教員紹介

船上 仁範

船上 仁範
准教授
所属 薬学部 医療薬学科
学位 博士(薬学)
専門 神経科学、ストレス科学
ジャンル 医療・健康/医学
コメント ストレスで生じる脳を介した自律神経系や内分泌系の変化とストレス関連疾患(うつ・不安・低血圧など)発症メカニズムの関係について研究しています。またストレスマーカの探索も行っています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/funakami
メールアドレス funakami@phar.kindai.ac.jp

教育専門部門

学歴/経歴

経歴

  • 2011年
    近畿大学 薬学部 講師

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 内科学一般, ストレス科学

研究キーワード

自律神経, 視床下部, 神経活性, 血管反応性, ストレス, 慢性ストレス, c-Fos, Head-up tilt試験, 急性ストレス, 起立性低血圧, 低血圧, 血管収縮反応

論文

  1. Emerging Evidence of Translational Control by AU-Rich Element-Binding Proteins.
    Otsuka H, Fukao A, Funakami Y, Duncan KE, Fujiwara T
    Frontiers in genetics  10  332  2019年  [査読有り]
  2. Translation of Hepatitis A Virus IRES Is Upregulated by a Hepatic Cell-Specific Factor.
    Sadahiro A, Fukao A, Kosaka M, Funakami Y, Takizawa N, Takeuchi O, Duncan KE, Fujiwara T
    Frontiers in genetics  9  307  2018年  [査読有り]
  3. Intravenous Administration of Cilostazol Nanoparticles Ameliorates Acute Ischemic Stroke in a Cerebral Ischemia/Reperfusion-Induced Injury Model.
    Nagai N, Yoshioka C, Ito Y, Funakami Y, Nishikawa H, Kawabata A
    International journal of molecular sciences  16  (12)  29329-29344  2015年12月  [査読有り]

MORE

MISC

  1. in vitro翻訳システムを用いたmiRNAによる翻訳制御分子機構の解析 , 深尾亜喜良, 友廣拓生, 大塚衆志, 青山智彦, 船上仁範, 足達俊吾, 夏目徹, 藤原俊伸 , 日本RNA学会年会要旨集 , 19th , 153 , 2017年7月19日 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201702217625437463
  2. ARE結合タンパク質AUF1による遺伝子発現制御機構の解析 , 西阪皓理, 松木香菜子, 大塚衆志, 深尾亜喜良, 船上仁範, 藤原俊伸 , 日本RNA学会年会要旨集 , 19th , 154 , 2017年7月19日 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201702237675513210
  3. BRF1によるmRNA分解と共役した翻訳抑制機構の解析 , 大塚衆志, 武知美和, 深尾亜喜良, 船上仁範, 藤原俊伸 , 日本RNA学会年会要旨集 , 19th , 158 , 2017年7月19日 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201702241175159125

MORE

競争的資金

  1. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), ストレス誘発うつ病の診断法確立に向けた基盤研究
  2. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 自然免疫の機能低下を誘起する慢性ストレスの分子基盤の解明
  3. 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 慢性ストレス形成過程における中枢神経系の機能変化と低血圧発症の関係

MORE