のエンジニアリング , 石川文洋 , 日本ペプチド学会 PEPTIDE NEWSLETTER JAPAN, No. 129, p1-4 , 2023年7月
  2. 大環状ペプチド人工生合成系を基盤とした生理活性中分子ライブラリーの構築 , 石川 文洋 , 新学術領域研究 (研究領域提案型) 生物合成系の再設計による複雑骨格機能分子の革新的創成科学「生合成リデザイン」 NEWS LETTER NO. 7, p4 , 2019年11月
  3. 化学標識法を用いた非リボソームペプチド合成酵素の活性検出と機能解析 , 今野 翔; 石川 文洋; 掛谷 秀昭 , 日本ケミカルバイオロジー学会機関誌「ケミカルバイオロジー(Chemical Biology)」 12, 3-7 , 2019年

MORE

講演・口頭発表等

  1. 原核生物のタンパク質品質管理機構に関与する ClpP を利用した細胞内の人為的分解制御 , 石川文洋 , 酵素 2023 第 49 回研究発表会 , 2023年11月14日
  2. 原核生物のタンパク質分解酵素 ClpP の誤作動を誘起するアシルデプシペプチドの構造活性相関研究 , 石川文洋; 正林直人; 秋永修佑; 中村真也; 仲西功; 田邉元三 , 第51回構造活性相関シンポジウム , 2023年11月
  3. ワンポット S , O グリコシド結合形成反応を用いた calanthoside の全合成と構造活性相関研究 , 高島 克輝; 浅井 茜; 芦立 未奈; 鈴木 璃子; 丸本 真輔; 石川 文洋; 萬瀬 貴昭; 森川 敏生; 田邉元三 , 第 49 回反応と合成の進歩シンポジウム , 2023年11月

MORE

MISC

  1. ACA-28とその誘導体ACAGT-007aはがん細胞におけるERK MAPKシグナルのさらなる活性化を介してアポトーシスを誘導する , 佐藤亮介; KHANDAKAR Golam Iftakhar; 石川文洋; 高崎輝恒; 田邉元三; 杉浦麗子 , 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) , 45th , 2022年
  2. ワンポットS,O-グルコシド結合形成反応によるインドールS,O-ビスデスモシド,calanthosideの全合成 , 高島克輝; 浅井茜; 芦立未奈; 石川文洋; 丸本真輔; 森川敏生; 田邉元三; 田邉元三 , メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集 , 39th (CD-ROM) , 2022年
  3. 4,5-ジデヒドロアポルフィン型アルカロイドの合成およびメラニン形成阻害活性評価 , 寺町美優; 高島克輝; 白戸美希; 丸本真輔; 石川文洋; 森川敏生; 田邉元三; 田邉元三 , 反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集 , 47th , 2021年

MORE

受賞

  1. 2023年7月, Back cover, Chem. Comm.
  2. 2023年4月, 公益財団法人 発酵科学研究所 2023年度 一般研究助成
  3. 2022年5月, 公益財団法人 日本応用酵素協会 2022年度 酵素研究助成

MORE

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 公益財団法人 発酵科学研究所, 2023年度 一般研究助成, 蛋白質間相互作用の合理的リデザインによるNRPS生合成系の分解および再構築
  2. 近畿大学 一般研究助成金 IP004, 抗生物質開発を変革する新しい創薬モダリティ: 原核生物の タンパク質分解を制御する化合物の開発
  3. 公益財団法人 薬学研究奨励財団, 第41回 研究助成, 細胞内基質蛋白質ラベル化技術に基づく原核生物蛋白質分解装置 ClpP の動作原理の解明

MORE