このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • トップページ
  • 研究
  • 多彩な色を作り出せる色素を開発-抗菌作用などの機能を持つ染料の低コスト化に期待

研究

多彩な色を作り出せる色素を開発-抗菌作用などの機能を持つ染料の低コスト化に期待

近畿大学理工学部(大阪府東大阪市)応用化学科の准教授 今井喜胤らの研究グループは、色素分子の一部を変えることにより、色合いが変化する新しい有機色素材料の開発に成功しました。合成が簡単であり、低コストで大量生産が可能なため、新しい染料として実用化が期待できます。

※ くわしくはこちらをご確認ください。

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別