建築・デザイン学科について

建築・デザイン学科の特色

デザインを学びながら建築士の受験資格も取得。”ものづくり”を多角的に学ぶ

1・2年次の基礎科目では、構造力学やCADについて学修し、3年次からはそれぞれのコースに分かれ、より深く実践的に学んでいきます。特に、建築構造、建築環境、建築生産、建築設計に加え、デザイン分野の演習では、第一線で活躍するプロが直接指導。都市計画に基づいたまちづくりから住宅や店舗、オフィスビルといった建物の設計、工業製品、インテリア家具、Webなどのデザインまで、ものづくりに必要な知識と技術を養います。また、自分のつくりたいもの、つくったものを相手により良く伝えるための手法を身につけるため、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力など、総合的なプロデュース能力も磨きます。さらに木工室・金工室を同時に備える全国的にも珍しい施設・設備があり、意欲的にものづくりに取り組む環境が整っています。

コース紹介

建築工学コース

建物の壊れ方を研究し、地震に備える
[建築構造研究室]

大規模な実験装置を使って、建築部材の耐久性や耐震性を研究しています。実験では実際の建物と同じコンクリート製の柱や梁などを用意し、装置で地震と同じ力を加えて壊れ方を観察。性質の異なるさまざまな建築部材がそれぞれどの程度の揺れに耐えられるか、ひび割れや破砕はどのように起こるのかを記録してデータ化します。研究結果は地震の際の建築部材の壊れ方を予測するのに役立つため、建物の設計段階にフィードバックされ、生かされます。地震大国日本にとって欠かせない研究です。

建築工学コース

建築・デザインコース

人の暮らしへの深い考察をもとにデザインする
[情報デザイン研究室]

私たちの身の回りには、誰かがデザインしたものがあふれており、私たちが生活する居住空間も、さまざまなデザインが集まってつくられています。建築・デザインコースでは、建築物だけに留まらず、家具、インテリアやCGまで幅広く学びます。情報デザイン研究室では、情報を正確に分かりやすく表現することだけでなく、企業の方々と協力して製品の企画を考えることもあります。これまでに学生のアイディアが商品化され、意匠登録されたこともあり、学生たちは常に意欲的に楽しく制作に取り組んでいます。

建築・デザインコース

在学生インタビュー

地震の多い日本で、安心して暮らせる建物を

私がこの研究に取り組む理由は、地震という災害と切っても切り離せない日本において、多様化する建物の要求性能に応える耐震構造を実現するため。人々が安心して社会生活を営むためには、安全な建物が必要不可欠です。耐震構造技術を身につけ、構造設計などに役立てていきたいと思います。

北村 祐馬

北村 祐馬さん
建築・デザイン学科 3年
大阪府・開明高校出身
より良いデザインを必要とする人の役に立ちたい

デザインの楽しさは、自分が思いついたアイデアやコンセプトを形に落とし込めること。自分の思い通りにいかないときは苦労しますが、その分、実現したときの達成感はとても大きくやりがいを感じます。将来はもっと幅広い知識を身につけることで、人々の役に立てたらと考えています。

山下 聡子

山下 聡子さん
建築・デザイン学科 3年
愛媛県立松山東高校出身

研究事例紹介

グレードアップキンダイ(研究室紹介)

SPECIAL MOVIE