電気電子工学科について

電気電子工学科の特色

卒業生の多くが大企業で活躍。エレクトロニクスの先端技術を学ぶ

現代社会に必要不可欠なエレクトロニクス技術を身につけるため、1年次から専門的な学びがスタート。4年間をかけて、電気工学、電子工学、情報・通信工学の基幹技術を基礎から丁寧に学修していきます。電気工学の分野では、電気を発生し送る技術や車にも利用されているモータ技術、環境にやさしい電力制御技術など、また電子工学の分野では、スマートフォンやパソコンに内蔵されている電子回路に関する技術やセンサ技術などを学びます。さらに情報・通信工学の分野では、コンピュータの構成と動作原理、それを動かすためのプログラミング技術、光や無線を用いた通信技術などを修得。このように、私たちの暮らしに最も身近な電気エネルギーや家電、スマートフォン、自動車などに必要な最先端の学びがあるため、大企業への就職にも有利です。

コース紹介

応用エレクトロニクスコース

より高性能な「電子の目」がカメラの未来を創る!
[イメージセンシング研究室]

スマートフォンなどに搭載されているカメラにはイメージセンサとよばれる「電子の目」が内蔵されており、カメラの性能はこのイメージセンサによってほぼ決まります。イメージセンシング研究室では、夜間に発生した災害などの状況をいち早く知るための、月明かり程度でも鮮明な映像が得られる超高感度イメージセンサの研究や、これまでとは異なる動作原理を用いた小型高画質イメージセンサの研究などに取り組んでいます。文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)など、多数の賞を受賞した教員が指導しています。

応用エレクトロニクスコース

エネルギー・環境コース

粒子ビームの高性能化をめざして
[電磁エネルギー工学研究室]

電気電子工学を中心に、機械工学、化学工学、材料工学など幅広く学べるエネルギー・環境コース。電磁エネルギー工学研究室では、環境にやさしい電気エネルギーの有効利用をキーワードに、さまざまな研究を行っています。中でも粒子を使ったビームは、材料の精密な加工や太陽電池用などの薄膜の作成、医療、宇宙技術など、さまざまな分野で用いられており、イオンビームを中心とした粒子ビーム技術の高効率化や高性能化をめざし、学生とアイデアを出しながら日々研究に取り組んでいます。

エネルギー・環境コース

情報通信コース

社会を革新する情報通信技術を開拓!
[情報通信システム研究室]

情報技術と通信技術を学べる情報通信コースは、情報システムやソフトウェアを構築するためのプログラミング言語から、コンピュータや通信装置の動作原理やハードウェアの構造まで幅広く学ぶことができます。情報通信システム研究室では、5G携帯電話よりもさらに高速な情報端末がつながる次世代情報ネットワークの実現をめざし、超大容量光ファイバ通信技術や光情報ネットワーク技術の研究に日々取り組んでいます。研究室を卒業した学生は、製造業のみならず通信業界、鉄道業界、電力業界など幅広く活躍しています。

情報通信コース

在学生インタビュー

一生懸命取り組んだ分だけ研究が力になる

身の回りのセンサの仕組みを学びたいと思い、「LEDキューブでセンサを用いて光り方を変える」という研究を選びました。研究ではなかなか解決できない問題も出てきますが、その分完成したときの達成感は大きなもの。この研究で学んだことを生かして、より高性能なものを創っていきたいです。

安部 伶

安部 伶さん
電気電子工学科 3年
福岡県立小郡高校出身
幅広い知識を身につけ、活用できるようになりたい

電磁波解析のシミュレーションのプログラム製作をしています。目に見えない電磁波をシミュレーションで可視化することで、伝搬の様子を知ることができるという研究です。電磁波とプログラムの知識を組み合わせるのは大変でしたが、これまで学んできたことが生かされやりがいがありました。

沼口 桃花

沼口 桃花さん
電気電子工学科 3年
福岡県立鞍手高校出身
研究で得た専門的な知識を夢の実現に生かしたい

研究室では、研究を通して講義よりも一歩踏み込んだ専門的な内容を学べるのが魅力。特にプログラミングが好きなので、専用ソフトを使ったプログラムの製作を楽しんでいます。航空機の整備管理システムなどに興味があるので、研究室で学んだことを生かして将来は航空機関連の仕事に就きたいです。

春原 大地

春原 大地さん
電気電子工学科 3年
鳥取県立米子西高校出身

研究事例紹介

グレードアップキンダイ(研究室紹介)

SPECIAL MOVIE