カリキュラム

あらゆる角度から社会に役立つバイオテクノロジーを探究。

生物の持つ機能を解明し、これをさらに改良するバイオテクノロジー。 食糧生産・環境保全・機能性食品開発・ゲノム科学など、生命工学と農学にまたがる幅広い分野の専門科目を学び、生命とその利用に関する広範な領域の研究を行います。

開講年次 生物工学科開講科目 学際領域選択科目
1年次 前期 必修 基礎遺伝学
計量生物学
細胞生物学Ⅰ
基礎生物学
有機化学基礎
選択 食品材料学 他学科が開講している専門科目
(一部を除く)
後期 必修 生化学Ⅰ
細胞生物学Ⅱ
植物生理学
生物分析化学
分子生物学Ⅰ
生物工学基礎化学実験
選択 公衆衛生学
植物育種学
資源植物学
2年次 前期 必修 生化学Ⅱ
分子生物学Ⅱ
酵素科学
基礎微生物学
生物工学基礎生物学実験

選択 細胞生物学Ⅱ
植物生産工学Ⅰ
食品加工学
後期 必修 遺伝子工学
応用微生物学
専門ゼミ
生物工学基礎生化学実験
選択 生物理化学
機器分析化学
植物生産工学Ⅱ
動物生産学
バイオリアクター工学
生体情報工学概論
食品企業経営論
3年次 前期 必修 専攻科目演習Ⅰ 選択 生物機能物質化学
ゲノム機能化学
遺伝子発現制御学
免疫・アレルギー学
環境システム工学
環境科学
後期 必修 専攻科目演習Ⅱ 選択 バイオインフォマティクス
実験計画法
植物細胞工学
生物プロセス工学
4年次 前期 必修 卒業研究
専攻科目演習Ⅲ
選択
後期 必修 卒業研究
専攻科目演習Ⅳ
選択

PICK UP1

有機化学基礎

生物の有機科学的土台を知る

すべての生物は、有機物質とその化学反応によって維持されています。本講義では、生体で重要な働きをする代表的な有機化合物の化学構造と、それに基づく性状について理解した後、生命科学にとって特に重要な反応について学びます。

PICK UP2

細胞生物学Ⅰ

細胞に備わる「しくみ」を知る

生命の最小単位である細胞。その「なりたち」と「しくみ」を学び、生物に対する理解を深めます。

PICK UP3

環境科学

ヒト、環境、文明を立体的に考える

環境問題の本質的原因を人類の歴史、自然の機能など多様な角度から学び、より良い未来環境を構築するために大切なことを考えます。

カリキュラムツリー・カリキュラムマップ

カリキュラム体系図

カリキュラムマップ

※カリキュラムは2014年度のものです。