大学院 生物理工研究科
生物工学専攻

生体システム工学専攻の特長

生体システム工学専攻の特長

生命現象や生物の機能の解明をめざす基礎的研究と、得られた知見の工学的応用をめざす戦略的研究を行っています。学部で展開する生物工学、遺伝子工学、食品安全工学の教育研究を横断的に集約したカリキュラムで、高度な専門知識を備え、国際舞台で活躍できる技術者や研究者の養成に力を入れています。また、社会人入学やリカレント教育を重視したプログラムも充実しています。

在学生のメッセージ

再生医療におけるiPS細胞の作製効率や
質の向上に繋がる研究です。

これまでの研究から、ドナー核から持ち込まれるヒストンH2A.Zが体細胞核移植胚の発生阻害に大きく関与していると考えられました。この仮説をもとに研究を進めたところ、ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤によってヒストンH2A.Zを除去できることを私たちが発見。この研究をさらに発展させることが、先端医科学研究の発展につながると期待されます。

中家 雅隆さん

中家 雅隆さん
生物工学専攻 修士後期課程2年

研究テーマ例

食肉の品質評価と向上技術、エコフィード利用に関する研究
ES細胞の核内構造と分化制御
作物の多収性に関する育種学およびイネの粒大遺伝子の解析
環境負荷の小さい微生物農薬の開発
コラーゲンヘリックスのコンホメーション変化による機能発現変化の解析
青果物の栽培から一次加工における微生物制御に関する研究 など

進路(就職先例)

進路イメージ

食品関連や化学工業および医療関連企業・薬品関連・バイオ関連の技術・研究職の分野での活躍が期待されています。

就職先例

  • ファンケル
  • ホクト
  • 雪印メグミルク
  • テパ製薬
  • 日本クレア
  • 近畿大学医学部附属病院
  • 慶應義塾大学病院
  • 三慧会IVFなんばクリニック
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所
  • 国立循環器病研究センター など