カリキュラム

カリキュラム表

機械設計コース

区分 必修科目 選択科目
工学基礎 数学 微分積分学I
微分積分学II
線形代数学I
線形代数学II
微分方程式
確率統計学
解析学
物理 物理学I
物理学II
工業力学
物理学演習
実験・実習 実験 機械工学基礎実験I
機械工学基礎実験II
機械工学実験
 
実習 機械基礎工作実習
卒業研究ゼミナール
卒業研究
 
材料と構造 材料力学 材料力学I
材料力学II
材料力学演習
弾塑性力学
材料工学 材料の基礎
機械材料I
機械材料II
鋳造材料学
運動と振動 機械力学 機械力学I 機械力学II
設計と生産管理 設計・製図 機械製図法
設計製図演習I
設計製図演習II
機械要素設計I
機械要素設計II
応用設計
 
生産工学 加工学I
加工学II
接合工学
生産加工学
エネルギーと流れ 流体力学 基礎流れ学 流体力学I
流体力学II
応用流体工学
熱工学 工業熱力学I 工業熱力学演習
工業熱力学II
伝熱工学
燃焼工学
情報と計測制御 計測制御工学 計測工学 制御工学I
制御工学II
電子情報工学   電気電子工学I
電気電子工学II
プログラミング
応用・関連 関連科目   法工学
教職・関連 教職関連科目   金属加工(製図及び実習を含む)

エネルギー機械コース

区分 必修科目 選択科目
工学基礎 数学 微分積分学I
微分積分学II
線形代数学I
線形代数学II
微分方程式
確率統計学
解析学
物理 物理学I
物理学II
工業力学
物理学演習
実験・実習 実験 機械工学基礎実験I
機械工学基礎実験II
機械工学実験
 
実習 機械基礎工作実習
卒業研究ゼミナール
卒業研究
 
材料と構造 材料力学 材料力学I 材料力学演習
材料力学II
弾塑性力学
材料工学 材料の基礎 機械材料I
機械材料II
鋳造材料学
運動と振動 機械力学 機械力学I 機械力学II
設計と生産管理 設計・製図 機械製図法
設計製図演習I
設計製図演習II
機械要素設計I
機械要素設計II
応用設計
 
生産工学 加工学I 加工学II
接合工学
生産加工学
エネルギーと流れ 流体力学 基礎流れ学
流体力学I
流体力学II
応用流体工学
熱工学 工業熱力学I
伝熱工学
工業熱力学演習
工業熱力学II
燃焼工学
情報と計測制御 計測制御工学 計測工学
制御工学I
制御工学II
電子情報工学   電気電子工学I
電気電子工学II
プログラミング
応用・関連 関連科目   法工学
教職・関連 教職関連科目   金属加工(製図及び実習を含む)

※カリキュラムは2022年度のものです。2023年度は変更になる場合があります。

授業ピックアップ

物理学II

物理学II

電流のつくる磁場についての講義風景

剛体の力学と電磁気学の基本法則を理解することで、さまざまな物理的な現象をモデル化する能力、科学的な視点から観察する力を修得し、それらを数式で書き表す能力を修得します。

機械工学基礎実験I・II、 機械工学実験

機械工学基礎実験I・II、機械工学実験

さまざまな実験機器を利用し、実験の実施や、その流れを総合的に修得できるように実験手順やデータ整理、報告書の作成などを自ら行っていく科目。目的は「実験創生能力」の育成です。

材料力学I・II、演習

材料力学I・II、演習

はりのたわみ測定実験の様子

機械に使われる材料は、内外部から力を受け変形します。材料力学科目では、内外力を受ける機械や構造物の内部に発生する抵抗力(応力)や変形を理論的に考察する能力を修得します。

工業熱力学I・II、演習

工業熱力学I・II、演習

測定風景

熱エネルギーは機械エネルギーへ変換され、機械が作動するための動力源となります。工業熱力学では、熱と仕事の関係について学び、新たなエネルギー資源の有効利用法について学習します。

基礎流れ学、流体力学I・II

基礎流れ学、流体力学I・II

講義風景

水や空気など、「流れ」を持った液体、気体を「流体」と呼びます。流体力学ではその運動と物理的な現象を学んだ上で、流体の流れやすさなどを学び、エネルギーの輸送効率の検討法などを修得します。

設計製図演習I・II

設計製図演習I・II

外部講師を招き課題に取り組む授業

大手自動車・機械メーカーでは、現場で3次元図面を見ながらの加工が主流。SOLIDWORKS®というソフトを用いた実践的な演習を行い、技術者資格取得もめざします。

カリキュラムマップ

カリキュラムツリー