研究科長挨拶

生物の持つしなやかさに敏感であれ

生物理工学研究科は、「食糧」、「医療・福祉」、「人間生活の環境」にかかわる様々な課題に学際的に取り組むことができる、広い教養と良識を備え、洞察力と創造性に富んだ高度の技術者・研究者を養成することを目標としています。学際的で未来志向の教育研究を行うことを理念に、文部科学省・21世紀COEプログラムや組織的な教育改革プログラムの成果をさらに発展させ、実践的・横断的な専門教育を行うとともに、研究成果発表支援などを通して研究活動を刺激し、地域社会ならびに国際社会と連携して社会の福祉と持続的発展に寄与できる人材の育成をめざしています。生物系と理工学系の伝統的な科学・技術に裏打ちされた生物工学(バイオテクノロジー)と生体工学(バイオ二クス)を融合し、基礎的・理学的な研究および食資源・環境・医療・福祉支援にかかわる技術開発を展開しています。

本研究科で学ぶ皆さんには、生物のもつしなやかなメカニズムを敏感にかつ深く認識し、その背後にあるものを解き明かし、利用・発信してゆく経験のなかで、学識と高い倫理観を併せ持つ研究者・高度専門技術者としての資質を身につけていただきたいと思います。

研究科長

秋田 求
MOTOMU AKITA
生物理工学研究科長/生物工学科 教授