生物環境化学科について

生物環境化学科の特色

生命科学・薬学・化学・環境学の幅広い学びで、諸分野のスペシャリストを育成

生物環境化学科には、生命科学・薬学・化学・環境学・食品などの広い学問領域を含んだ学びがあり、バイオサイエンス、遺伝子、食品、環境、機能性材料、エネルギーといった諸分野のスペシャリストを育成しています。きめ細かい指導が特徴で、興味に応じて基礎から高度な専門分野までを学修できるだけでなく、調査研究・発表・討論形式の演習が多く、コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力も同時に養うことが可能です。また、遺伝子操作や微生物・がん細胞の培養検査、化学物質の合成、分析試験などの実験科目も充実。最先端の設備・機器が揃う環境で、技術者・科学者としての先進的スキルを身につけることができます。さらに、指定の単位を修得するだけで食品衛生に関する国家資格を取得することができ、毎年約半数の学生が取得しています。

コース紹介

バイオサイエンスコース

夢の新薬で人類を救え!
[生物有機化学研究室]

医薬、食品、化学、環境などの分野における最新のバイオテクノロジーを学ぶバイオサイエンスコース。生物有機化学研究室では、病気の遺伝子に直接働きかけて治療する「遺伝子医薬」の研究を行っています。この薬は、がんやエイズなど有効な治療法が見つかっていない難病の特効薬や、現在脚光を浴びているiPS細胞を作る技術にも応用が期待されており、中でも、副作用がなく身体にやさしいという性質を持ったアミノ酸を使った画期的な創薬技術の研究では、特許を取得。現在は実用化に向けた商品開発に取り組んでいます。

バイオサイエンスコース

食品生物資源コース

食品成分と健康との関係を探求する!
[食品機能学研究室]

食品成分が私たちの身体に与える影響は、メタボリックシンドロームのような疾病の予防やメンタルヘルスなど多岐にわたっています。しかし、食品成分の機能性(健康に対する有用性)の多くは科学的に十分な検証をされていないのが現状です。そこで、細胞、動物、ヒトと幅広くその機能性を評価し、どのような食品成分が、どのような作用で健康に役立つのかを解明することを研究テーマとしています。企業からの依頼を受けることもあり、その研究成果は実用化され、サプリメントなどの形で販売もされています。

食品生物資源コース

エネルギー・環境コース

エネルギーや環境問題を解決する高分子材料を活用!
[機能性高分子化学研究室]

エネルギーや環境に関する諸問題を解決するためには、新しい素材や革新的な生産・リサイクルプロセスの開発が不可欠です。機能性高分子化学研究室では、クリーンで安全なエネルギー変換・貯蔵デバイスとして期待される次世代の燃料電池やリチウムイオンバッテリー用の高分子電解質材料、厄介者の二酸化炭素を活用して有用な高分子材料を生産する技術、生体内外で安心して使用できる新しい生体適合性素材などを開発し、エネルギーや環境問題の解決と生態系にやさしい社会の実現をめざしています。

エネルギー・環境コース

在学生インタビュー

これからの医療の未来を変える研究を

納豆菌から生成され、手術用縫合糸の代わりとなる生体適合性接着剤を研究しています。この研究ではバイオサイエンス以外に医療、福祉、材料合成など多くの分野の知識を身につける必要があり、とても苦労しています。しかし私の研究が医療の発展に少しでも貢献できると考えると、大きなやりがいを感じています。

後藤 絵里

後藤 絵里さん
生物環境化学科 3年
大分県立高田高校出身
ニーズを察知し、より良い商品を開発できる人材に

私が携わっている「コーヒー抽出残渣の機能性食品素材応用に関する研究」の魅力は大きく2つ。ひとつは廃棄物となっていたものが再び食品として蘇ること。もうひとつは、抽出残渣にまだ注目されていない有効成分があることです。将来は食品開発者になるのが夢なので、この研究を生かしていけたらと思います。

玉亀 友里帆

玉亀 友里帆さん
生物環境化学科 3年
山口県立下松高校出身
研究の知識だけでなく、社会に必要な力が身につく

農業に関心があるため、関連性のある研究を選び、他大学との共同研究をしています。研究は人を相手にするものなので、イレギュラーが多く柔軟さも必要。解析のほかに要項の作成やメール対応などさまざまな業務があり大変ですが、研究を通して社会人としての基盤を身につけ、成長したいと思います。

大矢 瑛介

大矢 瑛介さん
生物環境化学科 3年
新潟県立柏崎高校出身

研究事例紹介

グレードアップキンダイ(研究室紹介)

SPECIAL MOVIE