教員紹介

鈴木 高広

鈴木 高広
教授
所属 生物理工学部 生物工学科
生物理工学研究科
学位 農学博士
専門 生物化学工場、バイオリアクターシステム、香粧品理工学
ジャンル 経営・産業/農林
コメント エネルギーと食糧自給率、温室効果ガス削減、休耕地活用やTPP農業対策のために芋の空間栽培とバイオマス発電を研究しています。福島除染復興支援、化粧品のナノリスクの研究も行っています。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2017/5/27
 朝日新聞
 さつまいものポット栽培について
●2017/3/14
 朝日新聞
 サツマイモの大量生産で日本人の酸素不足を解決する研究について
●2016/10/1
ニュース和歌山
次世代エネルギー(サツマイモ)について
●2016/6/16
 TBS「さまノーベル賞」
 サツマイモでエネルギーを生み出す研究について
●2016/5/1
 BSジャパン「未来EYES」
 芋エネルギーについて
●2015/11/25
 関西テレビ「ゆうがたLIVEワンダー」
 芋エネルギーの研究技術について
●2015/05/26
 読売新聞
 芋エネルギーについて
●2015/05/13
 フジテレビ「ホンマでっか!?TV」
 芋エネルギーについて
●2015/05/12
 中日新聞
 芋エネルギーについて
●2015/05/10
 京都新聞
 芋エネルギーについて
●2015/03/06
 毎日放送「ちちんぷいぷい」
 芋エネルギーについて
●2014/11/09
 テレビュー福島(福島県域放送)「Nスタ」
 サツマイモ空中栽培の収穫について
●2014/10/29
 NHK総合(福島県域放送)「ニュース」
 サツマイモ空中栽培の収穫について
●2014/06/04
 テレビ和歌山「ニュース&情報5チャンDO!」
●2014/05/30
 福島テレビ「スーパーニュース」
 「空中栽培法」によるサツマイモの苗植について
●2014/05/06
 テレビ東京「NEWSアンサー」
 新たなエネルギーの形「芋エネルギー」について
リサーチマップ https://researchmap.jp/tksuzuki-waka-kindai

未来の植物工場を動かす太陽光利用システムを開発

植物の光合成は、太陽光のごく一部の波長帯しか利用していません。そこで、太陽光を波長で選別、光合成に使う光源と工場の熱源・エネルギー源に分けて利用する自動システムを開発することで、地球の温暖化の防止や、食糧資源の生産性向上をもたらす技術の開発をめざしています。

芋エネルギーの大量生産と化粧品の技術開発(研究事例)