建築・デザイン学科について

建築・デザイン学科の特色

”ものづくり”のための知識・技術とそれを伝えるプレゼンテーション力を学ぶ

1・2年次の基礎科目では、構造力学やCADについて学修し、3年次からはそれぞれのコースに分かれ、より深く実践的に学んでいきます。特に、建築構造、建築環境、建築生産、建築設計に加え、デザイン分野の演習では、第一線で活躍するプロが直接指導。都市計画に基づいたまちづくりから住宅や店舗、オフィスビルといった建物の設計、工業製品、インテリア家具、Webなどのデザインまで、ものづくりに必要な知識と技術を養います。また、自分のつくりたいもの、つくったものを相手により良く伝えるための手法を身につけるため、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力など、総合的なプロデュース能力も磨きます。さらに木工室・金工室を同時に備える全国的にも珍しい施設・設備があり、意欲的にものづくりに取り組む環境が整っています。

コース紹介

建築工学コース

建築物の地震対策および構造デザインについて
[建築力学研究室]

建築工学コースでは、建築に関する専門的な知識や技術を学びます。例えば、地震の揺れや損傷を低減する免震装置や制震装置、力学を利用した建築物のデザインについて研究しています。主に、溶射技術を応用して滑り面の劣化や摩擦を防止する「滑り型免震支承」、木質住宅の筋かいを工夫して地震エネルギーを吸収させる「木質住宅用摩擦ダンパー」、細胞の特性を応用して建築物のカタチを創生する「構造デザイン」について研究しており、高い専門性を身につけることができます。

建築工学コース

建築・デザインコース

人の暮らしへの深い考察をもとにデザインする
[情報デザイン研究室]

私たちの身の回りには、誰かがデザインしたものがあふれており、私たちが生活する居住空間も、さまざまなデザインが集まってつくられています。建築・デザインコースでは、建築物だけに留まらず、家具、インテリアやCGまで幅広く学びます。情報デザイン研究室では、情報を正確に分かりやすく表現することだけでなく、企業の方々と協力して製品の企画を考えることもあります。これまでに学生のアイディアが商品化され、意匠登録されたこともあり、学生たちは常に意欲的に楽しく制作に取り組んでいます。

建築・デザインコース

在学生インタビュー

将来の仕事に直結する学びがあるコース

鉄筋コンクリートの耐震構造に関する研究を行っているので、「自分たちのしていることがいずれ社会の役に立つ」と考えると、とてもやりがいを感じます。また、他の大学にはないような大規模な実験装置を使えるのも魅力。将来は構造設計の仕事に就きたいので、ここでの学びを大切にしたいと思います。

瀬口 稜

瀬口 稜さん
建築・デザイン学科 建築工学コース 3年
大分県立高田高校出身
課題を解決し、人を喜ばせることができる設計を

グループで作品づくりに取り組む共同コンペや、実際に伝統住宅を訪れて家屋の実測調査を行う実習など、実践的な学びにあふれているコースです。これらの学びを通して、現代社会の課題のひとつとなっている空き家や高齢者世帯の問題、バリアフリーに関する知識をもっと深めていきたいと思います。

福田 菜々子

福田 菜々子さん
建築・デザイン学科 建築・デザインコース 3年
福岡県立福岡中央高校出身

研究事例紹介

グレードアップキンダイ(研究室紹介)

SPECIAL MOVIE

魅力がわかるパンフレット1分動画