学科長挨拶

安全と機能をキーワードに未来の食の基盤を築く

食の安全の確保と食品の機能の活用に対する社会的な要請を背景として、生物理工学部の生物工学科と遺伝子工学科の「食」に特に関連の深い領域を母体に、2010年に創設されたのが食品安全工学科です。
「食」は私たち人間が生命を維持する上で欠くことのできない要素であり、「食」を対象とするサイエンスは、私たちの最も身近なサイエンスであると言えるでしょう。本学科では「食」をキーワードに、動物、植物、微生物を対象とし、「食」の安全を守り、機能を究明するためのサイエンスとテクノロジー、さらにマーケティングまでを含む「食」についての幅広い研究を展開しています。

身近な存在である食品を科学的なアプローチで見つめ直すというプロセスはサイエンスの新たなフロンティアを拡大することに留まらず、人々の生活に直接的にフィードバックできる研究成果を生み出すものでもあります。そのフィードバック先は、食品産業は言うまでもなく、医薬品や化粧品、環境保全の分野にも及んでいます。
食品安全工学科では、このような研究を背景に、食品の生産、加工、流通、貯蔵過程の全般を対象とした安全管理に携わる人材、および、食と人間の健康との関連付けを理解し応用できる人材の育成を目指しています。すでに5期およそ400名の先輩が食品安全工学科から巣立ち、その多くが日本食品保蔵科学会によるHACCP管理者の認定を受け、社会で活躍しています。

本学科での学びと研究の内容については、このホームページで詳しく紹介しています。これ以外にも、私たちは皆さんに食品安全工学科をもっとよく知ってもらうため、公開講座 BOSTサイエンスカフェやオープンキャンパスなどを通して実際の研究内容に触れていただく機会を設けています。実際に、食品安全工学科の先生の話を聞き、研究成果を見て下さい。そして、興味が湧けば、私たちと一緒に未来の食の基盤を築くための研究を行いましょう。

学科長

尾﨑 嘉彦
YOSHIHIKO OZAKI
食品安全工学科長/食品安全工学科 教授