カリキュラム

あらゆる角度から社会に役立つバイオテクノロジーを探究。

生物の持つ機能を解明し、これをさらに改良するバイオテクノロジー。 食糧生産・環境保全・機能性食品開発・ゲノム科学など、生命工学と農学にまたがる幅広い分野の専門科目を学び、生命とその利用に関する広範な領域の研究を行います。

開講年次 生物工学科開講科目 学際領域選択科目
1年次 前期 必修 トピックスインバイオロジー
有機化学基礎
計量生物学
選択 化学I
基礎数学
数学
生物学I
物理学I
公衆衛生学
他学科が開講している専門科目(一部を除く)
後期 必修 基礎遺伝学
生化学I
細胞生物学I
生物工学基礎化学実験
選択 化学II
生物学II
物理学II
微分積分学
線形代数学
基礎植物学
資源植物学
2年次 前期 必修 生化学II
分子生物学I
植物生理学
基礎微生物学
生物工学基礎生物学実験
選択 細胞生物学II
疫学論
植物育種学
植物生産工学I
後期 必修 生物工学基礎生化学実験
専門ゼミ
選択 細胞生物学III
分子生物学II
生物物理化学
生物分析化学
遺伝子工学
応用微生物学
植物生産工学II
バイオリアクター工学
生体情報工学
食品企業経営論
3年次 前期 必修 専攻科目演習I 選択 酵素化学
環境科学
ゲノム機能科学
遺伝子発現制御学
免疫・アレルギー学
植物細胞工学
機器分析化学
環境システム工学
生物機能物質化学
後期 必修 専攻科目演習II 選択 バイオインフォマティクス
植物栽培環境学
生物プロセス工学
4年次 前期 必修 卒業研究
専攻科目演習III
選択 生物工学発展
後期 必修 卒業研究
専攻科目演習IV
選択

PICK UP1

基礎遺伝学

植物の遺伝の仕組みの基礎を学ぶ

生物は遺伝により子孫に形質を伝えます。核にある遺伝子が遺伝現象の実体であることから遺伝は生命活動の基礎を支える仕組みであるといえます。本講義は生物工学の基礎となる植物の遺伝の仕組みを学びます。

PICK UP2

植物生産工学I

施設の植物生産技術の基本を知る

人類の生存・繁栄に資する植物の各種生産技術を論じます。温度、水、光、風、二酸化炭素などの環境計測制御、養液栽培、植物工場、スマート農業等の工学的技術の背景・原理・利用について学びます。

PICK UP3

生物機能物質化学

植物や微生物の機能性成分について学ぶ

植物や微生物が生産する有機物質のうち、人や動物に薬効を持つもの、他の生物の生育に影響を与えるもの、工業製品の原材料として利用できるものなどに関し、その働きや、どのように作られるかについて学びます。

カリキュラムツリー・カリキュラムマップ

カリキュラム体系図

カリキュラムマップ

※カリキュラムは2019年度のものです。