カリキュラム

生命現象を総合的な観点から学び、遺伝子操作技術を修得。

発生遺伝子工学・分子発生工学・分子情報解析学・分子機能再生工学、遺伝子機能制御学・進化多様性生物学の研究室があり、分子・細胞・個体の各レベルでの生命現象を総合的に理解できるカリキュラムです。また、本学科は、21世紀COEプログラム「食資源動物分子工学研究拠点」などに代表される研究プログラムを通して、柔軟な思考を持ち、世界で活躍できる研究者や技術者を育成しています。

開講年次 遺伝子工学科開講科目 学際領域選択科目
1年次 前期 必修 動物生理学
細胞生物学I
遺伝子工学概論
選択 他学科が開講している専門科目(一部を除く)
後期 必修 生体構成分子
細胞生物学II
分子生物学I
統計学
動物学
発生生物学I
発生工学
公衆衛生学
選択
2年次 前期 必修 微生物学
生化学I
分子生物学II
動物繁殖学
発生生物学II
遺伝子工学
遺伝子基礎化学実験
選択 進化遺伝学
後期 必修 生化学II
専門ゼミ
遺伝子工学実験
選択 生物物理化学
実験動物学
免疫学概論
神経科学
3年次 前期 必修 遺伝子機能解析学
生殖工学実験
選択 生命科学のための分析化学
分子発生学
生命科学のための情報リテラシー
幹細胞・再生医工学
後期 必修 生命倫理
専攻科目演習I
選択 タンパク質機能学
生殖医療工学
遺伝子発現制御とエピジェネティクス
ズーノーシス
医用遺伝子工学概論
4年次 前期 必修 卒業研究
専攻科目演習II
選択
後期 必修 卒業研究
専攻科目演習III
選択

PICK UP1

遺伝子工学概論

遺伝子工学の最先端を知る

生命科学のあらゆる領域に関連する遺伝子工学。その最先端で解明された生命現象や応用面での成果を遺伝子工学科の全教員が解説し、遺伝子工学の学問領域全体を俯瞰してもらいます。

PICK UP2

進化遺伝学

進化的観点から生命現象を理解する

進化と遺伝が織りなす生命のドラマを遺伝子から個体レベルの現象、さらには動物行動、人間心理も対象として解説します。

PICK UP3

幹細胞・再生医工学

幹細胞の起源や分化・組織構築のしくみを学ぶ

私たちのからだをつくる源である幹細胞の起源や分化・組織構築のしくみを学び、iPS細胞での展開や工学分野とも連携した次世代の再生医療の可能性を解説します。

カリキュラムツリー・カリキュラムマップ

カリキュラム体系図

カリキュラムマップ

※カリキュラムは2019年度のものです。