学科長挨拶

生物に学び、広い視点で諸問題の解決に取り組む人材の育成

生物は長い進化の歴史のなかで、過酷な環境や他の生物との生存競争にさらされながら、様々な機能や順応性そして遺伝的多様性を獲得してきました。一方、現代社会は環境汚染、食糧・エネルギーの枯渇といった世界規模での難問が山積しています。これらの問題を解決するヒントとして生物の営みは大変有用であるといえるでしょう。

生物工学科では、学部創設以来、農学、理学、工学といった従来の学問領域にとらわれず、この“生物が有する有用な機能”について学ぶとともに、病害防除、作物生産、エネルギー生産、環境浄化などの様々な分野へ応用することを指向し、研究・教育を行ってきました。 このことから、本学科の教育・研究内容は、タンパク質分子の立体構造の解明といった基礎的・理学的なものから、ICT技術を応用した新しい作物生産技術の開発といった応用的・実践的なものまで、また、扱う研究材料も分子・細胞といったミクロなものから個体・集団といったマクロなものまで大変幅が広いものとなっています。また本学科のカリキュラムは、1年次から必修授業として基礎実験を取り入れるなど、知識の集積だけでなく、授業で得た知識を実際に活用・運用する力を養うよう、また、与えられた課題をどのように解決していくか考える力を養うよう工夫されており、本学科で学んだ学生は、それぞれの専門性を保ちつつ、幅広い知識から物事を俯瞰的にとらえる能力を養うことができます。

生物工学科では、このような学科の特徴を生かし、食糧・環境・エネルギーといった地球規模の諸問題に関心を持ち、将来それぞれの持ち場で自ら課題を発見し、専門性を生かしながら問題解決に取り組んでいけるような人材の育成に取り組んでいます。生きものを知り、将来自分のアイデアで諸問題の解決に挑んでみたい人、当学科で学んでみませんか?

学科長

梶山 慎一郎
SHINICHIRO KAJIYAMA
生物工学科長/生物工学科 教授