教員紹介

松本 和也

松本 和也
教授/大学院部長/先端技術総合研究所長
所属 生物理工学部 遺伝子工学科
生物理工学研究科
学位 農学博士
専門 分子発生学、生殖生物学
ジャンル 科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメント 卵と精子が融合した受精卵が、全能性(自律的に個体を構成する全ての細胞に分化する能力)獲得の分子制御機構の研究。肥育過程で優良形質を持つ和牛個体を診断予測するバイオマーカーの開発。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>

●2016/11/1
 日本農業新聞
 肥育牛の枝肉形質について
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0053250

バイオインフォマティクスによりマウス受精卵の発生のメカニズムを探る

受精卵では、大きな遺伝子発現の再構成が起きます。バイオインフォマティクスから、この発生が開始する時期に起こるさまざまな生物学的現象を探求し、発生のメカニズムを解明します。また、バイオインフォマティクス研究から、優れた肉質を持つ和牛の効率的生産に貢献する技術を開発し、実用化に向けた研究も進めています。

有用機能を有する新規遺伝子・タンパク質の同定とその生物生産・再生医療分野への応用(研究事例)