工学部の取り組み

特徴ある工学教育プログラム

目標到達型教育プログラム

工学部教育プログラム

JABEE

国際性を身につけた技術者育成をめざして、
JABEE認定の取り組みを積極的に推進中。

人やもの、情報など、全てにおいてのグローバル化が進む現代は、多くの場面で広い意味での国際性が求められます。
技術の世界においても、真の国際性を身につけたコミュニケーション能力のある技術者が必要となっており、その育成が望まれています。そういったニーズに応えるべく、大学カリキュラムを審査・認定する制度として設けられたのが、JABEE認定制度です。
近畿大学工学部では、こうした現代社会の方向性を敏感に捉え、その要求に沿った教育制度の見直しを図るため、JABEE認定の教育プログラムへの取り組みを積極的に進めています。

  • POINT1:プログラムを公平に評価する認定制度

    大学など高等教育機関で実施されている教育プログラムが、社会の要求水準を満たしたものであるか否かを第三者機関であるJABEE(Japan Accreditation Board for Engineering Education/日本技術者教育認定機構)が公平に評価、認定を行う、教育プログラムの認定制度です。

  • POINT2:国際的に認められた教育プログラム

    2005年、JABEEは国際的技術者教育認定機関である「ワシントン・アコード(WA)」へ正式加盟。これによりJABEE認定教育プログラムの修了生は、アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリアなどの各加盟国においても、優れた技術者として認定されることとなりました。

  • POINT3:確かな実力と自信が得られる

    技術系に偏らないバランスのとれた教育プログラムであること、科目別に具体的な到達目標が設定され、学ぶ度に確かな能力と自信が得られること、世界を意識した自己表現能力(語学力・プレゼンテーション能力・ディベート能力など)の育成などが、JABEE認定教育プログラムの特徴です。

  • POINT4:資格取得、就職・進学の強い味方に

    この教育プログラムを修了することにより、技術士第一次試験が免除され、修習技術者資格を取得することができます。また、質の高い技術者教育プログラムを修了したことが証明されるので、就職や進学など後の進路の力強い味方となるなど、確かな手応えを実感できます。

PDCAサイクルによる、継続的な授業改善を実施

PDCAサイクル

PLAN
良質な授業計画をたてる

DO
授業計画に沿った授業の実施および成果を評価する

CHECK
その評価が学習・教育目標に達しているかどうか、またその授業が計画に沿っているかどうかを点検する

ACTION
目標に到達していない点を調べ、授業改善を行う

近畿大学工学部のJABEEへの取り組み

2022年度まで認定 化学生命工学科/生物化学コース
2022年度まで認定 機械工学科/機械設計コース
2022年度まで認定 電子情報工学科
2024年度まで認定 情報学科/情報システムコース
2024年度まで認定 建築学科
受審予定 ロボティクス学科

FD研修会

工学部では質の高い技術者教育プログラムを提供するために、教育改善システム委員会(工学部全体)の下、教育推進センター FD活動推進部門において、様々なFD活動(Faculty Development)を日常的に推進しています。 その一つに工学部全教員が参加するFD研修会があります。

FD研修会では

  1. ”授業目標・現状と評価・課題と改善”の実践レポートなどを持ち寄った討論。
  2. 技術者教育プログラムが外部評価(JABEE:技術者教育認定機構)を受けるための準備状況。
  3. 授業や教育方法の改善・教育改革に関する特別講演。

などが実施されています。

過年度実績
FD活動記録