教員紹介

深尾 亜喜良

深尾 亜喜良
講師
所属 薬学部 医療薬学科
学位 博士(理学)
専門 生化学
ジャンル 科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメント ほ乳類およびウイルス遺伝子の情報がタンパク質へと変換される仕組み
リサーチマップ https://researchmap.jp/fukaoakira
メールアドレス fukao@phar.kindai.ac.jp

生化学研究室

学歴/経歴

経歴

  • 2015年
    名古屋市立大学 薬学研究科(研究院) 助教

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 分子生物学

論文

  1. Codon bias confers stability to human mRNAs.
    Hia F, Yang SF, Shichino Y, Yoshinaga M, Murakawa Y, Vandenbon A, Fukao A, Fujiwara T, Landthaler M, Natsume T, Adachi S, Iwasaki S, Takeuchi O
    EMBO reports  e48220  2019年9月  [査読有り]
  2. ARF6 and AMAP1 are major targets of <i>KRAS</i> and <i>TP53</i> mutations to promote invasion, PD-L1 dynamics, and immune evasion of pancreatic cancer.
    Hashimoto S, Furukawa S, Hashimoto A, Tsutaho A, Fukao A, Sakamura Y, Parajuli G, Onodera Y, Otsuka Y, Handa H, Oikawa T, Hata S, Nishikawa Y, Mizukami Y, Kodama Y, Murakami M, Fujiwara T, Hirano S, Sabe H
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America  2019年8月  [査読有り]
  3. Emerging Evidence of Translational Control by AU-Rich Element-Binding Proteins.
    Otsuka H, Fukao A, Funakami Y, Duncan KE, Fujiwara T
    Frontiers in genetics  10  332  2019年  [査読有り]

MORE

MISC

  1. ARE結合タンパク質AUF1による遺伝子発現制御機構の解析 , 西阪皓理, 松木香菜子, 大塚衆志, 深尾亜喜良, 船上仁範, 藤原俊伸 , 日本RNA学会年会要旨集 , 19th , 154 , 2017年7月19日 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201702237675513210
  2. BRF1によるmRNA分解と共役した翻訳抑制機構の解析 , 大塚衆志, 武知美和, 深尾亜喜良, 船上仁範, 藤原俊伸 , 日本RNA学会年会要旨集 , 19th , 158 , 2017年7月19日 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201702241175159125
  3. 哺乳類におけるmiRISCによる翻訳抑制機構の解明 , 坂村由梨佳, 友廣拓生, 大塚衆志, 深尾亜喜良, 船上仁範, 鈴木亨, 山本雅, 藤原俊伸 , 日本RNA学会年会要旨集 , 19th , 80 , 2017年7月19日 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201702270833001598

MORE

競争的資金

  1. 公益財団法人内等記念科学振興財団, 内藤記念科学奨励金・研究助成, 無細胞in vitro翻訳システムを用いた脱アデニル化複合体によるmRNA分解を介さない翻訳抑制機構の解析
  2. 日本学術振興会, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 神経特異的RNA結合蛋白質HuDが担う部位特異的翻訳制御機構の解析
  3. 日本学術振興会, 特別研究員(PD), ヒトGPCR標的RNAアプタマーの創製とその応用による新規腫瘍診断薬の開発