教員紹介

三谷 匡

三谷 匡
教授/学部長補佐/遺伝子工学科長/生物工学技術研究センター長/教養・基礎教育部門主任/研究費委員会委員長/動物実験小委員会委員長
所属 生物理工学部 遺伝子工学科
生物理工学研究科
学位 農学博士
専門 生殖生物学、発生工学
ジャンル 科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメント 哺乳動物の胚発生や幹細胞について研究しています。特に、受精卵で発生のプログラムが始まる仕組みや幹細胞を未分化で維持する仕組みについて取り組んでいます。生殖補助医療に関する基礎研究も行っています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0087646

あらゆる細胞に変化する受精卵の仕組みとは?

受精卵が個体を作り出す力を利用して、ES細胞やクローン動物が生まれてきます。しかしその仕組みはまだ解き明かされていません。未分化なES細胞が他の細胞に変化する仕組みや、分化した細胞がクローン技術により未分化な状態に戻る仕組みについて調べています。

幹細胞の分化制御と受精卵のゲノム機能発現機構の解明(研究事例)