教員紹介

武部 聡

武部 聡
教授
所属 生物理工学部 食品安全工学科
生物理工学研究科
学位 農学博士
専門 分子生物学、生化学
ジャンル 科学・技術/化学
コメント 土壌微生物バチルス・チューリンゲンシスがつくる殺虫タンパク質の作用機構を研究しています。このタンパク質は昆虫種特異的な選択毒性が高いので、微生物農薬への利用が世界的に注目されています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0041676

害虫のみを選択的に駆除する環境保全型生物農薬を開発

農作物害虫の病原菌を用いた、生物農薬の開発を試みています。この昆虫病原菌が作るタンパク質は、標的害虫には毒として働き、益虫やヒト・動物・植物には無害です。さらに残留性も無いので、生物農薬としての利用が期待されています。タンパク質はどのようにして標的昆虫を見極めているのか? 分子レベルでの解明を進めています。

水生有害生物の駆除に効果的な食毒性タンパク質(研究事例)