学部長挨拶

医学のあらゆる道を志せる近大から、
世界に向かってはばたいてほしい

本学は「実学教育」と「人格の陶冶」を建学の精神に掲げ、これに則り、近畿大学医学部は「人に愛され、人に信頼され、人に尊敬される」医師の育成をめざしています。医学的知識、診療の基本的技能、自律的継続的学習能力、課題解決能力の育成・習得などの教育アウトカムを達成すべく、1年次から6年次まで綿密に構成されたカリキュラムのもと、6年間一貫教育が実践されています。また、国際化への対応力を育成するため、ネイティブスピーカーによる医学英語の講義を行い、学生の海外派遣、海外からの学生受け入れなどを推進しています。

当医学部の特徴の一つは、総合大学の医学部であることであり、文理融合プログラムや薬学部との合同講習会などを通して、倫理とプロフェッショナリズム、コミュニケーション能力など医師としての人格育成にも尽力しています。基礎配属実習では、基礎研究室で行われているゲノム研究、免疫学などの世界最先端の研究を体験でき、実習期間終了後も継続して研究することが可能です。絶対的な症例数を誇る併設の近畿大学病院での臨床実習では、悪性腫瘍に対する最先端の医療を学ぶことができ、救急外来では幅広い急性疾患、救命救急センターでは3次救急疾患を学ぶことができます。また、奈良病院、連携病院、串本病院などの実習を通じて、より一般的な医療、地域医療も経験できます。

このように、当医学部では、新入生の皆さんの将来の夢・進路が何であれ、それを支援する体制が整っています。当医学部からは優秀な医師がどんどん羽ばたいています。新入生の皆さんが、先輩に負けじとどんな活躍をされるのか楽しみにしております。

松村 到 ITARU MATSUMURA 医学部長
松村 到
ITARU MATSUMURA
医学部長