カリキュラム

「食」をめぐる課題を自ら発見し解決できる人材を育成し、
学問的、人間的成長とキャリア形成を支援するカリキュラム

専門科目は、「食生産環境」、「食品管理評価」、「応用生命工学」、「食品機能工学」の4ブロックに分けられ、基礎から応用へと配置されているので、知識を無理なく深めることができます。食品製造・加工の現場において衛生管理を担う実践者の育成をめざし、 食品産業界で注目される「HACCP管理者」や「食品衛生管理者」、「食品衛生監視員」の資格が学科のカリキュラム履修のみで取得できます。

開講年次 食品安全工学科開講科目 学際領域選択科目
1年次 前期 必修 生化学Ⅰ
食品安全工学概論
動物栄養学
選択 食品材料学
公衆衛生学
他学科が開講している専門科目
(一部を除く)
後期 必修 生化学Ⅱ
食品保全学
細胞生物学Ⅰ
選択 食品育種学
2年次 前期 必修 食品安全学
食品微生物学
食品化学実験
選択 世界の食生産事情
植物生産工学Ⅰ
疫学論
動物生産学
後期 必修 専門ゼミ
分子生物学Ⅰ
応用微生物工学
食品衛生管理学
食品機能学
食品加工学
食品生物学実験
動物生理学
選択 食品企業経営論
細胞生物学Ⅱ
食品機能統計学
実験動物学
3年次 前期 必修 機能性食品開発
食品システム論
専攻科目演習Ⅰ
選択 遺伝資源学
免疫・アレルギー学
細胞培養工学
HACCPシステム論
分子生物学Ⅱ
後期 必修 専攻科目演習Ⅱ 選択 食生産環境工学
食品工業技術論
ズーノーシス
4年次 前期 必修 卒業研究
専攻科目演習Ⅲ
選択
後期 必修 卒業研究
専攻科目演習Ⅳ
選択

PICK UP1

食品安全学

食の安全を危害から守るための学び

食の安全を脅かす危害(病原微生物、有害添加物、残留農薬など)を防除するための、検査、殺菌、貯蔵、疫学に関する原理と技術を学びます。

PICK UP2

食品衛生管理学

製造過程での危害を理解し、修得する

食品製造において起こりうる危害(微生物的、化学的、物理的危害)の概要と作用を理解し、防止するための衛生的な管理方法と技術を学びます。

PICK UP3

HACCPシステム論

プランを作成し、具体的に身につける

世界で最も有名な衛生管理法のHACCPシステムについて、食品会社に勤めたつもりでHACCPプランを作成するワークショップ形式の講義で学びます。

カリキュラムツリー・カリキュラムマップ

カリキュラム体系図

カリキュラムマップ

※カリキュラムは2014年度のものです。