学科長挨拶

「食の安全」をキーワードとして、
食に関わるサイエンスとテクノロジーを追究する

食品安全工学科は、食の安全の確保に対する社会的な要請を背景として、2010年に創設されました。「食の安全」と「食の機能」に関する教育・研究を2本の柱として、食の生産、保存、加工、流通、摂取、消化、吸収、代謝に至るまで、さまざまなステージにおける科学的な知識と技能を身につけることを、教育・研究の目的としています。研究対象も、動物、植物から微生物まで幅広く、最先端のサイエンスとテクノロジーを学べるカリキュラムを提供しています。

食の安全と機能に関する広い知識・技術を身につけ、効果的に活用できる人材の育成を目指しており、学科のカリキュラム履修により食品衛生管理者やHACCP管理者の資格を取得することができます。これまでに400名以上の卒業生を送り出しており、その多くは食品産業界で活躍しているほか、医薬品や化粧品業界、高等学校・中学校の教員、公務員などの分野にも及んでいます。

学問的・人間的な成長とキャリア形成を支援するカリキュラムを通じて、「食」をめぐる課題を自ら発見し、行動し、解決する能力を身につけることができます。身近な「食」に関わるさまざまなサイエンスとテクノロジーについて、私たちとともに学んでみませんか?

学科長

芦田 久
HISASHI ASHIDA
食品安全工学科長/食品安全工学科 教授