研究科長挨拶

基礎研究が直ちに医療に役立つ時代の
医学研究者を育てます。

医師が研究に携わる意味が、大きく転換する時代がやって来ました。分子標的薬に続き抗体医薬が一般化したことにより、研究室での発見が、数年以内に医療の現場に持ち込まれ、目覚ましい成果を挙げるようになっています。その昔、医学部卒業者(MD)が更に医学博士(PhD)の学位を持つ意味は、所謂「箔」であったり、「出世」の早道であったりと考えられていたかも知れません。その一方で、多くの優れた臨床家が、現代医学の基礎となる大発見に貢献してきました。プロスタグランジン発見の基となる観察を記述したKurzrockは、不妊治療にあたっていた産婦人科医ですし、世界最初のワクチンを発明して、後の天然痘撲滅の礎を築いたJennerも、バークレイという小さな村の開業医でした。川崎富作博士による川崎病発見も、高月 清教授による成人T細胞白血病発見も、我が国の臨床医による医学史に残る成果の一端です。注意すべきは、臨床医によるこれらの大発見は、決して偶然の産物では無く、KurzrockもJennerも優れた研究マインドを持ち、Jennerに至っては、長い年月をかけて他領域の研究者にも教えを請い、周到な準備をしていたと言う点です。
基礎研究が臨床応用へと素早く結び付く現在こそ、医師である研究者の存在意義が極めて大きくなっていると言えるでしょう。
近畿大学大学院医学研究科では、専攻分野間の垣根を可能な限り取り払い、入学者全てに対し、共通した科学的思考力と研究技量の修得を求めています。更に、自己の専攻分野以外の優れた研究手法や業績に幅広く触れる機会を提供し、早期に適切な目標を定め、国際的に評価される業績によって学位申請が出来るよう指導体制を整えています。医学部共同研究施設の提供する優れた研究支援サービスは、大学院学生にもフル活用して貰えます。
新専門医制度の導入など、医師である研究者の育成に困難な状況が生じかねないと懸念する向きもありますが、基礎研究が極めて速いテンポで医療の現場を変えている今こそ、大学院医学研究科の果たす役割が大きいと信じ、優れた人材の育成と国際的評価の向上に一層努めます。

宮澤 正顯 MASAAKI MIYAZAWA 近畿大学大学院医学研究科長 近畿大学医学部共同研究施設長 近畿大学医学部免疫学教室教授
宮澤 正顯
MASAAKI MIYAZAWA
近畿大学大学院医学研究科長
近畿大学医学部共同研究施設長
近畿大学医学部免疫学教室教授