このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • ENGLISH

経営学科

学科・コース紹介コンテンツを開く

理論と実践のバランスがとれた学びで、実務感覚を身につける。

M&A(企業の買収や合併)の増加や、企業・雇用形態の多様化、情報化社会の進展など、ビジネスシーンが目まぐるしく変化している現在、企業や人材のマネジメント力、情報管理能力を身につけた人材が求められています。企業が利益を生み出し発展していくためには、どのような組織をつくり、どのような製品やサービスを考案し、人をどう管理すればいいのか。そうした企業のマネジメント理論と実践を学び、経営の実務感覚を身につけるのが経営学科です。人々の協働を生み出し、生かす経営をさまざまな角度から学べるようにカリキュラムを編成し、学界・実務界の精鋭がそろう教授による、企業の現場に即した実学重視の学びを展開しています。

実践的な学びの中から、生きた経営感覚を磨く。

企業経営コースでは、実際の企業を題材として企業経営を考察。また、経営者や管理者に必要なリーダーシップやプレゼンテーション能力を高めるための演習を充実させているほか、起業をめざす学生にも役立つ実践カリキュラムを設置しています。一方、ITビジネスコースでは、情報技術を基盤としたビジネスの企画・運営を実践的に学びます。プログラミング、データベース、システム設計などの基盤技術を体得し、ITビジネス、プロジェクトなどの企画・運営の実践によって生きた経営感覚を磨き、情報化社会のITビジネスを開く力を身につけます。さらにスポーツマネジメントコースでは、スポーツ科学の基礎的知識を習得し、スポーツ・健康分野のプロフェッショナルとなる上で必要なマネジメントの能力を養います。

カリキュラムコンテンツを開く

企業経営コース

最新のビジネスを学び、 実社会で活躍できるマネジメント力を養う。

企業経営に焦点を当てた、企業をマネジメントするための理論と実践力を身につけ、実社会で活躍できる企業経営者・管理者の資質を養います。また、経営戦略の策定の方法や、「ヒト、モノ、カネ、情報」といった経営資源の管理のあり方など、企業経営に必要な専門知識を体験的に修得します。

学びのSTEP

  [共通科目グループ] 経営管理論 経営数学A・B 経営統計論A・B 経営科学
2年次 「世界と地域」科目 「新しい事業」科目 「企業と人・社会」科目
国際経営論
多国籍企業論
比較経営論
中国ビジネス論
公共経営論
経営史
現代日本経営史
日本経済論(関連科目)
経営組織論
組織行動論
経営戦略論
企業形態論
人的資源管理論
生産管理論
財務管理論
投資決定論
企業行動論
企業発展論
事業システム論
ダイバーシティ経営論
マネジメント・コントロール
意思決定論
コーポレートガバナンス論
ビジネス・エシックス
マーケティング戦略論
消費者行動論
サービス経営論
ネットビジネス論
3年次 [共通科目グループ] ビジネス実践A・B
「世界と地域」科目 「新しい事業」科目 「企業と人・社会」科目
新興国ビジネス論
非営利組織経営論
公企業経営論
地域経営論
ネットワーク産業論
西洋経営史
地域経済論(関連科目)
会社法(関連科目)
企業論
技術経営論
財務分析
環境経営論
中小企業経営論
ベンチャービジネス論
イノベーション論
企業分析
サービスサイエンス
コンテンツビジネス論
  • ※カリキュラムは変更になる可能性があります。

ITビジネスコース

情報・知識集約企業にとって重要な戦略的課題について考察する。

経営のためのソフトを豊富に配備した経営情報処理ステーション<MIPS(ミップス)>を活用。ITマーケティングやコンテンツビジネスの理論に加え、システムの企画、設計のノウハウを教授し、「システムのわかるビジネスプランナー」、「ビジネスのわかるシステムエンジニア」を育成します。

学びのSTEP

  基幹科目
2年次 ITビジネス論
ネットビジネス基礎
情報戦略論
システム企画論
システム設計論基礎
システム設計論応用
プログラミング設計論 Ⅰ・Ⅱ
プログラミング論基礎
プログラミング論応用
コンピュータ特修実習 C・D
ビジネスシミュレーション
ネットビジネス論
B2Bビジネス基礎
企業と情報戦略
システム運用論
3年次 ITビジネス・プランニング論 Ⅰ・Ⅱ
B2Bビジネス応用
情報システム入門
データベース設計論
データベース構築論
プロジェクト管理論
プロジェクト管理実践
アプリケーション構築論 Ⅰ・Ⅱ
ITビジネス特修実習 A・B
ITビジネス特修実習 C・D
会計情報論
情報ネットワーク論
情報システム論
コンテンツビジネス論
電子商取引法
経営科学
情報セキュリティ論
  • ※カリキュラムは変更になる可能性があります。

スポーツマネジメントコース

スポーツの事業化やマネジメントを担う有為な『人財』となる能力を修得する。

経営資源を最適に活用するための理論と実際について、経営学・商学の科目から幅広く学びます。また、在学中の競技力向上に寄与する「アスリート」育成のための学習を通じて、卒業後のあらゆるスポーツシーンで活躍する「リーダー」として必要な実践的知識を備えた「人財」となる能力を修得します。

学びのSTEP

  健康科学領域 体力科学領域 スポーツ
行動領域
スポーツ
キャリア
形成領域
経営学領域 商学領域
1年次 スポーツ医学   スポーツコミュニケーション論
スポーツ心理学
スポーツ科学概論
スポーツ指導論
スポーツビジネス論
キャリア形成論
囲碁で学ぶ経営科学入門
 
2年次 健康管理概論
救急処置実習
エアロビックダンス実習
水泳・水中運動実習
トレーニング科学
トレーニング実習
機能解剖学
体力測定評価(理論)
体力測定評価(実習)
スポーツ生理学
発育発達学
スポーツと情報 スポーツマーケティング論
リーダーシップ論
経営管理論
組織行動論
経営組織論
経営史
現代日本経営史
マーケティング戦略論 Ⅰ・Ⅱ
流通システム論 Ⅰ・Ⅱ
商業史 Ⅰ・Ⅱ
原価計算 Ⅰ・Ⅱ
財務会計 Ⅰ・Ⅱ
民法 Ⅰ・Ⅱ
3年次 スポーツ栄養学
健康づくりと運動プログラム
  スポーツ社会学
スポーツ行政論
スポーツ経営論
コーチング 人的資源管理論
財務管理論
ダイバーシティ経営論
国際経営論
投資決定論
商法総則・商行為
ファイナンス論 Ⅰ・Ⅱ
保険論 Ⅰ・Ⅱ
交通論 Ⅰ・Ⅱ
  • ※カリキュラムは変更になる可能性があります。

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別