連合教職大学院(大阪教育大学大学院連合教職実践研究科)について

社会システムの急激な変化の中で、子どもたちの学ぶ意欲や自立心の低下、社会性の不足、深刻ないじめや不登校など、複雑・多様化した学校教育の課題が山積しています。そこで、こうした変化や諸課題に対応しうる高度な専門性と豊かな人間性・社会性を備えた、力量ある教員の養成が求められています。
こうした状況の下、大阪の教員養成や現職教育に実績のある3大学(大阪教育大学、関西大学、近畿大学)がタッグ(連携)を組んで、その高度化を図るべく、2015年4月に連合教職大学院(専門職大学院)を設置しました。
この教職大学院では、理論と実践に通じた教員によって、それらを往還しながら実践的指導力を高めることのできるカリキュラムを用意し、学力向上、ICT活用、人権教育、特別なニーズを要する子どもへの対応等、大阪の教育現場が直面する問題を教材化します。また、その解決に資する実践的指導力と探究力を培うことに役立つ、事例研究や模擬授業等の教育方法を重視し、大学院生の主体的な学びを促します。さらに、学校実習を数多く導入し、大学院生に、教育現場の実際や多様性に通ずる経験を提供します。これらの豊かな学びを通じて、大阪の教育をリードする力量を有する教員を輩出します。

また、2019年4月から改組を行い、教職経験に応じた、次の4つのコースが設けられることになりました。

[1]
スクールリーダーシップコース(現職教員対象)
[2]
援助ニーズ教育実践コース(現職教員及び学部卒学生対象)
[3]
教育実践力コース(現職教員及び学部卒学生対象)
[4]
特別支援教育コース(現職教員及び学部卒学生対象)

連合教職実践研究科についての詳細はパンフレットをご覧ください。

連合教職大学院 デジタルパンフレット(PDF:267KB)

お問い合わせ先

近畿大学学務部
TEL (06)4307-3036