このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

教員・研究員紹介

がんゲノム医療について一般のがんから遺伝性のがんまで研究しています。その他、身体発育と遺伝子の多様性の研究も続けています。

教授 博士(医学)

田村 和朗(たむら かずお)

  • 所属 学科 / 生命科学科
  • 所属 専攻 / 理学専攻

がんゲノムおよび遺伝性腫瘍

専門 遺伝医学、腫瘍遺伝学、遺伝カウンセリング、分子生物学、外科学
担当科目(学部) 基礎ゼミ1、基礎ゼミ2、生命科学序論、分子生物学、分子生物学実験、細胞生物学実験、応用分子生物学、卒業研究ゼミナール、卒業研究
担当科目(大学院) 遺伝医学特論、生物・環境化学特別研究、人類遺伝学演習、臨床遺伝学I、臨床遺伝学II、臨床腫瘍学I、臨床腫瘍学II、遺伝カウンセリング演習、遺伝カウンセリング実習、遺伝医学特殊研究、生物・環境化学演習
主な研究テーマ 遺伝性腫瘍に関する研究
がん発生メカニズム研究
代表的な研究業績 (1) Akizawa Y, Yamamoto T, Tamura K, Kanno T, Takahaqshi N, Ohki T, Omori T, Tokushige K, Yamamoto M, Saito K.: A novel MLH1 mutation in a Japanese family with Lynch syndrome associated with small bowel cancer. Hum genome Var 2018 Jun 21;5:13. doi: 10.1038/s41439-018-0013-y. eCollection 2018.
(2) Miguchi M, Hinoi T, Tanakaya K, Yamaguchi T, Furukawa Y, Yoshida T, Tamura K, Sugano K, Ishioka C, Matsubara N, Tomita N, Arai M, Ishikawa H, Hirata K, Saida Y, Ishida H, Sugihara K. Alcohol consumption and early-onset risk of colorectal cancer in Japanese patients with Lynchsyndrome: a cross-sectional study conducted by the Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum.Surg Today 48(8): 810-814, 2018.
(3) Tanakaya K, Yamaguchi T, Ishikawa H, Hinoi T, Furukawa Y, Hirata K, Saida Y, Shimokawa M, Arai M, Matsubara N, Tomita N, Tamura K, Sugano K, Ishioka C, Yoshida T, Ishida H, Watanabe T, Sugihara K.: Causes of cancer death among first-degree relatives in Japanese families with Lynch syndrome. Anticancer Res.36(4):1985-1989, 2016.
研究内容・研究成果
researchmap http://researchmap.jp/read0188233
所属学協会 日本人類遺伝学会、日本遺伝カウンセリング学会、日本家族性腫瘍学会、日本癌学会、日本癌治療学会、日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化病学会、日本消化器内視鏡学会、American Society of Human Genetics(ASHG)、American Association for Cancer Research(AACR)
学外活動 日本家族性腫瘍学会理事、日本人類遺伝学会評議員、日本遺伝カウンセリング学会評議員
出身大学 兵庫医科大学(学部)
出身大学院 兵庫医科大学大学院(博士課程)
論文名、取得大学、取得年月 Tamura K, Yamamoto Y, Saeki Y, Furuyama J, Utsunomiy, J: Simple, rapid, and accurate determination of deletion mutation by automated DNA sequencing of heteroduplex fragments of adenomatous polyposis coli (APC)gene generated by PCR amplification. Human Mutation 2: 478-484, 1993.
兵庫医科大学
1994年3月
主な経歴 兵庫県立尼崎病院・研修医(1978年)、公立浜坂病院・外科医長(1980年)、兵庫医科大学・遺伝学講師(1995年)、兵庫医科大学先端医学研究所・助教授(1999年)、近畿大学理工学部・教授(2007年)
学生へのアドバイス 盡人事待天命・盡人事而待天命(読史管見より)
学生に薦めたい書物 (1)ベルトラン・ジョルダン(著)、山本 敏充(監修)、 林 昌宏(翻訳):人種は存在しない -人種問題と遺伝学. 中央公論新社、東京、2013.
(2)Francis S.Colins: The Language of Life. DNA and Revolution in Personalized Medicine. HarperCollins publishers, New York, 2010.
(3)Brenda Maddox: Rosalind Franklin: The Dark Lady of DNA. HarperCollins publishers, New York, 2002.
趣味・その他 スキー、読書
分子生物学研究室
教員室 22号館B棟2階分子生物学研究室
内線 4477
メールアドレス tamura(at)life.kindai.ac.jp
  • ※ 迷惑メールを避けるため(at)を使用しております。メールする場合は@に書き換えてください。
研究室URL http://www.life.kindai.ac.jp/~tamura/index.htm
教員・研究員紹介

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別