このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • トップページ
  • 研究
  • 分子の大きさで円偏光発光の回転方向を制御できる環状キラル色素を開発

研究

分子の大きさで円偏光発光の回転方向を制御できる環状キラル色素を開発

北里大学大学院理学研究科の長谷川真士講師、真崎康博教授と近畿大学理工学部応用化学科の今井喜胤准教授の研究グループは、「ナフタレン分子を環状に規則正しく並べる」という単純な分子設計で、強い円偏光発光(CPL: Circularly Polarized Luminescence)を示す色素を開発しました。

※ くわしくはこちらをご確認ください。


このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別